RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/6/13 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第5戦
ペンシルバニア州マウントモーリス/ハイポイント・レースウェイ
天気 気温 観客
晴れ一時くもり 28度 不明

450クラス ロクスンが今季初のオーバーオールウィン(2位/1位)!




 会場のマウントモーリスは、AMAプロモトクロスシリーズの中で最もヨーロッパ的コースと評され、自然の地形を生かした雄大なレイアウトが特徴の歴史あるコースだが、今年は大幅なコースレイアウト改修も行われ、ライダーや観客にとっても新鮮な印象を与えた。
当地はレース開催時の降水率が高く、今年も前夜に降雨があった。
そのため午前中のプラクティス時コースの所々でマディコンディションとなり、深いワダチやギャップを多く残すことになる。
 タイムドプラクティスでは、クリストフ・プーセル(ハスクバーナ)が、1分58秒446で450クラスのトップに。
250クラスでは、1分59秒793でマービン・ムスキャン(KTM)が最速だった。
元世界GP王者のフランス人ライダー2人が各クラスのポールポジションを獲得したことは、マウントモーリスがヨーロッパ的である所以を裏書きするエピソードになりそうだ。
 日差しのおかげでコースコンディションは徐々に回復したが、荒れたタフなコンディションに加え、湿度75%の蒸し暑さも加わり、ライダーには厳しいコンディションの中でのレースとなった。
 450クラスのヒート1、プーセルがトップでオープニングラップを通過。レース序盤は、ケン・ロクスン(スズキ)、ライアン・ダンジー(KTM)、ジャスティン・バーシア(ヤマハ)らが激しく順位を入れ替える展開となった。
中盤になるとダンジーを先頭に、2位ロクスン、3位プーセルに加え、450クラスルーキーのジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)が4位に浮上。
それぞれ単独走行のままダンジーがリードを保って優勝した。
 450クラスのヒート2では、この大会好調のプーセルがホールショット。後方はロクスン、ダンジー、バーシア、アンダーソンとヒート1で上位を占めた同じ顔ぶれが続く展開。
2周目にリズムセクションでミスをしたプーセルの隙を突いて、ロクスンがトップに立つとすぐさまダンジーも2位に浮上し、2人の差は2秒前後でレースは終盤を迎える。
 ダンジーが勝負を仕掛け、ロクスンとの差を1秒を切る距離まで縮めるも、周遅れにリズムを乱されミスを連発。
逆にロクスンにリードを許す形となる。最終的にロクスンは、2位ダンジーに約10秒の差を付けて優勝。
総合結果でもダンジーと同ポイントながらヒート2の結果を優先し、ディフェンディングチャンピオンのロクスンが、今シーズン初の総合優勝を獲得した。


250クラス ムスキャンがパーフェクト(1位/1位)! ランキング首位奪回!




 250クラスのヒート1では、ムスキャンがホールショットからレースをリード。ルーキーのRJ・ハンプシャー(ホンダ)、アダム・シアンサルーロ(カワサキ)、クリスチャン・クレイグ(ホンダ)と続く。
ディフェンディングチャンピオンのジェレミー・マーティン(ヤマハ)はスタートに失敗し、苦しい追い上げのレースとなった。
 トップのムスキャンは最大12秒のリードを広げると、後続との差をキープしたまま圧倒的なレースで優勝。
後方は、好スタートからのレースを戦い抜いたシアンサルーロが、キャリアベストの2位でフィニッシュ。
3位には序盤から続いたバトルでポジションを確実に上げてきたアレックス・マーティン(ヤマハ)が、弟のジェレミー・マーティンの猛追を1秒差で凌ぎチェッカーを受けた。
 250クラスのヒート2では、この大会での好調が目立つザック・オズボーン(ハスクバーナ)が、ホールショットからレースをリード。
だが2周目にトリプルジャンプでミスをし、リードをムスキャンに明け渡した。
ヒート1同様にムスキャンの独走かと思われたが、オズボーンやジョーイ・サバッチー(カワサキ)が、レース中盤まで2〜3秒差で後ろにつける展開。
またジェレミー・マーティンは、このレースでもスタートに失敗。
スタート直後の20位以下から再び厳しい追い上げを強いられた。
 レース終盤に入るとムスキャンは、2位オズボーンに対して徐々にリードを広げることに成功、このレースでも最大約10秒の大差をつけ今季6勝目、両ヒート完全制覇の総合優勝を獲得。
序盤から僅差のレースとなったオズボーンとサバッチーが2位と3位。
スタート出遅れから猛追を見せたジェレミー・マーティンがサバッチーの背後まで迫る4位に。
 ムスキャンは今回の完全優勝により、マーティンを逆転。
8ポイント差のポイントリーダーに再浮上した。
荒れたコースを得意とし、スタートも上位で安定しているムスキャンに対して、スピードはあるもののスタート失敗がリザルトに直結してしまうマーティンという、象徴的な展開が見られた一戦だった。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 34:30.037 DUNLOP user
2 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +04.094 DUNLOP user
3 377 C・プーセル Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +08.928 DUNLOP user
4 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +15.723 DUNLOP user
5 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +26.133  
6 20 B・ティックル RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +37.120 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 34:16.482 DUNLOP user
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +10.873 DUNLOP user
3 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +34.045 DUNLOP user
4 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +43.774  
5 377 C・プーセル Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +58.284 DUNLOP user
6 23 W・パイク JGR Toyota Yamaha Yamaha +1:00.631  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 34:45.165 DUNLOP user
2 50 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +05.535 DUNLOP user
3 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha +09.186 DUNLOP user
4 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +10.144 DUNLOP user
5 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +21.483 DUNLOP user
6 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +27.678 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 34:47.906 DUNLOP user
2 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +06.116 DUNLOP user
3 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +09.545 DUNLOP user
4 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +11.224 DUNLOP user
5 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha +29.120 DUNLOP user
6 126 J・スミス Geico Honda Honda +32.167 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第5戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 222 DUNLOP user
2 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 185 DUNLOP user
3 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 150 DUNLOP user
4 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha 148  
5 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki 145 DUNLOP user
6 20 B・ティックル RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 131 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 219 DUNLOP user
2 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 211 DUNLOP user
3 28 J・ネルソン Troy Lee Designs Lucas Oil KTM 146 DUNLOP user
4 50 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 143 DUNLOP user
5 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 135 DUNLOP user
6 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 129 DUNLOP user