RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/5/17 AMAプロモトクロス第1戦
カリフォルニア州サクラメント/プレイリーシティSVRAパーク
天気 気温 観客
晴れ 25度 不明

450クラス トマックが圧倒的な速さでパーフェクトウィン!





スーパークロスの閉幕から2週間後、ルーカスオイルAMAプロモトクロス選手権が始まった。
開幕戦のサクラメント大会は、AMAモトクロスがシリーズ化される前から行われてきたイベントで、今年で47年目という最古の歴史を誇る「ハングタウン・モトクロス・クラシック」という別名がある。
会場のプレイリーシティSVRAパークは、晴れればハードパックになりやすいため、近年はもみ殻をまぶす土質改善が施されてきた。
今年はレースの2日前に雨が降ったため、程よく湿ったベストコンディションになった。
 緩やかな丘陵地に配されたコースには、基本的なレイアウトを踏襲しながらも、新しいアイデアが盛り込まれていた。
スーパークロスのようなスプリットレーン。壁面を駆け上がれるハーフパイプ。
そして極め付きは「FLY 150」とネーミングされた150フィート(45.7メートル)ジャンプ。
登りに設けられたこのステップアップトリプルは、450クラスのトップライダーだけしか飛び越せない難所となった。
 450クラスのヒート1では、ライアン・ダンジー(KTM)がホールショットを取ったが、2コーナーでは早くもイーライ・トマック(ホンダ)が前に出た。
レース前半はトマックとダンジーが3〜4秒間隔で走行したが、3位のジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)は大きく離され、後半に入ると1分弱のビハインドとなった。
最終的にトマックは22秒差でヒート優勝。2位ダンジー、3位アンダーソンの順でチェッカーを受けた。
 450クラスのヒート2は、トマックがスタートトゥフィニッシュを演じる独壇場となった。
2位ダンジーを挟んで、ジャスティン・バーシア(ヤマハ)、ケン・ロクスン(スズキ)、ウェストン・パイク(ヤマハ)が序盤の上位につけたが、誰もトマックの独走を止めることはできなかった。
ベストラップを比較すると、トマック=2分05秒571、ダンジー=2分10秒921という大差があり、トマックのリードは最終的に1分31秒に達した。
 ヒート2のリザルトは、1位トマック、2位ダンジー、3位パイク。
こうして両ヒートを制したトマックが、圧倒的なパーフェクトで総合優勝を飾った。
ディフェンディングチャンピオンのロクスンは、負傷の影響もあって総合12位(19位/5位)と低迷している。


250クラス ムスキャン1位/2位、マーティン2位/1位!




250クラスのヒート1では、ジャスティン・ボーグル(ホンダ)がホールショット賞をゲット。
その後にマービン・ムスキャン(KTM)、アダム・シアンサルーロ(カワサキ)、クーパー・ウェブ(ヤマハ)が続く。
2周目にはシアンサルーロが先頭に、3周目にはウェブが2位に浮上し、この2台がテールトゥノーズのトップ争いを展開する。
シアンサルーロは250クラスでは飛べない「FLY 150」に挑んで成功。
喝采を浴びていたが、7周目の転倒で首位をムスキャンに明け渡した。
 中盤以降はムスキャンvsウェブの一騎打ちとなったが、途中からゴーグルを外したウェブのペースが衰え、ムスキャンが最大で9秒のリードを得た。
ラスト2周にはスタート6位と出遅れていた、ディフェンディングチャンピオンのジェレミー・マーティン(ヤマハ)が、ウェブをかわして2位に浮上した。
だが首位逆転には至らず、ムスキャン、マーティン、ウェブの順でチェッカー。
4位にはジョーイ・サバッチー(カワサキ)、5位にはクリス・オールドレッジ(カワサキ)が入賞した。
 250クラスのヒート2は、マット・ビシェリア(ホンダ)のホールショットで始まった。
だが、1〜2周目にかけてマーティン、ジェシー・ネルソン(KTM)、ジョーダン・スミス(ホンダ)に先行され、ビシェリアは集団に飲み込まれて行く。
1周目の混戦の中では、ヒート1で3位だったウェブが足を痛めてリタイアするハプニングがあった。
序盤のトップスリーはスミスが転倒した後、マーティン、ネルソン、オールドレッジというオーダーに入れ替わった。
 5周目にはネルソンが転倒を喫し、2位から6位に後退。
その後ボーグルとネルソンが絡むクラッシュもあり、両者は大きく脱落した。
この間にスタート8位から追い上げたムスキャンが、オールドレッジをかわして2位に浮上したが、トップのマーティンはすでに16秒先を独走していた。
ヒート1ではマーティンとムスキャンがほぼ互角のスピードを維持していたが、ここではマーティンのペースが上回り、リードはどんどん広がるばかりであった。
 こうしてオープニングからトップを快走したマーティンは、ムスキャンに26秒差をつけて優勝。
オーバーオールでは同点となったが、ヒート2を制したマーティンが総合優勝を掌中に収めた。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 3 E・トマック Geico Honda Honda 36:23.219 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +22.332 DUNLOP user
3 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +1:18.803 DUNLOP user
4 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki +1:19.130 DUNLOP user
5 377 C・プーセル Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +1:50.606 DUNLOP user
6 20 B・ティックル RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +1:54.096 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 3 E・トマック Geico Honda Honda 34:31.438 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +1:31.181 DUNLOP user
3 23 W・パイク JGR Toyota Yamaha Yamaha +1:40.111  
4 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +1:44.630  
5 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +1:55.190 DUNLOP user
6 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki +1:58.070 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 35:06.033 DUNLOP user
2 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +04.433 DUNLOP user
3 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +18.457 DUNLOP user
4 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +22.446 DUNLOP user
5 66 C・オールドレッジ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +26.967 DUNLOP user
6 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha +33.211 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 35:37.327 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +26.023 DUNLOP user
3 66 C・オールドレッジ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +29.080 DUNLOP user
4 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha +30.337 DUNLOP user
5 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +30.988 DUNLOP user
6 62 A・ロドリゲス Yamalube Star Racing Yamaha +50.571 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第1戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 3 E・トマック Geico Honda Honda 50 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 44 DUNLOP user
3 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 34 DUNLOP user
4 23 W・パイク JGR Toyota Yamaha Yamaha 33  
5 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki 33 DUNLOP user
6 20 B・ティックル RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 28 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 47 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 47 DUNLOP user
3 66 C・オールドレッジ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 36 DUNLOP user
4 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha 33 DUNLOP user
5 62 A・ロドリゲス Yamalube Star Racing Yamaha 29 DUNLOP user
6 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 24 DUNLOP user