RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/7/20 MFJ/MX 2014全日本モトクロス選手権 第5戦 東北大会 岩手県 藤沢スポーツランド
天気 気温 観客
23℃ 1,800人(2日間)

2戦連続のマディレースを、再びダンロップ勢が制覇!


全日本モトクロス選手権の今季第5戦は、岩手県の藤沢スポーツランドで開催。土曜日夜から日曜日にかけて大量の雨が降ったことから、前戦に続いてヘビーマディコンディションでの決勝レースとなった。このため各クラスのレースは規定よりも5分短縮され、IAクラスは25分+1周で競われた。最高峰となるIA1では、ダンロップタイヤを履くヤマハの田中教世選手(#11)が、第2戦のケガから復帰したが、決勝日朝の公式練習で転倒した影響により決勝出走をキャンセル。今季はKTMを駆る星野裕選手(#7)は、大会前に負傷して欠場した。

 

決勝ヒート1では、スタート直後にトップ浮上を果たした王者の成田亮選手(#1)が、5秒前後の差でマークを続けるライバルのプレッシャーに負けることなく、冷静な走りでトップをキープ。これによって逆に相手のミスを誘い出し、最後は独走で今季6勝目を挙げた。成田選手のチームメイトでランキング2番手の小方誠選手(#2)は、スタート直後の2コーナーで転倒を喫し、1周目13番手からの追い上げを強いられる展開。前走者の泥を浴びながらも、諦めることなく最後まで上位進出を狙い、6位でチェッカーを受けた。

 

決勝ヒート2では、小方選手がホールショットを奪い、1周目を2番手でクリア。決勝ヒート1では、「ダンロップの新しいサンド用タイヤのグリップ力がすごくて、楽に勝てました」と笑っていた成田選手は、スタート直後に前輪を浮かせすぎてしまい出遅れたが、混戦の中で巧みに順位を上げ、1周目を4番手でクリアした。小方選手は、2周目にトップへと返り咲くと、その後は後続を大きく引き離して独走。今季3勝目を挙げた。3番手を守っていた成田選手は、終盤にペースを上げて2位。スポット参戦の北居良樹選手(#12)が、7位でフィニッシュした。


ダンロップが両ヒートで6位入賞圏内を独占!



決勝ヒート1では、昨年度王者の富田俊樹選手(#1)が1周目をトップでクリア。ランキングトップの勝谷武史選手(#888)は1コーナーで転倒して、1周目は21番手だった。レース序盤、勝谷選手と同じく1コーナーで転倒した竹中純矢選手(#32)が驚異的な追い上げをみせ、3周目には2番手まで浮上。中盤になって富田選手と竹中選手の差は少し縮まったが、それでも約30秒あった。竹中選手からさらに大きく遅れ、3番手集団には安原志選手(#34)と井上眞一選手(#39)が浮上した。迎えた最終の10周目、富田選手は周回遅れのスタックに走行ラインを阻まれてストップ。この間に竹中選手が前に出た。しかし直後、竹中選手は柔らかい泥の影響で失速。これにより富田選手が再逆転して優勝、竹中選手が2位となった。

 

決勝ヒート2では、勝谷選手がホールショット。ヒート1の表彰台に登壇した竹中選手と井上選手、IAルーキーの横澤拓夢選手(#08)がこれに続いた。富田選手はスタートに失敗して、1周目10番手からの追い上げレース。2周目、安原選手が竹中選手を抜いて2番手となり、勝谷選手はリードを拡大していった。レース中盤、トップの勝谷選手は相次ぐ転倒により3番手に後退。代わってトップ浮上を果たしたのは、ハイペースを維持した竹中選手だった。安原選手は竹中選手から大きく遅れ、単独2番手を走行。勝谷選手が3番手を守り、4番手には富田選手が上がってきた。レースが残り2周となった9周目、安原選手がタイムロスする間に、勝谷選手が逆転。竹中選手が優勝、勝谷選手が2位、安原選手が3位となった。

このクラスでもダンロップ勢が表彰台を占拠!


ディフェンディングチャンピオンの邵洋子選手(#1)が、1周目を2番手でクリア。マディレースを得意とする安原さや選手(#3)と萩原真理子選手(#5)は、安原選手が2コーナー立ち上がりで転倒、萩原選手が3コーナーでスタックしたため、安原選手が1周目7番手、萩原選手が同9番手からの追い上げレースとなった。レース中盤、邵選手はトップのライダーがペースを落としたことから、難なくトップに浮上。独走状態を築いていった。

安原選手と萩原選手は激しい追い上げをみせ、2周目には萩原選手が4番手、安原選手が5番手に。レースが後半に入った4周目には、安原選手が2番手、萩原選手が3番手へと順位を上げた。レース終盤、なおもハイペースを維持した安原選手は、17秒ほどあった邵選手とのタイム差を2周で削り、最終ラップで逆転に成功。しかし最終コーナーで転倒を喫し、この間に邵選手と萩原選手が先行して、邵選手が今季2勝目、萩原選手が2位、安原選手が3位となった。
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `30.04.943 DUNLOP user
2位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `30.21.699  
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `30.30.287  
6位 小方 誠 Team HRC HONDA `30.14.224 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `31.44.224 DUNLOP user
10位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI `32.33.170 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小方 誠 Team HRC HONDA `31.35.802 DUNLOP user
2位 成田 亮 Team HRC HONDA `31.56.375 DUNLOP user
3位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `32.19.428  
7位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `31.49.679 DUNLOP user
9位 小林 雅裕 Honda緑陽会熊本レーシング HONDA `32.56.127 DUNLOP user
11位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `33.54.530 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `31.30.713 DUNLOP user
2位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `31.31.636 DUNLOP user
3位 井上 眞一 N.R.T. KAWASAKI `33.01.117 DUNLOP user
4位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `33.26.817 DUNLOP user
5位 斉藤 嵩   SUZUKI `34.21.154 DUNLOP user
6位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `34.41.774 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `31.48.058 DUNLOP user
2位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `32.06.150 DUNLOP user
3位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `32.26.626 DUNLOP user
4位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.43.101 DUNLOP user
5位 井上 眞一 N.R.T. KAWASAKI `33.28.874 DUNLOP user
6位 横澤 拓夢 N.R.T. HONDA `34.03.352 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI `12.55.298 DUNLOP user
2位 萩原 真理子 KTM RACING KTM `13.24.709 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `13.51.335 DUNLOP user
5位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA 1 Laps DUNLOP user
6位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI 1 Laps DUNLOP user
8位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 1 Laps DUNLOP user

第5戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 230 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA 200 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 179
12位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI 90 DUNLOP user
13位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI 68 DUNLOP user
14位 小林 雅裕 Honda緑陽会熊本レーシング HONDA 56 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI 214 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 194 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 183 DUNLOP user
4位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA 151 DUNLOP user
5位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI 146 DUNLOP user
7位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 130 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA 88 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 82 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI 72 DUNLOP user
4位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 54 DUNLOP user
5位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI 53 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 52 DUNLOP user