RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/7/18 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第8戦
ミネソタ州ミルビル/スプリングクリーク・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 31度 不明

450クラス ダンジーが地元でパーフェクトウィン!




ミルビルのスプリングクリーク・モトクロスパークは、例年にも増して盛り上がっていた。
今大会に臨むポイントリーダーが、2人とも地元ミネソタ州出身者だったからだ。
450はライアン・ダンジー(KTM)、250ではジェレミー・マーティン(ヤマハ)が、各々首位を表すレッドプレートを保持している。
両クラス制覇を期待するミネソタのファンにとっては、前祝いのようなビッグイベントになった。
ちなみにこの会場はマーティン兄弟の両親がオーナーで、コース脇に実家がある。

スプリングクリーク・モトクロスパークは、川沿いの低地を走る前半はサンド質、きついアップダウンが続く後半はハード路面という多様性を持ったコースだ。
今回は前夜に降った雨で午前中はマディとなったが、強い日差しとコース整備を受けてコンディションは回復へと向かった。
ただし、通常はプラクティス後に行われるラストチャンスレースがキャンセルされ、タイムアタック上位40人が決勝レースに進んだ。

450クラスの予選ベストスリーは、ダンジー=2分21秒826、ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)=2分22秒276、クリストフ・プーセル(ハスクバーナ)=2分23秒361。
250クラスは、マーティン=2分24秒117、マービン・ムスキャン(KTM)=2分27秒303、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)=2分28秒399。
地元ミネソタ勢が両クラスを席巻する勢いだった。

450クラスのヒート1では、ダンジーがオープニングラップ中に先頭に立ち、ジャスティン・バーシア(ヤマハ)、フィル・ニコレッティ(ヤマハ)、ケン・ロクスン(スズキ)が続いた。
ダンジーは徐々にバーシアを引き離し、最大8秒ほどのマージンを蓄えた。
終盤になると、ダンジー、バーシア、ロクスンのトップスリーが各々単独走行の末にフィニッシュ。今季6勝目を挙げたダンジーであった。

450クラスのヒート2では、バーシアが先行し、ダンジー、アンダーソン、フレドリック・ノリアン(ホンダ)が追いかけた。
バーシアは十分なリードを確保できないままダンジーの追撃を許し、4周目にはリーダーが入れ替わった。レース前半は僅差のトップ争いが見られたが、20分を経過する頃にはダンジーの独走態勢が固まる。
こうして1〜2位はヒート1と同じ顔ぶれとなり、3位にはロクスンをかわしたブレイク・バゲット(スズキ)が入賞した。
今シーズンは片方のヒートしか勝てなかったダンジーだが、ようやく完全優勝を達成。地元のミルビルでベストリザルトを得た。


250クラス ウェブが今季初の総合優勝(1位/2位)をゲット!




250クラスのヒート1では、RJ・ハンプシャー(ホンダ)がホールショット。
ムスキャンを挟んで、アレックス・マーティン(ヤマハ)が3位につけたが、オープニングラップ半ばで転倒。2周目にリーダーとなったムスキャンも、3周目にマディスポットにはまり、10位まで脱落してしまった。
目まぐるしく入れ替わるトップ争いに参入してきたのは、スタート6位から追い上げたクーパー・ウェブ(ヤマハ)。4周目にハンプシャーをかわして先頭に立つと、徐々にリードを広げた。

レース中盤になると、序盤から飛ばしすぎたハンプシャーのペースが衰え、2位サバッチー、3位ジェレミー・マーティンというオーダーに入れ替わる。
マーティンはディフェンディングチャンピオン、ポイントリーダー、ホームタウンヒーローなどいくつもの肩書きを背負っていたが、このヒートではチームメイトのウェブの方が波に乗っていた。
終盤は4〜5秒のリードを維持したウェブが、今シーズン初優勝をマーク。
マーティンは2位サバッチーをなかなか攻略できず、3位でチェッカーを受けた。

250クラスのヒート2では、ジェレミー・マーティンがホールショットを奪い、その後にウェブ、サバッチー、ムスキャンが続いた。
路面の変化を知り尽くしている地元のマーティンは、1周2秒ずつウェブを突き放す快進撃で、あっという間に独走態勢を作り上げた。
ウェブは2位フィニッシュで総合優勝が見込めるので、マーティンを深追いせずに現状をキープする作戦に切り替えたようだ。
3位にはムスキャンが浮上したが、ウェブを捉えることができないまま時間が経過。
結局マーティンが25秒の大差で優勝し、2位ウェブ、3位ムスキャン、4位サバッチーの順でチェッカーとなった。

オーバーオールではウェブが優勝(1位/2位)、マーティンは総合2位(3位/1位)だったが、チャンピオン争い中のムスキャンが総合4位(8位/3位)にとどまったため、マーティンのポイントリーリードは19点に広がった。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 36:52.801 DUNLOP user
2 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +04.469  
3 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +13.958 DUNLOP user
4 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki +38.934 DUNLOP user
5 20 B・ティックル RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +1:00.766 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +1:13.618 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 36:45.176 DUNLOP user
2 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +05.148  
3 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki +23.419 DUNLOP user
4 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +32.344 DUNLOP user
5 39 F・ノリアン Motosport.com Crossland Honda +36.659 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +54.300 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 35:23.035 DUNLOP user
2 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +01.860 DUNLOP user
3 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +02.986 DUNLOP user
4 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha +21.768 DUNLOP user
5 80 R・ハンプシャー Geico Honda Honda +44.861 DUNLOP user
6 157 A・プレスィンジャー Yamalube Star Racing Yamaha +48.697 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 34:45.698 DUNLOP user
2 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +25.182 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +30.783 DUNLOP user
4 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +34.936 DUNLOP user
5 126 J・スミス Geico Honda Honda +37.366 DUNLOP user
6 40 S・マケラス Troy Lee Designs Lucas Oil KTM +39.326 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第8戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 353 DUNLOP user
2 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 297 DUNLOP user
3 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha 284  
4 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki 250 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 227 DUNLOP user
6 20 B・ティックル RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 220 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 343 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 324 DUNLOP user
3 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 235 DUNLOP user
4 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 231 DUNLOP user
5 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha 213 DUNLOP user
6 28 J・ネルソン Troy Lee Designs Lucas Oil KTM 205 DUNLOP user