RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/10/5 MFJ/MX 2014全日本モトクロス選手権 第8戦 中国大会 広島県 グリーンパーク弘楽園
天気 気温 観客
曇り時々雨 19℃ 2,821人(2日間)

成田亮選手とダンロップタイヤが4年連続王者に!


今季残り2大会となる全日本モトクロス選手権第8戦は、広島県のグリーンパーク弘楽園で開催された。本来はハードパックのコースだが、今大会では入念な整備により、いつもとは異なり各所に深いワダチができるコンディション。台風接近により一時的な降雨と強めの風はあったが、基本的には曇り空の下でレースが行われた。IA1のダンロップ勢では、ヤマハの田中教世選手(#11)がケガから復帰。ホンダの成田亮選手(#1)は、2番手の小方誠選手(#2)よりも両ヒートで5ポイント以上多く獲得すれば、自身4年連続となるV10が決まる状況で、今大会を迎えた。

決勝ヒート1では、成田選手が1周目からトップを走行。終盤までレースを牽引した。残り6周となった14周目に、成田は2番手に後退したが、その後も着実な走りを続けて、2位入賞を果たした。また田中選手は、ケガからの復帰レースでいきなりアグレッシブな走りを披露。レース中盤には3番手を走り、4番手に後退して以降もライバルとサイド・バイ・サイドの激しいバトルを演じて、4位入賞を果たした。小方選手は、1周目11番手と大きく出遅れると、序盤に順位を上げたがその後は追い上げができず、8位でレースを終えた。

決勝ヒート2では、成田選手は1周目を5番手でクリアすると、4周目にはトップへ浮上。その後、リードを拡大しようと試みたが、レース中盤にライバルの逆転を許し、さらに終盤にも激しい追撃を受けた。しかしここは意地で順位を守り、再び2位でフィニッシュ。この結果、自身とダンロップタイヤにとって4年連続となる、シリーズタイトル獲得が決まった。序盤に5番手を走行した田中は、7周目に転倒を喫するも追い上げて7位。この田中をレース終盤に振り切った地元ライダーの島崎大祐(#22)が、6位入賞を果たした。


勝谷武史選手と富田俊樹選手が勝利をわける!


決勝ヒート1では、田中雅己選手(#113)と富田俊樹選手(#1)が好スタートを決め、これに小川孝平選手(#35)が続いて1周目をクリア。2周目には、田中選手が4番手に順位を下げ、代わりにランキングトップの勝谷武史選手(#888)が3番手となった。序盤、小川選手を抜いた勝谷選手は、トップを走るランキング2番手の富田選手に迫り、レースが中盤に入った7周目にトップ浮上。その後は、追いすがる富田選手との差を徐々に拡大していった。これにより、富田選手と田中選手は、それぞれ単独走行で順位をキープすることになった。4番手争いでは、レース終盤の14周目に、竹中純矢選手(#32)が小川選手を逆転。勝谷選手が優勝、富田選手が2位、田中選手が3位、竹中選手が4位、小川選手が5位となった。

また決勝ヒート2では、勝谷選手が好スタートを決め、1周目をトップでクリア。富田選手が3番手、井上眞一選手が4番手、竹中選手が6番手から、優勝を狙った。レース序盤、ライバルをパスして2番手に浮上した富田選手は、トップの勝谷選手に肉迫。一度はミスによりその差が広がったが、すぐにリカバリーすると、レース後半の13周目に逆転を果たした。すると富田選手は、一気にスパートをかけてリードを拡大。そのままトップチェッカーを受け、今季5勝目を挙げた。勝谷選手は、リアブレーキトラブルを抱えながら2位でフィニッシュ。竹中選手が4位、井上選手が5位、1周目14番手から追い上げた安原志選手(#34)が6位となった。タイトル争いでは、勝谷選手と富田選手が20ポイント差で最終戦を迎える。

竹内優菜選手が自身初のチャンピオンに!


昨年度チャンピオンの邵洋子選手(#1)は、前戦で負ったケガの影響によりこのレースを欠場。そのためランキングトップで今大会に臨んだ竹内優菜選手(#2)は、4位以内でゴールすればタイトル獲得が決まる状況となった。そのオープニングラップで、竹内選手は5番手を確保。2周目からは、タイトル獲得の可能性が唯一残っていた安原さや選手(#3)とともに、トップグループを形成した。この集団の中で安原選手は、3周目にトップに立った。

勝利で女王の座に就くために、翌周には竹内選手も2番手に順位を上げ、安原選手を猛追。レースが後半に入った6周目には、その差が約1秒にまで縮まった。するとここで安原選手がペースを上げ、竹内選手を6秒近く引き離して最終周を迎えた。ところが、余裕の優勝かと思われた安原選手が、チェッカーまで残り約半周のところでまさかの転倒。これにより竹内選手がトップ、安原選手が2位となり、竹内選手のシリーズタイトル獲得が決まった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `32.26.771  
2位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.36.350 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `32.44.549  
4位 田中 教世 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `32.45.102 DUNLOP user
8位 小方 誠 Team HRC HONDA `33.10.211 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `33.20.711 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `32.35.440  
2位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.41.361 DUNLOP user
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `32.45.525  
6位 島崎 大祐 WAKI Racing T Sakurai HONDA `33.08.166 DUNLOP user
7位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI `33.12.161 DUNLOP user
8位 小方 誠 Team HRC HONDA `33.14.850 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `32.18.559 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.23.789 DUNLOP user
3位 田中 雅己 Team HRC HONDA `32.46.067 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.56.636 DUNLOP user
5位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `32.59.861 DUNLOP user
7位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI `33.17.551 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.24.968 DUNLOP user
2位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `32.32.962 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI `33.20.091  
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.39.449 DUNLOP user
5位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI `32.44.481 DUNLOP user
6位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `33.46.291 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA `18:59.552 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `19:08.610 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブTEAM MOTOBOY KAWASAKI `19:13.419  
6位 萩原 真理子 KTM RACING KTM `19:35.415 DUNLOP user
8位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `19:42.346 DUNLOP user
9位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA `19:46.252 DUNLOP user

第8戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 369 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA 291 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 270
12位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI 131 DUNLOP user
13位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI 122 DUNLOP user
14位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 121 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI 355 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 335 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 267 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA 222 DUNLOP user
6位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 208 DUNLOP user
7位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI 198 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA 144 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 124 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI 97 DUNLOP user
7位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 77 DUNLOP user
9位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 75 DUNLOP user
10位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI 71 DUNLOP user