RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/10/26 MFJ/MX 2014全日本モトクロス選手権 第9戦 宮城県 スポーツランドSUGO
天気 気温 観客
晴れ 23℃ 5,200人(2日間)

スポット参戦のクーパー・ウェブ選手が余裕の両ヒート制覇!


9戦が設定された今季の全日本モトクロス選手権。その最終戦となる第52回MFJ-GPモトクロス大会が、宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。今季3度目の舞台となるコースだが、春や夏の大会と同じく今回もコースの一部セクションに改良が加えられ、全体的なレイアウトは同じながら新たな見どころがプラスされた。予選が行われた土曜日、各クラスの決勝が繰り広げられた日曜日ともに、天候は晴れ。朝晩は冷え込み、気温が10度以下にまで落ち込んだが、日差しが暖かく、日曜日の最高気温は23度まで上昇した。

最高峰のIA1では、前戦で成田亮選手(#1)とダンロップタイヤが、4年連続の年間タイトル獲得を決定。この最終戦では、AMAモトクロス250クラスでランキング3位となった、ダンロップを履くクーパー・ウェブ選手(#117)や、イギリス選手権のMX1で年間4位となった、こちらもダンロップライダーのグレイム・アーウィン選手(#555)がスポット参戦したことから、速い外国人ライダーを相手に成田選手がどこまで迫れるかにも注目が集まった。そしてレースは、両ヒートともにウェブ選手が、圧倒的な速さで勝利。訪れた多くの観客を沸かせた。

成田選手は、決勝ヒート1でホールショットを奪うと、ウェブ選手と序盤にバトルを展開。4周目には、抜かれたウェブ選手をフープスで抜き返した。そして成田選手は、ヒート1を日本人最高位となる2位でゴールした。またヒート2は、日本人選手4人による激しい2番手争いに加わり、4位で今季最後の全日本レースを終えた。一方、チームメイトの小方誠選手(#2)は、ランキング2番手で今大会に臨み、両ヒートで2番手争いに加わる活躍。終盤に順位を落として5位と7位だったが、ランキング2位となり、ダンロップが2年連続で年間ワン・ツーとなった。


ダンロップ勢同士の王者争いを勝谷武史選手が制す!


勝谷武史選手(#888)が富田俊樹選手(#1)を20点リードしたランキングトップで、今大会を迎えた。決勝ヒート1、富田選手が1周目からトップを快走。予選トップの竹中純矢選手(#32)は、1コーナーで発生したマルチクラッシュにより、最後尾からのレースとなった。序盤、2番手に浮上した勝谷選手に対し、富田選手はリードを拡大。その差は最大で6秒ほどになった。ところが中盤、勝谷選手がペースを上げると、逆に富田選手のペースが一気に落ち、これで勝谷選手が接近。レース時間が残り10分を切ったところで、勝谷がトップに浮上した。そして勝谷選手が優勝し、富田選手が2位。さらに田中雅己選手(#113)が3位、安原志選手(#34)が4位、竹中選手が5位となり、ダンロップ勢が上位を独占した。

勝谷選手の23点リードで迎えたヒート2では、再び富田選手がホールショット。勝谷選手と竹中選手がこれに続き、田中選手も5番手から上位進出をめざした。その序盤は、富田選手がリードを広げ、勝谷選手が数秒差で2番手を守る、ヒート1と同じ展開。竹中選手以下はこの2台からは遅れ、さらに竹中選手は後続からリードを徐々に奪ったことから、単独走行となっていった。レース中盤、富田選手と勝谷選手は、6秒前後の差で膠着状態。ヒート1とは異なり、最後までこの差はほとんど縮まらなかった。そしてレースは、富田選手が勝利。勝谷選手が2位、竹中選手が3位、田中選手が5位となった。この結果、チャンピオンは勝谷選手に決定。富田選手が年間2位で、ダンロップはこのクラスでもワン・ツーを達成した。


波乱のレースで竹内優菜選手がトップに迫った!


スタート直後の1コーナーで、10台以上のマシンがクラッシュまたはストップする、マルチクラッシュが発生。この混乱により、前大会でシリーズタイトル獲得を決めた竹内優菜選手(#2)、今季初勝利をめざしたランキング2番手の安原さや選手(#3)などが、大きく出遅れた。それでも、竹内選手は8番手、安原選手は12番手まで順位を回復して、オープニングラップをクリア。2周目には、竹内選手が5番手、安原選手が7番手に順位を上げた。

さらに翌周、竹内選手と安原選手はひとつずつ順位アップ。さらなる上位進出をめざして追い上げを続けた。レース後半、ペースを上げた竹内選手は2番手集団に接近。ラスト2周となった6周目、トップのライダーが転倒したことから、3番手に順位を上げた。迎えた最終周、竹内選手はライバルをひとり抜き、さらにトップ選手へと接近。テール・トゥ・ノーズとなった。しかし逆転には至らず、竹内選手は2位となった。また、安原選手は4位でゴールした。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 C.Webb Yamalube Star Yamaha Racing YAMAHA `34.15.084 DUNLOP user
2位 成田 亮 Team HRC HONDA `34.34.731 DUNLOP user
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `34.37.427  
5位 小方 誠 Team HRC HONDA `34.46.731 DUNLOP user
9位 G.Irwin Heads&ALL THREADS SUZUKI TEAM SUZUKI `35.35.188 DUNLOP user
10位 島崎 大祐 WAKI Racing T Sakurai HONDA `35.35.632 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 C.Webb Yamalube Star Yamaha Racing YAMAHA `32.42.177 DUNLOP user
2位 平田 優 YAMAHA YSP Racing Team YAMAHA `33.10.747  
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `33.13.916  
4位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.15.080 DUNLOP user
7位 小方 誠 Team HRC HONDA `33.23.877 DUNLOP user
9位 島崎 大祐 WAKI Racing T Sakurai HONDA `33.49.714 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `33.51.406 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.56.988 DUNLOP user
3位 田中 雅己 Team HRC HONDA `34.42.364 DUNLOP user
4位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA `34.45.891 DUNLOP user
5位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `34.50.043 DUNLOP user
8位 井上 眞一 K.R.T. KAWASAKI `35.18.501 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.33.495 DUNLOP user
2位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI `32.46.276 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.04.458 DUNLOP user
5位 田中 雅己 Team HRC HONDA `33.32.690 DUNLOP user
7位 サンタナ ルカス ケンジ BRT SUZUKI `33.57.468 DUNLOP user
8位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `34.07.977 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 畑尾 樹璃 グリーンクラブTEAM MOTOBOY KAWASAKI `17:41.956  
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA `17:42.552 DUNLOP user
3位 久保 まな SRFスポーツ with KUBO RC J:COM SUZUKI `17:46.115  
5位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `18:04.009 DUNLOP user
7位 萩原 真理子 KTM RACING KTM `18:22.068 DUNLOP user
8位 勝股 七海 Team ITOMO HONDA `18:37.608 DUNLOP user

第9戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 369 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA 291 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 270
11位 池谷 優太 SRF TEAM REDZONE SUZUKI 131 DUNLOP user
13位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM 121 DUNLOP user
14位 沼田 誠司 グリーンクラブ JUDGEMENT KAWASAKI 122 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 勝谷 武史 グリーンクラブ&ジュニアライダース KAWASAKI 412 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 392 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 313 DUNLOP user
5位 安原 志 名阪レーシング YAMAHA 261 DUNLOP user
6位 岡野 聖 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 239 DUNLOP user
7位 田中 雅己 Team HRC HONDA 239 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER HONDA 149 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 125 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブTEAM MOTOBOY KAWASAKI 117  
5位 邵 洋子 SRFスポーツ&SHOレーシング美杉 SUZUKI 97 DUNLOP user
7位 萩原 真理子 KTM RACING KTM 86 DUNLOP user
9位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 77 DUNLOP user