RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/4/20 MFJ/MX 2014全日本モトクロス選手権 関東大会 埼玉県 ウエストポイント オフロードヴィレッジ
天気 気温 観客
曇り 14℃ 8,500人(2日間)

成田亮選手が開幕から4ヒート連続優勝を達成!


全日本モトクロス選手権の第2戦は、今季は春のみ開催される関東大会。荒川と入間川に挟まれた河川敷に設けられた、埼玉県のウエストポイント オフロードヴィレッジで行われた。コースは、高低差がない土地にさまざまなジャンプとターンを配したレイアウト。今季は、これまで以上にジャンプやリズムセクションが増やされた。天候は土日とも曇りで、前日に降った雨の影響もなく、コースはドライコンディション。ホコリの発生を抑えるため、とくに日曜日は大量の水が撒かれたこともあり、攻略が難しい路面状況となった。

全日本最高峰となるIA1の決勝ヒート1では、序盤に追い上げてトップに浮上した成田亮選手(#1)が、そのまま後続を振り切って優勝。予選で転倒してスタート位置が悪かったこともあり出遅れた小方誠選手(#2)は、ライバルの攻略に時間がかかり成田選手の逃げ切りを許してしまったが、2位入賞を果たした。また、開幕戦はタイでのレースを優先させたことから欠場した池谷優太選手(#15)は、1周目11番手から追い上げて7位となった。なお、1周目転倒した田中教世選手(#11)は負傷のためリタイア。ヒート2を欠場した。

また決勝ヒート2でも、再び成田選手が2周目にトップ浮上。このヒートでは、後続を大きく引き離せずにいたが、安定感のある走りで首位をキープした。そして、約3秒という2番手との差を最後まで守ってフィニッシュ。開幕から4ヒート連続優勝を達成した。小方選手は、レース終盤までライバルと僅差の4番手争いを展開し、逆転できずにゴール。これで4位かと思われたが、2周目にコースアウトした際にショートカットしたという裁定により、1周減算のペナルティ。これで11位となった。池谷選手は、再び7位でフィニッシュした。


両ヒートでダンロップが表彰台を独占!



決勝ヒート1。好スタートを切ったのは井上眞一選手(#39)。これに富田俊樹選手(#1)が続いた。2周目、勝谷武史選手(#888)が追い上げて3番手に浮上。3周目以降、井上選手、富田選手、勝谷選手がトップ争いを繰り広げた。そして4周目に、富田選手と勝谷選手が相次いで井上選手をパス。そのままふたりはトップ争いを継続し、6周目に勝谷選手が富田選手を抜いて先頭に立った。するとその翌周、勝谷選手は一気にペースを上げ、このヒートのファステストラップタイムで逃げ切り態勢に。レース後半にもリードを拡大し、22周のレースを勝谷選手がトップでゴールした。2位に富田選手、3位に井上選手、4位には竹中純矢選手(#32)、5位には岡野聖選手(#42)が入賞し、ダンロップ勢がトップ5を占めた。

また決勝ヒート2では、富田選手と勝谷選手が好スタートを決め、1周目からトップ争いを展開。2周目には勝谷選手がトップに浮上した。しかし今度は、富田選手も引き離されることなく勝谷選手を追い、3周目には再逆転に成功。その後しばらく、首位の座を守った。6周目、再び勝谷選手が富田選手の攻略に成功してトップに。富田選手は、それでも諦めることなくマークを続けた。ところがレース後半になると、勝谷選手が徐々にリードを拡大。最終的には10秒以上も後続を引き離し、勝谷選手が両ヒート制覇を達成した。富田選手は、再び2位でフィニッシュ。レース終盤、3番手を走る岡野選手に竹中選手が激しく迫ったが、最後は竹中選手が転倒して順位は変わらず、岡野選手が3位、竹中選手が4位となった。


激しいバトルの末に竹内優菜選手が優勝!


いずれも好スタートを切った、ダンロップタイヤを履く邵洋子選手(#1)と竹内優菜選手(#2)が、レース序盤から激しいトップ争いを展開。最終コーナーからフィニッシュジャンプにかけて竹内選手が前にでて、その直後のコーナーで邵選手が抜き返すというバトルを、幾度となく繰り返した。そしてレースは、残り2周に突入。この周、竹内選手はパッシングを試みず、邵選手のラインを後ろから見て、最後のバトルに賭ける戦略を取った。

迎えた最終ラップ。竹内選手がパッシングポイントに選んだのは、何度も邵選手の逆転を許してきたコーナー。ダブルヘアピン状となったこのセクションでラインをクロスさせると、次のコーナーでインを抑えた。逆転を狙った邵選手は、直後にミスして転倒。これにより竹内選手が勝利を収めた。邵選手は再スタートを切ったが26位に。ライバルをレース後半に攻略した安原さや選手(#3)が2位となり、ダンロップが1-2フィニッシュを達成した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.02.818 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA `32.06.484 DUNLOP user
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `32.13.829  
7位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `32.07.567 DUNLOP user
9位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI `32.53.709 DUNLOP user
14位 小林 雅裕 Honda緑陽会熊本レーシング HONDA `32.44.700 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.16.092 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `32.17.207  
3位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS HONDA `32.21.777  
7位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `33.24.648 DUNLOP user
10位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI `33.46.994 DUNLOP user
11位 小方 誠 Team HRC HONDA `32.22.800 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ ジュニアライダース KAWASAKI `32.56.172 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.04.874 DUNLOP user
3位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI `33.43.266 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.46.993 DUNLOP user
5位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI `33.53.304 DUNLOP user
8位 田中 雅己 Team HRC HONDA `33.56.068 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ ジュニアライダース KAWASAKI `32.24.852 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.37.542 DUNLOP user
3位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI `32.45.731 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.48.890 DUNLOP user
6位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `33.01.551 DUNLOP user
8位 田中 雅己 Team HRC HONDA `34.10.437 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA `17:04.816 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `17:13.186 DUNLOP user
3位 橋 絵莉子 T.E.SPORT HONDA `17:24.456
4位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA `17:29.154 DUNLOP user
5位 勝股 七海 TEAM ITOMO HONDA `17:41.343 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `17:54.115 DUNLOP user

第2戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 100 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA 72 DUNLOP user
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI 66
10位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI 41 DUNLOP user
11位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA 40 DUNLOP user
14位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI 28 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ ジュニアライダース KAWASAKI 93 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 84 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 73 DUNLOP user
5位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 60 DUNLOP user
6位 田中 雅己 Team HRC HONDA 57 DUNLOP user
7位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA 56 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA 47 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 42 DUNLOP user
3位 橋 絵莉子 T.E.SPORT HONDA 38  
4位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 32 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 30 DUNLOP user
7位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI 25 DUNLOP user