RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/8/9 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第10戦
ニューヨーク州ニューベルリン/ユナディラバレー・スポーツセンター
天気 気温 観客
晴れ 29度 不明

450クラス カナードが復活を告げる優勝! オーバーオールはダンジー(1位/2位)!




ユナディラには恒例となっているイベントがある。モトクロス・オブ・ネイションズに出場する代表メンバーの発表だ。今年はライアン・ダンジー(KTM)、イーライ・トマック(ホンダ)、ジェレミー・マーティン(ヤマハ)の3人がチームUSAに選ばれ、9月27日〜28日にラトビアで開催さ れる国対抗団体戦に出場することになった。ユナディラは1987年に旧称モトクロス・デ・ナシオンのアメリカ大会が行われた縁の地であり、今年はコース創立45周年を祝うムードに満ちていた。
 アメリカで最もヨーロッパ的なコースとよく言われるユナディラだが、自然の地形を生かし人工的なセクションを極力廃したレイアウトが長年踏襲されている。路面は石の多いハードパックだが、自然を尊重するためメンテナンスの頻度は他の会場よりも低い。このハイスピードコースにおけるタイムアタックでは、トレイ・カナード(ホンダ)が2分14秒313でトップだった。
  450クラスのヒート1では、ダンジーが先行するジャスティン・ブレイトン(ヤマハ)をかわして、オープニングラップからトップに立った。その直後にはポイントリーダーのケン・ロクスン(KTM)、そしてトマックが次々にポジションアップ。レース序盤はこの3台がトップグループを形成し、4位以下に大差をつける展開となった。
 レース半ばの7周目には、トマックがワンミスで離されてトップ争いは2台に絞られる。そのマージンは1〜2秒の間で変動したが、後半になるとダンジーがロクスンを3〜4秒差に引き離した。最終的には各々単独となり、ダンジー、ロクスン、トマックの順でフィニッシュ。4位には予選トップだったカナードが、スタート12位だった遅れを挽回して入った。
 450クラスのヒート2では、トマックとカナードがスタートから飛び出した。ヒート1でトップ争いを見せたダンジーとロクスンは、7〜8位と出遅れながらも3〜4位まで挽回して1周目をクリアし、トップから数秒ビハインドの位置につけた。トマックとカナードは、サイドバイサイドで接触するほどのバトルを繰り広げたが、 5周目からはカナードがリーダーとなる。
 レース後半になると、僅差で走行を続ける上位2台にダンジーが接近し、三つ巴のトップ争いが始まる。13周目にはダンジーがトマックを攻略して2位に浮上したが、周遅れの出現などでカナードまでは届かず。今年は負傷でスーパークロスシーズンの大半を欠場していたカナードが、復活を告げる優勝を果たした。総合優勝はダンジー(1位/2位)。この結果、ランキング首位のロクスン(2 位/4位)とダンジーの差が、7ポイントと緊迫してきた。


250クラス マーティンが初タイトルに王手!




250クラスのヒート1では、クリストフ・プーセル(ヤマハ)がホールショットを取り、クーパー・ウェブ(ヤマハ)、マービン・ムスキャン (KTM)、そしてマーティンが続いた。プーセルは序盤からセーフティリードを築いて独走。4周目にはムスキャンが2位に浮上し、ウェブは7位まで後退した。
 レース後半になるとムスキャンがスパートし、プーセルとの距離を徐々に詰め始めた。前戦ワシューガルでパーフェ クト(1位/1位)を決めたばかりのムスキャンは、3連勝を目指してプーセルを追い詰め、最終ラップではテールトゥノーズに至ったが、わずかに及ばずプー セルが逃げ切った。マーティンはディーン・ウィルソン(カワサキ)のチャージを振り切り、手堅く3位でフィニッシュした。
  250クラスのヒート2、オープニングのオーダーはプーセル、マーティン、ジャスティン・ボーグル(ホンダ)、ジョーイ・サバッチー(KTM)、ムスキャン、ブレイク・バゲット(カワサキ)。ヒート1ではやや消極的だったマーティンだが、ここではプーセルを逃がさずにロックオンしたまま走行した。マーティ ンは7周目、プーセルを攻略してトップに浮上。その後はリードを広げて独走を続けた。
 レース終盤は上位の各々が単独 走行となり、マーティン、プーセル、ボーグルの順でチェッカー。ラスト2周はバゲットがボーグルに迫ったが、逆転には至らなかった。今シーズン8勝目を挙げたマーティンが、依然として首位を保っているが、ランキング2位がチームメイトのウェブ(7位/DNF)から、バゲット(6位/4位)に入れ替わった。 マーティンのリードが66ポイントに広がったため、次戦でチャンピオンシップが確定する可能性が高まっている。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 36.21.678 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +8.318 DUNLOP user
3 3 E・トマック Geico Honda Honda +29.282 DUNLOP user
4 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda +47.847 DUNLOP user
5 29 A・ショート BTOSports.com BBMX KTM +1.22.908  
6 10 J・ブレイトン JGR Toyota Yamaha Yamaha +1.28.534  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda 36.32.178 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +3.451 DUNLOP user
3 3 E・トマック Geico Honda Honda +11.455 DUNLOP user
4 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM +26.804 DUNLOP user
5 40 W・パイク RCH Dodge Sycuan Suzuki +1.36.662 DUNLOP user
6 24 B・メットカーフ Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1.42.644 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 377 C・プーセル VMS Yamaha 34.48.799  
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +0.682 DUNLOP user
3 19 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +9.202 DUNLOP user
4 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +11.120 DUNLOP user
5 32 J・ボーグル Geico Honda Honda +12.278 DUNLOP user
6 4 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +13.653 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 19 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 35.17.794 DUNLOP user
2 377 C・プーセル VMS Yamaha +7.141  
3 32 J・ボーグル Geico Honda Honda +12.170 DUNLOP user
4 4 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +15.397 DUNLOP user
5 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +17.133 DUNLOP user
6 15 D・ウィルソン Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +19.882 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第9戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン Red Bull KTM KTM 447 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 440 DUNLOP user
3 41 T・カナード Honda Muscle Milk Honda 373 DUNLOP user
4 24 B・メットカーフ Monster Energy Kawasaki Kawasaki 280 DUNLOP user
5 3 E・トマック Geico Honda Honda 252 DUNLOP user
6 29 A・ショート BTOSports.com BBMX KTM 247  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 19 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 422 DUNLOP user
2 4 B・バゲット Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 356 DUNLOP user
3 37 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 348 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 329 DUNLOP user
5 377 C・プーセル VMS Yamaha 321  
6 32 J・ボーグル Geico Honda Honda 310 DUNLOP user