RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/8/3 MFJ/MX 2014全日本モトクロス選手権 第6戦 SUGO大会 宮城県 スポーツランドSUGO
天気 気温 観客
晴れ 33℃ 2,800人(2日間)

成田亮選手が地元大会で両ヒート制覇!


全日本モトクロス選手権第6戦は、今季第4戦と第9戦の舞台にもなる宮城県のスポーツランドSUGOで開催。2大会連続でヘビーマディとなったこのシリーズだが、今大会は土日とも好天。3大会ぶりにドライ路面でレースが行われた。最高峰クラスとなるIA1のダンロップ勢では、前戦の決勝日公式練習中に負傷したヤマハの田中教世選手(#11)と、前戦に向けた練習中にケガを負ったKTMを駆る星野裕選手(#7)が欠場。一方でホンダの成田亮選手(#1)と小方誠選手(#2)は、ポイントランキングのトップ2で今大会を迎えた。

 

決勝ヒート1では、成田選手が1周目から積極的なパッシングを続けてトップに立ち、その後は後続との差を徐々に拡大していく展開。暑さ対策として通常より5分短縮されて25分+1周となったことから、「気持ちに余裕がでて、最初からトバせました」という成田選手は、快走を続けて今季7勝目を挙げた。小方選手は、オープニングラップを5番手でクリアすると、その後は3台による3番手争いに加わり、レース中盤にこの先頭へ。ライバルたちから激しいプレッシャーを受けながらも冷静に13周を走り切り、3位表彰台に登壇した。

 

決勝ヒート2では、成田選手がホールショットを奪い、1周目をトップでクリア。小方選手は再び5番手からのレースとなった。序盤、成田選手から4番手に浮上した小方選手までが、僅差のトップ集団を形成。レース中盤になると、ここから小方選手が遅れ、成田選手はライバルたちの猛攻を受けた。しかし、腹痛に苦しみながらも成田選手はアクセルを開け続け、トップの座をキープ。残り2周となった12周目にこのヒートのベストラップタイムを刻む力走で、最後はライバルたちを引き離して勝利した。また小方選手は、4位に入賞した。


両ヒートでダンロップが表彰台を独占し、勝谷武史選手が優勝!



決勝ヒート1では、田中雅己選手(#113)がホールショット。1周目を竹中純矢選手(#32)、勝谷武史選手(#888)、富田俊樹選手(#1)、田中選手の順でクリアした。序盤、田中選手はトップ集団からやや遅れ、3周目に富田選手が少しミスしたことから、竹中選手と勝谷選手がトップを争い、5秒ほど間隔を開けて富田選手が3番手、田中選手が単独走行の4番手となった。レース後半までトップを守った竹中選手は、9周目にエンストして3番手に後退。これで勝谷選手がトップに立つと、約4秒差で富田選手が追った。しかし最後は、勝谷選手が引き離してゴール。25分+1周に短縮されたレースで、今季6勝目を挙げた。富田選手は2位。竹中選手はマシントラブルでリタイアとなり、田中選手が3位表彰台に登壇した。

 

決勝ヒート2では、竹中選手が好スタートを決めるも、2コーナーでバランスを崩して後退。これにより富田選手がトップに立ち、勝谷選手と田中選手が追う展開となった。レース序盤、田中選手は前の2台から遅れ、4周目には勝谷選手が富田選手を抜いてトップに浮上。すると翌周、勝谷選手は富田選手より約2秒も速い驚異的なラップタイムを叩き出し、一気にリードを拡大した。一方で富田選手も粘りをみせ、その差を最小限にとどめながら勝谷選手のミスやペースダウンを待ったが、勝谷選手も安定したペースで周回。13周で終了となったレースで、再び勝谷選手がトップチェッカーを受け、富田選手は2位となった。3位には、1周目7番手から追い上げた竹中選手が入り、再びダンロップ勢が表彰台を独占した。


邵洋子選手が勝利し、ダンロップが表彰台独占!


ディフェンディングチャンピオンの邵洋子選手(#1)がホールショット。1周目だけで後続を約3秒引き離してアドバンテージを得た。2番手以下は4台による混戦となり、この中からランキングトップで臨んだ竹内優菜選手(#2)が2周目、同2番手の安原さや選手(#3)が3周目に抜け出す展開。竹内選手は、後続を引き離しながらトップの邵選手を追った。また安原選手を先頭とした縦に長い3番手集団の後方には、萩原真理子選手(#5)が迫った。

レース終盤になっても、トップを走る邵選手と2番手の竹内選手との間隔は大きく変わらず、その差は4秒ほど。レースは、通常より5分短縮されて10分+1周でチェッカーとなり、邵選手が今季3勝目。竹内選手が2位となった。さらに、後続を僅差で抑えた安原選手が3位となって、ダンロップ勢が再び表彰台を独占した。また萩原選手は、レース終盤にライバルの接近を許したが、最終ラップまでしっかりポジションを守り、5位入賞を果たした。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `28.35.391 DUNLOP user
2位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `28.44.025  
3位 小方 誠 Team HRC HONDA `28.48.427 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `29.46.599 DUNLOP user
10位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `29.47.162 DUNLOP user
13位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI `28.36.296 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `28.32.320 DUNLOP user
2位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `28.35.511  
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `28.39.028  
4位 小方 誠 Team HRC HONDA `29.02.274 DUNLOP user
5位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `29.33.531 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `30.19.674 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `28.18.267 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `28.26.395 DUNLOP user
3位 田中 雅己 Team HRC HONDA `29.03.725 DUNLOP user
5位 サンタナ ルカス ケンジ BRT HONDA `29.15.314 DUNLOP user
6位 渡辺 祐介 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `29.16.796 DUNLOP user
8位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI `29.29.502 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `28.54.826 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `29.02.923 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `29.20.792 DUNLOP user
5位 田中 雅己 Team HRC HONDA `29.32.526 DUNLOP user
6位 渡辺 祐介 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `29.35.173 DUNLOP user
8位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI `30.02.524 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI `12:43.306 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA `12:50.220 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `12:55.178 DUNLOP user
5位 萩原 真理子 KTM RACING KTM `13:06.428 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `13:26.989 DUNLOP user
8位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `13:40.674 DUNLOP user

第6戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 280 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA 238 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 210
12位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI 108 DUNLOP user
13位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI 92 DUNLOP user
14位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 74 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI 264 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 238 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 203 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA 167 DUNLOP user
6位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI 163 DUNLOP user
7位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 156 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA 110 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 102 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI 97 DUNLOP user
4位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 64 DUNLOP user
6位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI 63 DUNLOP user
8位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 59 DUNLOP user