FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/7/20 全日本トライアル選手権第4戦 北海道大会
天気 気温 観客
晴れ 29度 650人

ランキングトップの小川友幸選手が今季3勝目をマーク!




全日本トライアル選手権第4戦北海道大会が、7月20日(日)に和寒町のわっさむサーキットで行われた。最高峰の国際A級スーパークラスで、ダンロップタイヤを履くディフェンディングチャンピオンの小川友幸選手(#1)は、前戦はトップと僅差の2位となり悔しい思いをしただけに、いつも以上に勝利へと執着して今大会に挑んだ。一方、同じくダンロップを履く野崎史高選手(#3)は、前戦で6年ぶりに優勝した勢いで連勝を狙った。また、今季はまだ未勝利の黒山健一選手(#2)は、今大会以降での挽回を誓って臨んだ。

晴天の下で行なわれた競技は、3時間30分の持ち時間で10セクションを2ラップした後、インターバルを挟んで、さらに難易度が高くて見ごたえのあるふたつのスペシャル・セクション(SS)に挑む方式が採用された。昨年は、わずかなミスも許されない神経戦となり、小川選手と黒山選手が最後まで同点の大接戦。クリーン(減点0)ひとつの差で小川選手が勝った。しかし今年は、第1セクションの2段ヒルクライムから、黒山選手をはじめ多くの選手が失敗。そこを唯一クリーンした小川選手が、競技序盤からトップを独走する展開となった。

小川選手はその後もクリーンを連発し、第6セクションで惜しくも減点5、さらに第9セクションで足を1回着いて減点1となったが、合計6点で1ラップ目を首位で終えた。黒山選手は12点で2番手、野崎選手は23点で3番手となった。そして2ラップ目に入ると、小川選手の勢いはさらに増し、あわやオールクリーンの快走。終わってみればわずか減点1だった。結果、2ラップ合計7点の小川選手が、2位以下にダブルスコア以上の大差をつけ、SSを待たずに優勝。タイトル争いでも圧倒的優位となった。2位は、SS分を含んで減点26の黒山選手。SSでは、野崎選手と小川毅士選手(#4)が僅差で競い、野崎選手が4点差をつけたまま3位表彰台登壇を決めた。なお次戦の第5戦中国大会は、9月7日(日)に原瀧山トライアルパークで開催される。

 

小川友幸選手のコメント
「今日は第1セクションで一気に5点差が開いたので、これで気持ちが楽になりました。そのまま第5セクションまでクリーンを続けられたのも理想どおりでした。第6セクションは5点減点になりましたが、2ラップ目はクリーンできる感触があり、実際にクリーンできました。最終的には自分との闘いで、チャンスがあればSSの前に勝利を決めたいと思っていました。2ラップ目はオールクリーンを狙っていったのですが、第7セクションで1点ついてしまい、それだけが悔やまれます。あとは、SS最後のセクションも……。タイトル争いは、1回2位となった以外はここまですべて優勝なので、少し楽になりましたが、勝率を上げたいので、これからも毎回優勝を狙います」

 

黒山健一選手のコメント
「長い間、暗いトンネルの中にいるような状態でしたが、今日はようやく出口が見えてきました。勝てなくて残念ですが、自分の走りのみを分析すると、内容的にはとても良かったと思っています。優勝した小川選手とは大きな点差でしたが、クリーンか減点5かというセクションが多く、点差がつきやすい設定だったので、とくに気にはしていません。この調子でいけば勝てると思うので、後半の3戦はすべて勝って、結果を残したいです」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 12 18 DUNLOP
2位 2 黒山健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 0 26 12 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 0 52 8 DUNLOP
4位 4 小川毅士 WISE BETA Racing Beta 0 56 10 DUNLOP
5位 6 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 0 61 5 DUNLOP
6位 7 野本佳章 モトベント&Beta Beta 0 79 4 DUNLOP

第4戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 77 DUNLOP
2位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 67 DUNLOP
3位 2 黒山健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 62 DUNLOP
4位 4 小川毅士 WISE BETA Racing Beta 54 DUNLOP
5位 6 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 43 DUNLOP
6位 5 田中善弘 WISE BETA Racing Beta 37 DUNLOP