RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
ロードレース アジア選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

アジアロードレース
CATEGORY
■ 2014/8/15-17 第3戦 アジアロードレース選手権 日本
天気 気温 観客
- - -

ポールシッター藤原選手(カワサキ)と玉田選手(ホンダ)が優勝を分け合う!


 

 

アジアロードレース選手権は第3戦に臨み日本に上陸、8月14日設営のため九州のオートポリスへやって来た一団は濃霧と風雨に出迎えられた。

土曜日は午後から霧が晴れドライでの予選となったが雨を懸念してコース上は大混雑。20分過ぎには再び雨が降り出す中、藤原選手が4年連続となるポールポジションを獲得、3位小山選手(ホンダ)、4位岡村選手(カワサキ)、5位玉田選手と日本勢が並んだ。

RACE1
決勝日の空は晴れ、ドライでのレースを迎えた。ポールシッターの藤原選手がホールショットを奪いレースをリードする。母国レースでカワサキのホームコースとなるオートポリスだが藤原選手の独走とはならず、激しいバトルが展開されていく。ランキングトップのババ選手(ホンダ)は週末の天候に影響され予選9番手からのスタート、しかし素晴らしい追い上げで4周目にはトップ争いに加わり5周目には藤原選手を抜いてトップに立つ。ババ選手の後続は藤原選手、伊藤選手(ヤマハ)、小山選手、岩田選手(ホンダ)が続きトップグループを形成している。7周目には伊藤選手がトップを奪い、ババ選手は徐々に後退。レース終盤の10周目に藤原選手が第2ヘアピンで伊藤選手をパス、そのままトップを守りきりトップチェッカー、伊藤選手、小山選手と表彰台を日本勢が独占した。


RACE2
午後のレース2では強い陽射しが降り注ぎ、真夏のレースとなった。今度も藤原選手がスタートを決めたが、さらに加速のいい小山選手がホールショット。玉田選手が続き日本勢のトップ3でラップを重ねていく。レース中盤はこのトップ3に加えてサワンサワット選手(ホンダ)、ババ選手、岡村選手の6台でバトルを展開、6周目には藤原選手がトップに立つが、順位を入れ替えながらの激しい攻防となる。レース終盤、トップに立っていた小山選手を玉田選手とババ選手が次々にオーバーテイク。そのままの順位でフィニッシュラインを迎え、玉田選手が優勝。ババ選手、小山選手の順でフィニッシュしたが車検で小山選手が失格となり4位以降が繰り上げとなった。

ババ選手はランキングトップを守ったが、藤原選手が5ポイント詰めて12ポイント差で2位。玉田選手が3位でシーズンを折り返した。

森選手がポールポジション獲得、しかしレースはパウイ選手がパーフェクトウイン!


 

 

アジアドリームカップは悪天候により、金曜日1セッション走っただけで土曜日の予選を迎えた。金曜日のフリー走行から森選手は好調で2位のタイムをマーク、迎えた予選ではポールポジションを獲得して決勝に臨んだ。


RACE1
土曜日の決勝レース1では、雨はあがったものの路面にはウエットパッチが残る難しいコンディション。ポールシッターの森選手はスリックタイヤでグリッドに並んだ。レース序盤は森選手と名越選手がトップ争い、タッグチームのようにバトルをしながらパウイ選手を3位に封じ込める。パウイ選手自身もこのレースでは勝つことよりチャンピオンシップのためにポイントをしっかりつかむことが大事だと考えていた。しかもレース中盤には雨が降り出し豪雨へと変わっていく。8周で争われるレースの残り2周、トップの名越は何カ所かでミスをする。一気に差を詰めたパウイ選手はファイナルラップで名越選手をかわしトップへ。そのままコントロールラインを通過し今期4勝目をマークした。


RACE2
日曜に開催されたレース2ではドライコンディションでの決勝となった。今度は序盤からトップに立つパウイ選手を名越選手と森選手が追う展開。この3台が後続を離しトップバトルでラップを重ねる。まず2周目に森選手がトップに立つ。しかし4周目にパウイ選手が再びトップへ、6周目に森選手がトップ奪還と激しいバトル。3台に差は無くファイナルラップ、最終コーナーまで続く優勝争い。このドッグファイトを制したのはパウイ選手だった。レース1と同様に名越選手が2位、森選手が3位。パウイ選手はパーフェクトウインでチャンピオンシップのリードを広げた。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 藤原 克昭 BEET Kawasaki Racing Kawasaki `23.16.911 DUNLOP user
2位 伊藤 勇樹 PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `23.17.037 DUNLOP user
3位 小山 知良 T.Prp Yuzy Honda NTS Honda `23.17.274 DUNLOP user
4位 Md Zamri Baba MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda `23.17.452 DUNLOP user
5位 Md Zaqhwan Zaidi MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda `23.17.648 DUNLOP user
6位 岩田 悟 T.Prp Yuzy Honda NTS Honda `23.17.853 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 玉田 誠 MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda `23.15.047 DUNLOP user
2位 Md Zamri Baba MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda `23.15.312 DUNLOP user
3位 Jakkrit Swangswat AP Honda Thailand Honda `23.15.688 DUNLOP user
4位 藤原 克昭 BEET Kawasaki Racing Kawasaki `23.15.854 DUNLOP user
5位 岡村光矩 RS-ITO&ASIA Kawasaki `23.16.279 DUNLOP user
6位 Ratthapong Wilairot Thai Honda Racing Honda `23.16.591 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー タイム  
1位 Khairul Idham Pawi マレーシア Honda `19.08.625 DUNLOP user
2位 名越 哲平 日本 Honda `19.08.789 DUNLOP user
3位 森 俊也 日本 Honda `19.09.019 DUNLOP user
4位 Chuang An Yu 台湾 Honda `19.09.648 DUNLOP user
5位 Aditya Pangestu Hanafi インドネシア Honda `19.24.078 DUNLOP user
6位 Mohd Harith Farhan Baharin マレーシア Honda `19.27.952 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー タイム  
1位 Khairul Idham Pawi マレーシア Honda `18.36.604 DUNLOP user
2位 名越 哲平 日本 Honda `18.37.110 DUNLOP user
3位 森 俊也 日本 Honda `18.37.259 DUNLOP user
4位 Andi Farid Izdihar インドネシア Honda `18.47.161 DUNLOP user
5位 Mohd Harith Farhan Baharin マレーシア Honda `18.47.196 DUNLOP user
6位 Chuang An Yu 台湾 Honda `18.47.212 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 真崎 一輝 Team Honda RSC Honda `18.23.079  
2位 Ahmad Fazli Sham PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `18.26.961 DUNLOP user
3位 Norizman Ismail Harian Metro Y-TEQ SCK Honda Racing Honda `18.27.033 DUNLOP user
4位 Md Rozaiman Said T.Pro Yuzy Honda Racing Honda `18.27.087 DUNLOP user
6位 羽田 大河 T.Pro Yuzy Honda Racing Honda `18.34.166 DUNLOP user
8位 Gupita Kresna Wardhana Kawasaki KYT Rextor Manual Tech Kawasaki `1834.417 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Hadi Wijaya Faito Factory Team Yamaha `18.27.114  
2位 Gupita Kresna Wardhana Kawasaki KYT Rextor Manual Tech Kawasaki `18.27.139 DUNLOP user
3位 Ahmad Fazli Sham PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `18.27.359 DUNLOP user
4位 Md Amirul Ariff Musa T.Pro Yuzy Honda Racing Honda `18.27.509 DUNLOP user
5位 羽田 大河 T.Pro Yuzy Honda Racing Honda `18.27.544 DUNLOP user
6位 Vorapong Malahuan Thai Honda Racing Honda `18.27.598 DUNLOP user

第3戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 Md Zamri Baba MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda 99 DUNLOP user
2位 藤原 克昭 BEET Kawasaki Racing Kawasaki 87 DUNLOP user
3位 玉田 誠 MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda 66 DUNLOP user
4位 Md Zaqhwan Zaidi MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda 66 DUNLOP user
5位 H A Yudhistira Manual Tech KYT Kawasaki Racing Kawasaki 63 DUNLOP user
6位 Dimas Ekky Pratama Astra Honda Racing Team Honda 60 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー ポイント  
1位 Khairul Idham Pawi マレーシア Honda 145 DUNLOP user
2位 名越 哲平 日本 Honda 105 DUNLOP user
3位 Aditya Pangestu インドネシア Honda 78 DUNLOP user
4位 森 俊也 日本 Honda 68 DUNLOP user
5位 Chuang An Yu 台湾 Honda 63 DUNLOP user
6位 Andi Farid Izdihar インドネシア Honda 54 DUNLOP user