RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/6/6 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第4戦
テネシー州ブリストル/マディクリーク・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 28度 不明

450クラス ダンジー1位/2位! ロクスン3位/1位! ディフェンディングチャンピオンが反撃開始!




テネシー州ブリストルの郊外にある、マディクリーク・レースウェイは、古くから地方選手権が行われてきた由緒あるコースだ。
AMAプロモトクロスの開催となると今年で3回目にすぎないが、コース延長や土質改善を含めたアップデートが行われ、ローカルから全米選手権に相応しい会場へと変貌を遂げている。
AMAプロモトクロスの開催地は、アメリカ西海岸と北東部に集中していたが、このマディクリークの参入によって、1997年のゲインズビルを最後に空白となっていた南東部に重要な1戦が復活した。
 マディクリークの特徴は「天然の劇場」と称される地形にあり、緩やかな起伏を巡るコースの全容を見下ろせることから、観客からも高い評価を得ている。
今回のレイアウトの中では、連続するテーブルトップをまとめて飛び越すなど、文字通り劇的なシーンが見られるセクションが注目された。公式予選のタイムは、450クラスが1分51秒台、250クラスでは1分52秒台が上位を占めた。
 450クラスのヒート1では、ホールショットを取ったジャスティン・バーシア(ヤマハ)がスリップダウンし、フィル・ニコレッティ(ヤマハ)、ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)、ライアン・ダンジー(KTM)がトップを争った。
3周目にはダンジーが先頭に立ち、トップスリーの背後にはスタート6位から上がってきたケン・ロクスン(スズキ)がつけた。
 リーダーとなったダンジーは、毎周2秒単位で後続を引き離し、序盤にして独走態勢を築き上げた。
ニコレッティの脱落と入れ替わるように、アンダーソンとロクスンが2位争いを繰り広げたが、後半になるとロクスンのペースが落ちる。
こうしてダンジーが2勝目を挙げ、アンダーソン、ロクスンの順でチェッカーとなった。
 450クラスのヒート2では、ロクスンが見事なスタートトゥフィニッシュを演じた。序盤ロクスンの背後には、コール・シーリー(ホンダ)、ブレイク・バゲット(スズキ)が控えていたが、5周目にはスタートの出遅れを挽回してきたダンジーが2位に浮上。
10秒ほどのマージンを少しずつ削り取りロクスンに迫ったが、11周目の転倒でダンジーは2位に定着。
ヒート2のウィナーは、今季初優勝を遂げたロクスンとなった。


250クラス マーティンが総合優勝! ポイントリードを広げる!




250クラスのヒート1では、マービン・ムスキャン(KTM)が絶妙なスタートダッシュを見せ、アダム・シアンサルーロ(カワサキ)、ジェシー・ネルソン(KTM)、ジェレミー・マーティン(ヤマハ)が続いた。
ジェレミーの兄、アレックス・マーティン(ヤマハ)は、このところの不運の連鎖から抜け出せず、今回もスタート38位。
また、前戦から代役としてガイコに抜擢されたクリスチャン・クレイグ(ホンダ)も、スタート23位と出遅れた。
 レース序盤から独走を決め込むムスキャンは、後続とはレベルの違うスピードで逃げ、わずか5周で2位シアンサルーロに10秒差をつけた。
3位には僅差でネルソンが控えていたが、11周目にはマーティンに先行を許す。
そして13周目にはシアンサルーロが転倒し、マーティンが2位に浮上。
しかしトップのムスキャンには20秒弱の貯金があり、逃げ切りで今季4勝目をゲットした。
 250クラスのヒート2では、アーロン・プレシンジャー(ヤマハ)がオープニングラップをリード。
ネルソン、マーティン、シアンサルーロが続く。
だがヒート1の勝者、ムスキャンはスタート早々の転倒で、21位というハンディキャップを負っていた。
プレシンジャーは背後からのアタックに耐え、前半15分までレースリーダーを務めたが、8周目にはついにマーティンに先行された。
その後ペースが衰えたプレシンジャーは、7位まで後退していった。
 終盤はマーティン、ネルソン、シアンサルーロの間隔が広がり、トップスリーが単独走行のままフィニッシュ。
マーティンが今シーズン4度目の優勝を果たした。
この結果、総合優勝はマーティンが獲得(2位/1位)。
ランキング首位マーティンと2位ムスキャンの差は、6ポイントに広がった。
 一方の450クラスは、イーライ・トマック(ホンダ)の負傷離脱により、首位ダンジーのリードが37点となったが、負傷から回復途上のディフェンディングチャンピオン、ロクスンが片目を明けたことで存在感を増しつつある。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 35:09.170 DUNLOP user
2 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +27.595 DUNLOP user
3 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +31.183 DUNLOP user
4 46 P・ニコレッティ JGR Toyota Yamaha Yamaha +36.653  
5 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki +37.551 DUNLOP user
6 23 W・パイク JGR Toyota Yamaha Yamaha +45.722  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 34:59.726 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +08.895 DUNLOP user
3 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki +42.049 DUNLOP user
4 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +56.407 DUNLOP user
5 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda +1:01.351 DUNLOP user
6 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +1:07.564  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 36:01.260 DUNLOP user
2 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +18.401 DUNLOP user
3 28 J・ネルソン Troy Lee Designs Lucas Oil KTM +34.631 DUNLOP user
4 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +42.440 DUNLOP user
5 50 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +45.950 DUNLOP user
6 38 M・ビシェリア Geico Honda Honda +52.475 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 36:01.426 DUNLOP user
2 28 J・ネルソン Troy Lee Designs Lucas Oil KTM +05.990 DUNLOP user
3 50 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +09.352 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +11.226 DUNLOP user
5 80 R・ハンプシャー Geico Honda Honda +12.605 DUNLOP user
6 126 J・スミス Geico Honda Honda +17.273 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第4戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 175 DUNLOP user
2 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 138 DUNLOP user
3 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki 135 DUNLOP user
4 3 E・トマック Geico Honda Honda 125 DUNLOP user
5 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha 114  
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 112 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 175 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 169 DUNLOP user
3 28 J・ネルソン Troy Lee Designs Lucas Oil KTM 122 DUNLOP user
4 50 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 112 DUNLOP user
5 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 100 DUNLOP user
6 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 91 DUNLOP user