RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/7/25 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第9戦
ワシントン州ワシューガル/ワシューガル・モトクロスパーク
天気 気温 観客
雨のち曇り 18度 不明

450クラス 得意のワシューガルをダンジーが制す(2位/1位)!




オレゴンとワシントンの州境近くにあるワシューガル・モトクロスパークは、針葉樹に囲まれた美しいマウンテンコース。自然の地形を利用したアップダウンと、大小のジャンプ、長いフープスなどがレイアウトの特徴だが、その中でも「ホースパワーヒル」の異名を取る長い登り坂は、ワシューガルを象徴する馬力勝負の名所となっている。

会場の美しさとは裏腹に、硬く滑りやすい黒土の路面は多くのライダーを悩ませる要素の一つだったが、サンドやおが屑を混ぜ合わせることで土質改善が試みられてきた。今年は生憎の空模様で、朝から霧雨が降り止まず、決勝レースが行われる午後には、少々雨量が増える時間帯もあった。前述のように硬くて滑りやすい土質であるため、雨が降ってもマディ用タイヤではなくソフト用タイヤが好まれる傾向にある。

今大会の話題としては、長期欠場していたトレイ・カナード(ホンダ)、アーヌー・トヌス(カワサキ)らが戦列に復帰したこと。そして、富田俊樹(ホンダ)のスポット参戦が挙げられる。富田はワシューガル、ユナディラ、ソルトレイクシティの3大会に限り、モトスポーツ・クロスランド・レーシングのサポートを得て出場する。

タイムドプラクティスは路面状況が悪化する中で行われたため、ベストラップは1回目のセッションから生まれた。450クラストップは、ケン・ロクスン(スズキ)の2分12秒687。250クラスでは、ジェレミー・マーティン(ヤマハ)の2分10秒001が最速だった。

450クラスのヒート1、オープニングラップのオーダーは、ジャスティン・バーシア(ヤマハ)、フィル・ニコレッティ(ヤマハ)、クリストフ・プーセル(ハスクバーナ)、ライアン・ダンジー(KTM)。注目のカナードは、5位走行中の4周目に転倒で脱落した。

5周目にはプーセルが2位、ダンジーが3位に各々ポジションアップしたが、バーシアはすでに16秒ほどのリードを持って逃げ切り態勢。後半になるとダンジーが2位に浮上したが、1〜3位の間隔は広がるばかりで、バーシア、ダンジー、プーセルの順でチェッカーを受けた。

450クラスのヒート2では、序盤からバーシア、ダンジー、ロクスンによるトップ争いが展開された。背後には徐々に大きなマージンが広がっていったが、上位3台は僅差のバトルを繰り広げた。後半になるとロクスンのペースが衰え、優勝争いからは脱落。そして迎えた13周目に、トップのバーシアが転倒し、その脇をすり抜けたダンジーが優勝。オーバーオールはダンジーが勝ち取った(2位/1位)。


250クラス ウェブ2位/1位! ムスキャン1位/2位!




250クラスのヒート1は、クリスチャン・クレイグ(ホンダ)のホールショットで始まった。背後にはクーパー・ウェブ(ヤマハ)、マービン・ムスキャン(KTM)、ミッチェル・オールデンバーグ(KTM)、そしてトヌスが続く。一方ポイントリーダーのマーティンは、スタート13位と出遅れ、前走車が巻き上げる泥をかぶりながらの苦しいレースとなった。

3周目にはクレイグが転倒を喫し、ウェブ、ムスキャン、トヌスというトップ3に入れ替わる。レースが後半に差しかかる頃には、2台に絞られたトップ争いが激しさを増し、11周目にはムスキャンがウェブをリーダーの座から引きずり下ろす。接触やコースアウトが多発したバトルにもこうして決着が付き、ムスキャンが先勝。ポイントリーダーのマーティンは、9位にとどまった。

250クラスのヒート2では、マーティンが見事なホールショットを決めたが、1周目にウェブの先行を許した。チームメイト同士によるトップ争いが、1〜2秒差で繰り広げられる一方、やや間隔を置いたセカンドグループには、ムスキャン、アーロン・プレシンジャー(ヤマハ)、クレイグが控えていた。

僅差のトップ争いに決着が付いたのは、レース終盤の11周目。スイッチバックセクションでウェブをかわし、マーティンがトップに躍り出た。しかしその2周後にマーティンが単独転倒を喫し、ウェブとムスキャンに抜かれてしまう。ヒート2の着順はウェブ、ムスキャン、マーティン、プレシンジャーとなった。総合優勝はウェブ(2位/1位)が掌中に収めた。

注目の富田はヒート1、スタート17位から一時13位まで浮上したが、17位でチェッカーを受けた。ヒート2では、11位ザック・オズボーン(ハスクバーナ)や、13位ジャスティン・ヒル(KTM)と競り合った末、12位に躍進した富田であった。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha 37:10.257  
2 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +29.523 DUNLOP user
3 377 C・プーセル Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +51.200 DUNLOP user
4 46 P・ニコレッティ JGR Toyota Yamaha Yamaha +57.142  
5 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki +58.750 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +58.956 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 36:17.458 DUNLOP user
2 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +06.757  
3 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +18.963 DUNLOP user
4 23 W・パイク JGR Toyota Yamaha Yamaha +53.477  
5 377 C・プーセル Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +53.673 DUNLOP user
6 46 P・ニコレッティ JGR Toyota Yamaha Yamaha +1:12.964  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 36:05.331 DUNLOP user
2 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +02.305 DUNLOP user
3 200 A・トヌス Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +33.193 DUNLOP user
4 68 C・クレイグ Geico Honda Honda +35.285 DUNLOP user
5 157 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha +40.909 DUNLOP user
6 28 J・ネルソン Troy Lee Designs Lucas Oil KTM +42.966 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 35:12.418 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +05.063 DUNLOP user
3 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +28.219 DUNLOP user
4 157 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha +33.563 DUNLOP user
5 68 C・クレイグ Geico Honda Honda +43.424 DUNLOP user
6 40 S・マケラス Troy Lee Designs Lucas Oil KTM +47.245 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第9戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 400 DUNLOP user
2 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha 331  
3 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 331 DUNLOP user
4 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki 275 DUNLOP user
5 377 C・プーセル Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 247 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 242 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 375 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 371 DUNLOP user
3 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 259 DUNLOP user
4 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 240 DUNLOP user
5 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha 233 DUNLOP user
6 28 J・ネルソン Troy Lee Designs Lucas Oil KTM 233 DUNLOP user