RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/4/6 MFJ/MX 2014全日本モトクロス選手権 九州大会 熊本県 HSR九州
天気 気温 観客
晴れ時々曇り 13℃ 6,600人(2日間)

ヒート2&両ヒート総合でダンロップがトップ3を独占!


全日本モトクロス選手権は、今季も全9大会で行われる。4スト450ccマシンで競われる最高峰クラスのIA1では、昨年度は最終レースでの大逆転で3年連続王者に輝いたホンダファクトリーチームの成田亮選手(#1)を筆頭に、チームメイトとなる小方誠選手(#2)や、ヤマハファクトリーチームの田中教世選手(#11)などが、ダンロップタイヤを履いて参戦する。完全リニューアルが施された、熊本県のHSR九州で行われたこの開幕戦。土曜日に降雨があった影響で、日曜日朝のコースはマディに近かったが、大量の砂が搬入されて水はけがよくなったこともあり、コースは徐々にドライコンディションへと変化した。

その決勝ヒート1は、成田選手のホールショットでスタートした。1周目にもライバルと激しいトップ争いを演じ、翌周には2番手に後退した成田選手だったが、焦ることなく冷静に、前を走るライバルのライン取りなどを分析。レース中盤に満を持してトップに返り咲くと、その後はわずかなリードを保ちながら周回を続け、今季最初の全日本レースで勝利を収めた。また田中選手は、1周目6番手からレース前半に着実な追い上げをみせ、3位表彰台に登壇。1周目8番手と出遅れた小方選手は、後半になってタイムを上げ、4位入賞を果たした。

また決勝ヒート2でも、再び成田選手が好スタート。序盤にライバルと激しいバトルを演じたが、相手選手の転倒もあってトップを守った。この成田選手に、レース中盤で追いついたのが小方選手。レースが後半に入った7周目には、その背後にぴたりと着け、翌周にはパッシングに成功した。しかし今度は、抜かれた成田選手が小方選手を僅差でマーク。そして最終ラップで逆転に成功し、成田選手が優勝、小方選手が2位となった。3位には、1周目8番手から追い上げた田中選手が入賞。この結果、ヒート2の表彰台をダンロップ勢が独占した。


今季最初のレースでダンロップが4位までを占拠!



4スト250ccマシンにより競われるIA2クラスでは、ホンダのファクトリーチームに加わった富田俊樹選手(#1)が、今年からダンロップタイヤを使用。また竹中純矢選手(#32)はスズキ、渡辺祐介選手(#38)はヤマハのファクトリーチームに新加入し、昨年に続いてダンロップを履く。また、11年以来の全日本復帰を果たした勝谷武史選手(#888)も、ダンロップとともに年間タイトル獲得をめざす。今大会決勝ヒート1では、序盤からトップを快走した小川孝平選手(#35)が、前半は富田選手、終盤には竹中選手の追撃を振り切って、全日本2勝目を達成。粘りの走りを続けた竹中選手が2位、中盤の転倒で順位を落とした富田選手が3位、一時は2番手に迫った勝谷武史選手(#888)が4位となり、ダンロップ勢がトップ4となった。

また決勝ヒート2では、富田選手、今年もホンダファクトリーチームから参戦する田中雅己選手(#113)、勝谷選手、小川選手の4名が、レース序盤にトップグループを形成。当初は富田選手と田中選手が主導権を握ったが、4周目に勝谷選手が田中選手と富田選手を次々にパス。そのまま追撃を振り払って勝利を収めた。富田選手は、終盤に順位を落としたものの表彰台圏内となる3位に入り、両ヒート総合成績では勝谷選手に次ぐ2位に。ヒート2の4位には田中選手、5位には1周目13番手から追い上げた安原志選手(#34)、6位には竹中選手が入賞した。後半には一時3番手を走行した小川選手は、残り3周になるところで転倒を喫し、8位でチェッカー。両ヒート総合成績では、3位と同ポイントの4位となった。

このクラスもダンロップが表彰台を独占!


昨シーズンは、ダンロップタイヤを履く邵洋子選手(#1)、竹内優菜選手(#2)、安原さや選手(#3)によるチャンピオン争いが、最終戦までもつれたレディースクラス。この開幕戦でも、レースの中心となったのはこの3選手だった。中でも、圧倒的な速さをみせたのが邵選手。スタート直後からトップに立つと、2周目までに早くも後続との差を15秒近くまで拡大。結局、邵選手はそのまま危なげなく逃げ切り、この開幕戦を優勝で飾った。

一方で竹内選手と安原選手は、転倒に泣く展開。オープニングラップには好スタートを決めて邵選手を追った竹内選手、2周目には今季の課題に挙げていたスタートダッシュを決めて2番手を走っていた安原選手が、いずれも転倒の影響で4番手まで順位を落とすことになった。しかし両者とも、その後はしっかり追い上げ、竹内選手が2位、安原選手が3位でフィニッシュ。この結果、このクラスでもダンロップタイヤが表彰台を独占することになった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.55.689 DUNLOP user
2位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `34.00.453  
3位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `34.16.844 DUNLOP user
4位 小方 誠 Team HRC HONDA `34.20.286 DUNLOP user
13位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI `35.35.389 DUNLOP user
15位 小林 雅裕 Honda緑陽会熊本レーシング HONDA `36.20.091 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.00.100 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA `33.00.600 DUNLOP user
3位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `33.18.697 DUNLOP user
11位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI `33.28.607 DUNLOP user
14位 小林 雅裕 Honda緑陽会熊本レーシング HONDA `34.44.119 DUNLOP user
16位 高本 直 Dune☆Moto YAMAHA `35.27.078 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `33.11.516 DUNLOP user
2位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.15.121 DUNLOP user
3位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.20.691 DUNLOP user
4位 勝谷 武史 グリーンクラブ ジュニアライダース KAWASAKI `33.24.759 DUNLOP user
6位 渡辺 祐介 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `33.47.592 DUNLOP user
8位 田中 雅己 Team HRC HONDA `33.51.228 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ ジュニアライダース KAWASAKI `33.52.981 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブTEAM MOTOBOY KAWASAKI `34.00.729  
3位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `34.04.753 DUNLOP user
4位 田中 雅己 Team HRC HONDA `34.17.465 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `34.19.507 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `34.20.661 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI `18:23.623 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA `18:48.054 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `18:53.940 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `19:35.795 DUNLOP user
7位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA `19:42.195 DUNLOP user
10位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `20:03.547 DUNLOP user

第1戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 50 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA 40 DUNLOP user
3位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA 40 DUNLOP user
12位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI 18 DUNLOP user
15位 小林 雅裕 Honda緑陽会熊本レーシング HONDA 13 DUNLOP user
17位 高本 直 Dune☆Moto YAMAHA 8 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ ジュニアライダース KAWASAKI 43 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 40 DUNLOP user
3位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA 38 DUNLOP user
5位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 37 DUNLOP user
6位 田中 雅己 Team HRC HONDA 31 DUNLOP user
7位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA 28 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI 25 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA 22 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 20 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 15 DUNLOP user
7位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 14 DUNLOP user
10位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI 11 DUNLOP user