RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/6/8 MFJ/MX 2014全日本モトクロス選手権 第4戦 SUGO大会 宮城県 スポーツランドSUGO
天気 気温 観客
18℃ 3,200人(2日間)

今季初のマディレースでダンロップ勢が両ヒート制覇!


全日本モトクロス選手権の今季第4戦は、宮城県のスポーツランドSUGOで開催。残念ながら今大会は天候に恵まれず、土曜日午後から日曜日夕方にかけて大量の雨が降り、今季初のマディレースとなった。さらに、一時的に濃い霧が覆って、100m先がまったく見えない時間帯もあった。路面状況はかなり悪く、このため各クラスのレースは規定よりも5分短縮され、IAクラスは25分+1周で競われた。また、今大会にあわせて大幅なレイアウト変更が行われていたコースは、新設かどうかに関係なく状況に応じてショートカットされた。

全日本最高峰のIA1では、シリーズランキングのトップ2で今大会を迎えた、ダンロップタイヤを履く成田亮選手(#1)と小方誠選手(#2)が、IAクラスであっても随所でスタックや転倒が発生する厳しいコンディションの中、その実力を発揮。決勝ヒート1では、ライバルの転倒でトップに浮上した小方選手が、2度の転倒で追い上げが遅れた成田選手から大量のリードを奪い、最後は大きくペースを落として慎重に走破してトップチェッカー。今季2勝目を挙げた。また成田選手は、最後は小方選手に迫って2位に入賞した。

決勝ヒート2では、好スタートを決めてホールショットを奪った成田選手が、レース序盤から後続をどんどん引き離し、最後はあわや全員ラップの達成なるかという2分20秒差ものリードを奪って優勝。今季5勝目を挙げた。小方選手は、2番手争いを繰り広げていたレース中盤に転倒。その後にスタックも喫して大幅にタイムをロスしたが、粘りの走りを続けて5位入賞を果たした。なおこのヒートでは、前大会でケガから復帰した、今季からKTMを駆る星野裕選手(#7)が、スタックによる1周目16番手の出遅れを挽回して、6位に入賞した。

ダンロップが両ヒートを制し、安原志選手がIA初優勝!



決勝ヒート1で好スタートを切ったのは井上眞一選手(#39)。これに昨年度王者の富田俊樹選手(#1)、ここまで5連勝中の勝谷武史選手(#888)が続き、1周目を富田選手、勝谷選手、井上選手の順でクリアした。序盤、富田選手と勝谷選手が同じ場所で転倒。これで勝谷選手は後退したが、中盤に追い上げてトップに浮上。逆に富田選手は、転倒とスタックで後退して、19位でレースを終えた。レース中盤、井上選手を抜いて2番手にアップしたのは安原志選手(#34)。終盤には、勝谷選手、安原選手、井上選手がそれぞれ単独走行となった。ところが最終ラップで、勝谷選手が転倒。再スタートに時間がかかり、この間に安原選手と井上選手が横を通過。安原選手がIA初勝利を手にし、井上選手が2位、勝谷選手は3位となった。

決勝ヒート2では、富田選手がホールショット。1周目はサンタナ・ルカス・ケンジ選手(#010)、2周目には安原選手がこれを追った。3周目、富田選手が転倒。すばやく復帰したが、この間に安原選手の接近を許した。しかしその後は、着実に後続とのリードを拡大しながら走行を続け、富田選手は11周でチェッカーとなったレースを独走でゴール。今季初勝利を挙げた。2番手以下は、転倒やスタックなどで序盤と終盤に順位が入れ替わる展開。4周目から8周目まで2番手を確保していた竹中純矢選手(#32)は、ラスト3周の9周目にハマって最終的には4位。これで順位を上げた井上選手が、ヒート1に続いて2位に入賞し、両ヒート総合成績ではトップとなった。安原選手はヒート2で5位となり、総合2位に輝いた。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小方 誠 Team HRC HONDA `29.35.601 DUNLOP user
2位 成田 亮 Team HRC HONDA `29.40.423 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `29.43.501  
10位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `32.42.277 DUNLOP user
11位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `39.51.750 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `31.35.802 DUNLOP user
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `31.56.375  
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `32.19.428  
5位 小方 誠 Team HRC HONDA `34.45.912 DUNLOP user
6位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `36.30.589 DUNLOP user
8位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `34.51.236 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `31.17.797 DUNLOP user
2位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI `31.30.359 DUNLOP user
3位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `31.40.024 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.16.437 DUNLOP user
7位 斉藤 嵩   SUZUKI `34.59.551 DUNLOP user
9位 石浦 諒 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI `32.08.987 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `30.48.304 DUNLOP user
2位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI `33.14.529 DUNLOP user
3位 大塚 豪太 T.E.SPORT HONDA `33.29.135  
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `30.52.845 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `30.55.967 DUNLOP user
6位 迫田 勇馬 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `31.39.289 DUNLOP user

第4戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 183 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA 160 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 141
11位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI 70 DUNLOP user
13位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI 52 DUNLOP user
14位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM 49 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI 177 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 151 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 136 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA 113 DUNLOP user
6位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI 110 DUNLOP user
7位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 109 DUNLOP user