RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/7/4 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第7戦
ミシガン州ブキャナン/レッドバッド
天気 気温 観客
晴れ 24度 不明

450クラス ダンジーが今季5勝目を挙げ、ランキング首位を独走!




AMAプロモトクロスのレッドバッド戦は、例年アメリカ独立記念日の前後に開催されるビッグイベントだが、今年はカレンダーの巡りがちょうど7月4日となったため、盛り上がり方も尋常ではなかった。盛夏に北米東部で行われるアウトドアモトクロスは蒸し暑いものだが、今年は気温が低めで比較的過ごしやすかった。

ほぼ全周を掘り起こしたザクザクの路面が、次第にワダチとギャップだらけになる難コース。最大の見せ場となる「ラロッコズ・リープ」は、隣州インディアナ出身のヒーロー、マイク・ラロッコにちなんだ特大のダブルジャンプだ。助走区間が登り坂になっているため、250で飛び越せるライダーは少数に限られている。

450クラスのタイムアタックは、ライアン・ダンジー(KTM)=2分00秒611、ケン・ロクスン(スズキ)=2分00秒623、クリストフ・プーセル(ハスクバーナ)=2分00秒742という接戦。250クラスのトップタイムは、ジェレミー・マーティン(ヤマハ)=2分02秒939だった。

450クラスのヒート1、オープニングラップのオーダーは、ジャスティン・バーシア(ヤマハ)、ダンジー、フィル・ニコレッティ(ヤマハ)、ウェストン・パイク(ヤマハ)。レース序盤はバーシアvsダンジーのトップ争いが僅差で展開され、後続を大きく引き離していった。6周目にはディフェンディングチャンピオンのロクスンが3位に浮上。そして8周目にはダンジーがバーシアをかわし、トップに躍り出た。レース後半はダンジーが5秒のセーフティリードを保って独走し、今季5勝目を挙げた。

450クラスのヒート2では、バーシア、ダンジー、プーセル、ロクスンが好スタート。序盤は上位4台が優勝圏内にとどまりそうな展開だったが、徐々にプーセルとロクスンの遅れが目立つようになる。レース中盤はバーシアとダンジーの間隔が2秒差に広がり、各々2分04〜05秒台の周回が続いた。しかし終盤に差しかかると、ダンジーが03秒台のスパートで再接近。ファイナルラップを示すホワイトフラッグが振られると、ダンジーの逆転に期待が集まったが、ドラマは起こらずにチェッカーとなった。

この結果、ダンジーが今大会最多得点(バーシアと同点)を加算し、シリーズポイントリーダーの座をキープ。ランキング2位ロクスンに対するアドバンテージは、44点に増大した。


250クラス ジェレミー・マーティンが完全優勝! ポイントリーダーに返り咲く!




250クラスのヒート1では、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)がホールショットを取ったが、オープニングラップの中ほどで転倒。さらにマット・ビシェリア(ホンダ)も、好スタートを切りながら転倒。開始早々荒れ気味の上位陣は、マーティンを先頭にクーパー・ウェブ(ヤマハ)、ジェイス・オウエン(ホンダ)、マービン・ムスキャン(KTM)、ザック・オズボーン(ハスクバーナ)という順に整理された。

6周目にはラロッコズ・リープを一気に飛び越したウェブが、マーティンをかわしてトップに躍り出た。マーティンはその後ムスキャンの先行を許したが、再度2位に復帰するとクーパーを追走した。20分過ぎには4秒あったビハインドを挽回し、マーティンは大詰めを迎える頃にはテールトゥノーズに持ち込む。そしてファイナルラップでウェブを抜き去ると、ラロッコズ・リープを飛んで僚友を突き放した。スターレーシング同士による優勝争いは、こうしてマーティンが快勝。3位オズボーンに続いて、ポイントリーダーのムスキャンは4位にとどまった。

250クラスのヒート2は、クリスチャン・クレイグ(ホンダ)のホールショットで幕を開けた。好スタートを切ったダコタ・アリックス(KTM)は、1周目途中でリタイアとなり、2位以下にはムスキャン、ウェブ、マーティン、ビシェリアと続く。3周目にはウェブが2位へ、7周目にはマーティンが3位へ浮上。ガイコホンダのピンチヒッターとして、第3戦から参戦しているクレイグの背後に、スターレーシングの2人が迫る形となった。

レースのハーフウェイポイントを過ぎたところで、ウェブがクレイグに代わってトップに浮上。レースリーダーのマージンは4.3秒まで広がった。その一方でクレイグvsマーティンの2位争いが激しくなり、25分過ぎにはテールトゥノーズとなる。そして迎えた14周目、トップを独走していたウェブが転倒。そこへ差しかかったクレイグの勢いが削がれた隙に、マーティンがトップに浮上し、残る3周を逃げ切って優勝した。

クレイグは、スタート8位から追い上げてきたオズボーンにも抜かれて3位。ウェブは5位でチェッカーを受けた。赤ゼッケンを付けていたムスキャンは、今大会は4位/6位にとどまった。この結果、完全優勝(1位/1位)を遂げたマーティンが、ランキング首位に再浮上している。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 35:07.959 DUNLOP user
2 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +03.232  
3 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +12.221 DUNLOP user
4 20 B・ティックル RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +39.411 DUNLOP user
5 23 W・パイク JGR Toyota Yamaha Yamaha +41.725  
6 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki +54.471 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha 35:10.332  
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +01.651 DUNLOP user
3 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +37.824 DUNLOP user
4 377 C・プーセル Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +45.661 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +57.501 DUNLOP user
6 23 W・パイク JGR Toyota Yamaha Yamaha +1:00.053  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 35:15.391 DUNLOP user
2 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +02.991 DUNLOP user
3 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +20.491 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +22.182 DUNLOP user
5 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha +22.807 DUNLOP user
6 68 C・クレイグ Geico Honda Honda +27.686 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 36:07.762 DUNLOP user
2 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +04.947 DUNLOP user
3 68 C・クレイグ Geico Honda Honda +08.775 DUNLOP user
4 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha +12.860 DUNLOP user
5 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +19.927 DUNLOP user
6 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +22.506 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第7戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 303 DUNLOP user
2 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 259 DUNLOP user
3 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha 240  
4 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki 212 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 197 DUNLOP user
6 20 B・ティックル RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 190 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 298 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 291 DUNLOP user
3 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 207 DUNLOP user
4 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 191 DUNLOP user
5 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha 188 DUNLOP user
6 28 J・ネルソン Troy Lee Designs Lucas Oil KTM 188 DUNLOP user