RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/9/14 MFJ/MX 2014全日本モトクロス選手権 第7戦 近畿大会 奈良県 名阪スポーツランド
天気 気温 観客
晴れ時々曇り 28℃ 7,200人(2日間)

成田亮選手が激戦を制してヒート1で勝利!


約1ヵ月ぶりとなる全日本モトクロス選手権の今季第7戦は、奈良県の名阪スポーツランドで行われた。サンド質の路面を特徴とするこのコースは、適度なアップダウンが散りばめられたハイスピードレイアウト。パッシングポイントは少ない。天候は土日とも晴れ時々曇り。気温は30度を下回ったが、日差しは強く、お昼前後は汗ばむ陽気となった。最高峰クラスとなるIA1のダンロップ勢では、ヤマハの田中教世選手(#11)がケガにより欠場。ホンダの成田亮選手(#1)と小方誠選手(#2)が、ランキングトップ2で今大会を迎えた。

決勝ヒート1では、成田選手が1周目から激しいトップ争いを展開。2周目に入ったところでバトル中に転倒を喫するも、すぐにリカバリーして再びトップを猛追。6周目にトップへと浮上した。レース中盤、ライバルの粘りに成田選手は大きなアドバンテージを築けずにいたが、終盤になって後続との差を拡大。これにより成田選手は、独走で今季9勝目を挙げた。また小方選手は、転倒で1周目10番手と出遅れながらも、着実に追い上げて5位でフィニッシュ。タイのレースでも活躍中の北居良樹選手(#12)が、6位で今季初入賞を果たした。

決勝ヒート2では、成田選手はやや出遅れ、1周目を島崎大祐選手(#22)に次ぐ6番手でクリア。さらに小方選手も、スタート直後に前走車が転倒した影響で遅れて、7番手からの追い上げレースとなった。序盤、成田選手は着実に追い上げ、5周目には2番手まで浮上。しかしその後、ヒート1で体力を消耗したこともあり思うようにペースが上げられず、一時は4番手まで後退した。それでも、意地の走りで表彰台圏内へと返り咲き、成田選手は19周のレースを3位でゴールした。小方選手は、6周目に転倒して10位に終わった。


勝谷武史選手を破り、富田俊樹選手が初の両ヒート制覇!


決勝ヒート1では、富田俊樹選手(#1)が好スタートを決め、1周目をトップでクリア。序盤からリードを拡大していった。また、富田選手のチームメイトとなる田中雅己選手(#113)が、3周目に順位を上げて2番手に浮上。一時は富田選手に約4秒差にまで迫ったが、レースが中盤になると再び差が少し開き、田中選手の後方には勝谷武史選手(#888)らライバルが迫った。そして8周目、田中選手は4番手に後退。レースが後半に入った10周目には、勝谷選手が2番手に浮上した。この段階で約7秒のリードを築いていた富田選手は、その後も安定したハイペースで周回を重ね、勝谷選手につけいるスキを与えず。レースは19周でチェッカーとなり、富田選手が今季3勝目を挙げた。勝谷選手が2位、田中選手は4位に入賞した。

また決勝ヒート2では、勝谷選手と富田選手が好スタートを決め、1周目からトップ争いを展開。接近戦を続けたまま、序盤から2番手以下を引き離していった。3周目に田中選手が3番手に順位を上げると、接近戦を続ける勝谷選手と田中選手に少しずつ接近。一時は7秒ほどあった差は、レースが中盤に入るころには約4秒へと縮まった。迎えたレース後半、富田選手が勝谷選手に猛アタック。13周目に勝谷選手を抜いてトップに浮上すると、直後から富田選手はスパートをかけ、一気に勝谷選手との差を3秒近く開いた。この段階で、田中選手は勝谷選手の約3秒後方を走っていたが、その後はペースダウンし、終盤に順位を落とした。そしてレースは、富田選手が再び勝利。勝谷選手が2位、田中選手が4位となった。


竹内優菜選手が勝利し、タイトル争いで有利に!


スタート直後の1コーナー進入時に、マルチクラッシュが発生。昨年度チャンピオンの邵洋子選手(#1)がこのアクシデントで肩を負傷し、リタイアとなった。またランキング2番手でこのホームコース大会に臨んだ安原さや選手(#3)も転倒し、後方からの追い上げレースとなった。1周目をトップでクリアしたのは、ランキングトップを守る竹内優菜選手(#2)。ライバルを2秒ほど後方に引き連れながら、ハイペースで逃げ切りを図った。

レース中盤になると、竹内選手ら2台が完全に後続を引き離す展開に。3番手集団からは、レース後半になって萩原真理子選手(#5)と安原選手が抜け出し、接近戦を展開した。ラスト3周となった7周目、安原選手が萩原選手の攻略に成功。抜かれた萩原選手は翌周に転倒を喫し、7番手まで順位を下げた。そしてレースは、竹内選手が最後まで約2秒の差を守ってトップチェッカー。今季3勝目を挙げた。また安原選手が、3位表彰台に登壇した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.30.913 DUNLOP user
2位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `32.39.832  
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `32.49.059  
5位 小方 誠 Team HRC HONDA `33.18.919 DUNLOP user
6位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `33.36.361 DUNLOP user
9位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `33.42.130 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `33.27.252  
2位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `33.34.540  
3位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.45.741 DUNLOP user
8位 島崎 大祐 WAKI Racing T Sakurai HONDA `34.35.563 DUNLOP user
9位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `34.41.483 DUNLOP user
10位 小方 誠 Team HRC HONDA `34.42.777 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.29.457 DUNLOP user
2位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `32.38.966 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI `32.43.052  
4位 田中 雅己 Team HRC HONDA `32.44.546 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `33.15.053 DUNLOP user
6位 サンタナ ルカス ケンジ BRT HONDA `33.24.352 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.10.942 DUNLOP user
2位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `33.12.889 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI `33.28.468  
4位 田中 雅己 Team HRC HONDA `33.36.206 DUNLOP user
5位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.55.420 DUNLOP user
6位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `34.08.795 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA `17.23.248 DUNLOP user
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブTEAM MOTOBOY KAWASAKI `17.25.826  
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `18.02.921 DUNLOP user
4位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA `18.13.612 DUNLOP user
5位 山本 泉   HONDA `18.15.060 DUNLOP user
6位 萩原 真理子 KTM RACING KTM `18.22.641 DUNLOP user

第7戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 325 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA 265 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 234
11位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI 120 DUNLOP user
12位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI 116 DUNLOP user
14位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 99 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI 308 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 288 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 231 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA 198 DUNLOP user
6位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 183 DUNLOP user
7位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI 168 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA 135 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 122 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI 97 DUNLOP user
6位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 68 DUNLOP user
8位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 63 DUNLOP user
9位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI 64 DUNLOP user