FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/3/9 全日本トライアル選手権第1戦 関東大会
天気 気温 観客
晴れ 10度 2,600人

昨年度王者の小川友幸選手が開幕ダッシュ!




 全日本トライアル選手権シリーズの今季開幕戦となる関東大会が、茨城県の真壁トライアルランドで2年ぶりに行われた。最高峰となる国際A級スーパークラスで、ダンロップタイヤD803を履き昨年は自身3度目となるシリーズタイトル獲得を果たした小川友幸選手(#1)は、初のタイトル防衛に向かって絶好のスタートを切った。また、今年からダンロップを履き王座奪還をめざす黒山健一選手(#2)や、昨年度シリーズランキング3位だった野崎史高選手(#3)も、激しい追い上げで初戦を盛り上げた。

  今大会の競技は、まず4時間30分の持ち時間で10セクションを2ラップした後、10分ほどのインターバルを挟み、スペシャル・セクション(SS)としてさらに難易度が高く見ごたえのあるふたつのセクションに挑む方式が採用された。それぞれのセクションは、山の岩盤や崖などに設定され、強固な大岩や、軟らかい土や砂地の滑りやすい路面などが、ライダーたちの行く手を阻んだ。

  小川選手は1ラップ目の第1セクションからクリーン(減点0)の好調な走りを続け、第3セクションと第9セクションでそれぞれ減点1となった以外は、全てクリーンする圧倒的な好成績を記録。減点わずか2点でトップに立った。2番手には小川毅士選手(#4)が減点13で着け、以下は黒山選手が14点、野崎選手が16点で続いた。なお、小川選手は1ラップ目の持ち時間に設定された3時間以内でゴールしたが、ライバルたちはタイムオーバーの減点も増やしていた。

  しかし続く2ラップ目は、黒山選手や野崎選手らが早いペースでセクションを回るとともに、黒山選手が驚異の減点1、野崎選手もわずか2点で周回して、猛烈な追い上げを披露。一方で小川選手は、2ラップ目には減点9となり、勝負はSSまで持ち込まれた。しかし、SSを連続クリーンした小川選手が、結果的には圧倒的な大差で開幕戦を制し、最終セクションでともに失敗した黒山選手と野崎選手は、1点差で黒山選手が2位、野崎選手が3位となった。なお第2戦近畿大会は、4月20日(日)に奈良県の名阪スポーツランドで開催される。

 

小川友幸選手のコメント
「自分ではあまり乗れている感じではなかったのですが、1ラップ目前半のリードが結果につながったと思います。1ラップ目の後半は、勝負所のセクションはありましたが、時間が足りなくなりそうだったので、早いペースで回る賭けにでました。逆に2ラップ目は、時間は大丈夫だろうという計算から、慌てず自分のペースで走ることができました。1ラップ目の後半には、ライバルが崩れて点差が開いていると知っていたので、後は自分の走りに集中すれば勝てると思っていました。2ラップ目は勝ちを意識して硬くなり崩れましたが、ミスを最小限に抑えられました。ゼッケン1番での開幕ダッシュには満足ですが、タイトル争いはまだ始まったばかりなので、次戦も負けないようにしたいと思います」

 

黒山健一選手のコメント
「調子は悪くなかったのですが、1ラップ目はちょっとしたタイミングのズレや気持ちの問題で歯車がかみ合わず、あっという間に減点を増やしてしまったのが残念です。2ラップ目はソコソコいいい感じで走れたので、2ラップ目の走りが最初からできていれば、小川選手をもうちょっと追いつめることができたと思うのですが、時すでに遅しでした。第2戦近畿大会は、最初から良い走りをして勝利を収めたいと思います!」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 11 16 DUNLOP
2位 2 黒山健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 4 24 15 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 2 25 13 DUNLOP
4位 4 小川毅士 WISE BETA Racing Beta 2 31 11 DUNLOP
5位 6 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 0 32 5 DUNLOP
6位 5 田中善弘 WISE BETA Racing Beta 0 43 9 DUNLOP

第1戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 20 DUNLOP
2位 2 黒山健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 17 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 15 DUNLOP
4位 4 小川毅士 WISE BETA Racing Beta 13 DUNLOP
5位 6 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 11 DUNLOP
6位 5 田中善弘 WISE BETA Racing Beta 10 DUNLOP