FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2014/9/7 全日本トライアル選手権第5戦 中国大会
天気 気温 観客
晴れ 29度 466人

黒山健一選手が今季初優勝、小川友幸選手が2位!




全日本トライアル選手権第5戦中国大会が、9月7日(日)に岡山県の原瀧山トライアルパークで行われた。最高峰の国際A級スーパークラスでは、ダンロップタイヤを履くディフェンディングチャンピオンの小川友幸選手(#1)が、今季3勝をマークしてタイトル争いで優位に立った状態で今大会に臨み、同じくダンロップを履くランキング2番手の野崎史高選手(#3)や同3番手の黒山健一選手(#2)らと、激しい戦いを繰り広げた。

競技は、4時間30分の持ち時間で11セクションを2ラップした後、インターバルを挟んでさらに難易度が高いふたつのスペシャル・セクション(SS)に挑む方式が採用された。天候は晴れで、蒸し暑く残暑を感じさせる気温。前日の夕方に降った激しい雨の影響で、土の路面はかなりぬかるみ、セクション間の移動もままならないほど、タイヤのグリップを得るのが困難な状況となった。そのような条件の中、この会場での優勝経験がある野崎選手が、1ラップ目のトップに立った。

1ラップ目を終えた時点で、野崎選手が24点、小川選手が25点、黒山選手が27点と、トップ3は混戦模様。路面が乾きはじめた2ラップ目に、いかにクリーン(減点0)の数を増やすかが、勝負ポイントとなった。その2ラップ目は、序盤の2セクションをただひとり連続クリーンした黒山選手が、野崎選手と小川選手を逆転。その後も好調を保った黒山選手が、SSでも連続クリーンを決める強さを見せつけて、待望の今季初優勝を獲得した。小川選手は思うように減点を減らせず2位。野崎選手は2ラップ目に大きく減点を増やして4位となり、代わってこちらもダンロップタイヤを履く小川毅士選手(#4)が3位となった。今大会の結果により、ポイントランキングでは黒山選手が2番手に浮上した。なお次戦の第6戦中部大会は、10月12日(日)に愛知県のキョウセイドライバーランドで開催される。

 

黒山健一選手のコメント
「昨年の第6戦中部大会以来、約1年ぶりに優勝することができました。やはり優勝は格別だと実感しています。1ラップ目の第1セクションから減点5になってしまい、今回も勝てないのかと一瞬は思いましたが、その後は自分の走りができました。2ラップ目に入り、第1セクションを思いどおりにクリーンすることができ、みんながミスした第2セクションもクリーンしたことが大きかったです。不調からようやく抜けだせたので、チャンピオンうんぬんよりも、終わりよければすべて良しという思いで、残り2戦もしっかりと勝っていきたいと思います!」

 

小川友幸選手のコメント

「今日は勝負どころでセクションを走破することができず、小さなミスを連発させてしまったという感じでした。乗れていなかったわけではないですが、2ラップ目の前半で黒山選手にリードされて、そこで追いつきたいとクリーンを狙ったのが裏目にでてしまいました。逆に黒山選手には、勝利の女神が付いていました。とはいえ今大会を終えて、タイトル争いでは少し楽な状態になったので、次は地元の中部大会ですし、残り2戦もしっかり勝ちを狙っていきます!」
順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 2 黒山健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 0 37 12 DUNLOP
2位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 41 13 DUNLOP
3位 4 小川毅士 WISE BETA Racing Beta 0 51 9 DUNLOP
4位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 0 60 8 DUNLOP
5位 6 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 0 67 7 DUNLOP
6位 7 野本佳章 モトベント&Beta Beta 0 69 7 DUNLOP

第5戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 94 DUNLOP
2位 2 黒山健一 Team黒山レーシングヤマハ Yamaha 82 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 80 DUNLOP
4位 4 小川毅士 WISE BETA Racing Beta 69 DUNLOP
5位 6 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 54 DUNLOP
6位 5 田中善弘 WISE BETA Racing Beta 46 DUNLOP