RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/5/11 MFJ/MX 2014全日本モトクロス選手権 第3戦 中国大会 広島県 グリーンパーク弘楽園
天気 気温 観客
晴れ 23℃ 3,850人(2日間)

小方誠選手がヒート1で今季初優勝!


全日本モトクロス選手権の今季第3戦は、広島県のグリーンパーク弘楽園が舞台。昨年は春のみに開催されたこの中国大会だが、今季は再び春と秋の2回がスケジュールに組み込まれている。派手なアクションも期待できるラムソンジャンプや、アップダウンのある長めのストレートも特徴としたコースは、ときにブラックマークが付くほどのハード路面となっている。今大会では、入念な散水作業で土ボコリの発生はかなり抑えられたが、とくに午後のレースでは硬いギャップが各所に発生し、攻略が難しいコンディションとなった。

 

全日本最高峰のIA1では、成田亮選手(#1)が開幕から4ヒート連勝と波に乗って今大会を迎えた。しかし決勝ヒート1では、2周目に転倒して12番手からのレースに。ホールショットを奪ったのは、開幕前に負傷してこれが今季初レースとなった地元出身の星野裕選手(#7)。しかし星野選手は、序盤の混戦で順位を落として10位でゴールした。この星野選手らを抜いて、中盤でトップに浮上したのは小方誠選手(#2)。終盤には一時、ライバルに迫られたが、逃げ切って今季初優勝を挙げた。また成田選手は、怒涛の追い上げで3位表彰台に立った。

 

決勝ヒート2では、再び星野選手が好スタートを決め、1周目を3番手でクリア。小方選手は5番手、成田選手は出遅れて8番手からのレースとなった。序盤、小方選手は積極的に前のライダーをパスし、5周目には2番手にポジションアップ。しかしこの段階で、トップの選手は約7秒も前。このコースをよく知るライバルから、路面が荒れた状況でのベストラインを盗めない状況となってしまった小方選手は、そのまま2位でのゴールとなった。成田選手は、ヒート1で腰を痛めた影響もあって5位。星野選手は8位でフィニッシュした。


勝谷武史選手が独壇場で両ヒート制覇!



決勝ヒート1。好スタートを切ったのは富田俊樹選手(#1)。しかし2周目、予選から段違いの速さを披露してきた勝谷武史選手(#888)が、トップへと浮上した。その予選で勝谷選手に迫る速さをみせた竹中純矢選手(#32)は、この周に転倒してほぼ最後尾。勝谷選手は、翌周から一気にスパートをかけて独走し、富田選手は田中雅己選手(#113)らと2番手争いを繰り広げが、序盤にそれぞれ順位をひとつ下げた。この富田選手と田中選手に、今度は岡野聖選手(#42)が接近。さらにレースが後半になると、富田選手らは2番手の選手に再び追いつき、終盤には4台がし烈な2番手争いを展開した。そして独走優勝の勝谷選手から20秒以上遅れて、岡野選手が2位でゴール。富田選手は4位、田中選手は5位となった。

 

また決勝ヒート2では、1周目で早くも勝谷選手がトップに立つ展開。このヒートでも、あっという間に後続を引き離し、単独トップ走行となった。2番手争いでは、岡野選手が先頭を走っていたが、レースが折り返し地点を迎えるころ、追い上げてきた富田選手らがこれをパス。3番手にポジションを上げた富田選手は、終盤になって2番手に浮上した。その後、富田選手がライバルとポジションを争っている間に、1周目10番手から追い上げてきた竹中選手がふたりに接近。竹中選手はラスト3周でこのヒートの自己ベストラップを更新して、数秒差まで接近した。しかし最後まで順位は変わらず。まず勝谷選手が独走でゴール。再び約20秒遅れて富田選手が2位となり、竹中選手が4位、岡野選手が5位でフィニッシュした。


トップ争いを制したのは竹内優菜選手!


好スタートを切ったのは、ダンロップタイヤを履く竹内優菜選手(#2)。しかし、同じくダンロップを使う邵洋子選手(#1)が1周目から激しく追い上げ、邵選手がトップ、竹内選手が2番手でオープニングラップをクリアした。2周目には、このふたりに安原さや選手(#3)が加わり、ダンロップ勢が表彰台圏内を独占。この中で、前半は邵選手が有利にレースを進め、竹内選手から最大約3秒のリードを奪った。また安原選手は、竹内選手との差を詰めた。

しかしレースが後半に入ると、竹内選手が逆襲。邵選手が少しタイムを落としたこともあり、トップグループの間隔は詰まった。そしてラスト3周となった8周目、竹内選手はこのレースのファステストラップを叩き出し、邵選手のすぐ後方に。すると翌周、邵選手がバランスを崩してコースアウト。この隙に竹内選手がトップに浮上すると、最後は後続を引き離し、竹内選手が前大会に続いて勝利。邵選手が2位、安原選手が3位となった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小方 誠 Team HRC HONDA `32.56.892 DUNLOP user
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `33.00.618  
3位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.15.135 DUNLOP user
9位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `34.00.912 DUNLOP user
10位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `34.46.593 DUNLOP user
12位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI `33.26.236 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `33.05.105  
2位 小方 誠 Team HRC HONDA `33.14.869 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `33.22.627  
5位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.37.886 DUNLOP user
8位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `33.49.377 DUNLOP user
9位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `34.03.010 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `33.02.846 DUNLOP user
2位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI `33.24.243 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI `33.26.154  
4位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.30.417 DUNLOP user
5位 田中 雅己 Team HRC HONDA `33.33.240 DUNLOP user
6位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `33.45.255 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `33.18.730 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.39.026 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI `33.40.904  
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.43.107 DUNLOP user
5位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI `34.00.670 DUNLOP user
6位 サンタナ ルカス ケンジ TEAM ナカキホンダ HONDA `34.15.899 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA `18:30.380 DUNLOP user
2位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI `18:33.035 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `18:36.944 DUNLOP user
7位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `19:24.144 DUNLOP user
8位 山本 泉   HONDA `19:31.583 DUNLOP user
10位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `19:34.176 DUNLOP user

第3戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 136 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA 119 DUNLOP user
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI 107
10位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI 59 DUNLOP user
11位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI 52 DUNLOP user
14位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA 40 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI 143 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 124 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 103 DUNLOP user
5位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 98 DUNLOP user
6位 田中 雅己 Team HRC HONDA 75 DUNLOP user
7位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA 72 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA 72 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 62 DUNLOP user
3位 橋 絵莉子 T.E.SPORT HONDA 50  
4位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI 47 DUNLOP user
5位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 41 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 41 DUNLOP user