RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/7/19 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第8戦
ミネソタ州ミルビル/スプリングクリーク・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 29度 不明

450クラス トマックがパーフェクトでクラス初優勝!




ミルビルには例年よりも多くの観客が詰めかけた。ファンの目当てはミネソタ出身のライアン・ダンジー(KTM)、そして当地スプリングクリーク・モトクロスパークのオーナーの子に生まれ育った、ジェレミー・マーティン(ヤマハ)とアレックス・マーティン(ヤマハ)だ。特に今シーズンは、弟のジェレミーが250クラスの首位をキープしているので、地元のヒーローを迎える熱気が尋常ではなかった。

スプリングクリーク・モトクロスパークは、山間の小川沿いに設けられたコース。前半の低地がサンド質、後半のアップダウンがハードパックという二つの顔を併せ持っているため、タイヤには両方をカバーするレンジの広さが求められる。今年はアップダウンの部分が延長され、非常に険しい登りの先にヘアピンが新設された。そして低地には難所として知られる長いサンドフープスが、相変わらずの存在感を維持しつつ待ち構えていた。

450クラスのヒート1では、ダンジーがホールショットを獲得した。ケン・ロクスン(KTM)、イーライ・トマック(ホンダ)、トレイ・カナード(ホンダ)、ブレット・メットカーフ(カワサキ)らがダンジーを追いかけたが、オープニングラップ前半にしてロクスンがトップに立った。4周目にトマックが2位に浮上すると、ロクスンとのデッドヒートが始まり、3位以下を大きく引き離していった。

随所でサイドバイサイドになるロクスンvsトマックの接戦が、4周目から12周目まで延々と続く。トマックが前に出るとロクスンが抜き返すという激しい攻防もあったが、13周目にトマックが完全にリードを掌握すると、ロクスンのペースが衰えて決着。トマックは16秒差をつけてトップでフィニッシュし、450初優勝を飾った。

450クラスのヒート2は、ゲートの故障によってレッドフラッグ再スタートとなったが、2度ともトマックがホールショットを決めた。オープニングラップの途中にジャスティン・ブレイトン(ヤマハ)の先行を許したが、即座にリードを奪回。トップグループはトマック、ダンジー、ロクスン、カナードという順に整った。

トップ争いはヒート1とは様相が変わり、トマックvsダンジーの一騎打ちとなった。ダンジーはマージンを1秒差まで切り詰めていったが、終盤になって周遅れの処理を誤り転倒。トマックに大量リードを与えてしまった。一方ロクスンは少しずつ上位から離され、12周目にはカナードが前に出て3位を確保した。こうしてヒート2もトマックが独走でチェッカーを受け、パーフェクトウィンを達成。負傷で第4戦まで欠場していたトマックが、いよいよフルスロットルとなった。


250クラス マーティンが地元でポイントリードを広げる!




250クラスのヒート1では、クリストフ・プーセル(ヤマハ)がホールショットを取ったが、2周目には地元のジェレミー・マーティンがリーダーとなった。2台の後ろにはディーン・ウィルソン(カワサキ)、ジャスティン・ボーグル(ホンダ)、マービン・ムスキャン(KTM)が追従。前戦バッズクリークのオーバーオールウィナー、ブレイク・バゲット(カワサキ)はスタート18位と出遅れた。

序盤の数周はプーセルのマークを受けたマーティンだが、レース中盤からはホームコースのアドバンテージを生かしてリードを広げる。終盤9秒差になったところで、2位にはプーセルに替わってムスキャンが浮上。独走でフィニッシュしたマーティンの後方で、ムスキャン、プーセル、そして4位まで挽回したバゲットがチェッカーを受けた。

250クラスのヒート2では、ホールショットのプーセルに続いて、アレックス・マーティンが2位につけた。ホームサポーターからはマーティン兄弟のアベック優勝を願う声援が寄せられたが、2周目にはバゲットとボーグルに先行された。4周目にはバゲットがプーセルをかわしてトップに立ったが、その直後に転倒して13位まで脱落。バゲットは数周走行した後に、マシントラブルでリタイアした。バゲットの転倒によってボーグルがリーダーとなったが、7周目にはクーパー・ウェブ(ヤマハ)がトップに躍り出た。

その後2位にはジェレミー・マーティンが浮上したが、チームメイト間で無理なバトルには発展せず、5〜6秒差を保ったワンツー走行となった。ヒート1では序盤の転倒が響いて9位にとどまったウェブだが、ヒート2では優位を保ったままフィニッシュ、今季3勝目を挙げた。2位マーティン、3位にはスタート10位から追い上げたジェイソン・アンダーソン(KTM)が入賞した。この結果、マーティンが総合優勝(1位/2位)。ランキング2位のウェブがヒート1で低迷したこともあり、首位マーティンのポイントリードは43点に広がった。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 3 E・トマック Geico Honda Honda 36.33.620 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +16.873 DUNLOP user
3 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +24.969 DUNLOP user
4 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +32.573 DUNLOP user
5 33 J・グラント JGR Toyota Yamaha Yamaha +1.00.211  
6 24 B・メットカーフ Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1.09.462 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 3 E・トマック Geico Honda Honda 34.39.208 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +18.395 DUNLOP user
3 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +26.625 DUNLOP user
4 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +54.434 DUNLOP user
5 33 J・グラント JGR Toyota Yamaha Yamaha +1.35.289  
6 24 B・メットカーフ Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1.41.085 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 19 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 35.18.581 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +10.288 DUNLOP user
3 377 C・プーセル VMS Yamaha +16.133  
4 4 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +21.762 DUNLOP user
5 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +30.340 DUNLOP user
6 32 J・ボーグル Geico Honda Honda +41.252 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 37 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 35.31.529 DUNLOP user
2 19 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +3.564 DUNLOP user
3 17 J・アンダーソン Rockstar KTM KTM +14.994 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +19.410 DUNLOP user
5 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +24.119 DUNLOP user
6 377 C・プーセル VMS Yamaha +42.445  

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第8戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 367 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 343 DUNLOP user
3 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda 302 DUNLOP user
4 7 J・スチュワート Yoshimura Suzuki Suzuki 226 DUNLOP user
5 24 B・メットカーフ Monster Energy Kawasaki Kawasaki 222 DUNLOP user
6 33 J・グラント JGR Toyota Yamaha Yamaha 218  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 19 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 341 DUNLOP user
2 37 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 298 DUNLOP user
3 4 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 285 DUNLOP user
4 377 C・プーセル VMS Yamaha 246  
5 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 241 DUNLOP user
6 32 J・ボーグル Geico Honda Honda 240 DUNLOP user