RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/8/15 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第11戦
ユタ州ソルトレイクシティ/ミラー・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 32度 不明

450クラス ダンジーがチャンピオンに輝く! ダンロップ6連覇!




ユタ州ソルトレイクシティ郊外、海抜1,300mの高地にあるミラー・モータースポーツパーク。2006年にオープンしたこの多目的サーキットでは、NASCARやロードレースが行われてきたが、2013年からはAMAプロモトクロスが開催されるようになった。すぐ近くには最高速記録であまりにも有名な、ボンネビル・ソルトフラッツ(塩湖の跡地)がある土地柄で、モータースポーツに対する関心は非常に高い。

サーキットのインフィールドに設けられたモトクロスコースは、初開催の一昨年以来の基本型を踏襲しながらも、細かいレイアウト変更を受けてきた。平坦な地形を感じさせないほど大量の土を盛り、勾配やジャンプなど作られているが、年々ハイスピード化している。タイムドプラクティスでは、両クラスのポイントリーダーが積極的なアタックの末に、各々ポールポジションを得た。450クラスではライアン・ダンジー(KTM)が1分55秒623、250クラスではジェレミー・マーティン(ヤマハ)が1分55秒994が最速。全日本モトクロスのインターバルにスポット参戦中の富田俊樹(ホンダ)は、2分04秒957をマークして250クラスの予選を20位で通過した。

450クラスのヒート1では、ジャスティン・バーシア(ヤマハ)をかわしたケン・ロクスン(スズキ)が、オープニングラップのリーダーとなった。4周目にはダンジーがバーシアを抜いて2位に浮上、トップ2台が徐々に後続を引き離し一騎打ちとなった。20分すぎにはテールトゥノーズとなり、14周目にダンジーがロクスンを攻略。そのまま逃げ切ったダンジーが優勝、ロクスンが2位、そしてブロック・ティックル(スズキ)が3位でフィニッシュした。

この時点でダンジーのポイントリードは、2位バーシアに対して88点となり、今シーズンの残り3ヒートの結果を待たずにタイトルが確定した。ダンジーのチャンピオンシップは、2009年(250)、2010年、2012年(450)に続き4個目。

450クラスのヒート2は、ロクスン、ダンジー、バーシアがオープニングラップの上位を占めた。その後方にはディーン・ウィルソン(KTM)、ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)が控えていたが、次第に遅れが目立つようになった。序盤はロクスンが3秒ほどリードを広げたが、ダンジーが巻き返して13周目には逆転。その後は独走に持ち込んだダンジーが優勝し、チャンピオン決定戦を最高の形で締め括った。


250クラス マーティン(3位/1位)vsムスキャン(1位/3位)互い譲らず大接戦!




250クラスのヒート1では、ジョーダン・スミス(ホンダ)がホールショットを取ったが、すぐにジェシー・ネルソン(KTM)がリーダーとなった。タイトル争いが注目されるマービン・ムスキャン(KTM)は、出遅れて8〜9位辺り。一方のマーティンは1コーナーでのマルチクラッシュに巻き込まれ、オープニング24位というハンディキャップを背負ってしまった。

5周目にはリーダーがRJ・ハンプシャー(ホンダ)に替わったが、やがて2位にはムスキャンが浮上し、3位にはスタート16番手から挽回してきたクーパー・ウェブ(ヤマハ)が迫る。9周目以降はハンプシャーを抜き去ったムスキャンとウェブがデッドヒートを繰り広げた。しかし、12周目にウェブが転倒してムスキャンの独走を許し、大差でチェッカー。3位にはマーティンが食い込んだので、ムスキャンには逆転されながらも僅差で残る形となった。

250クラスのヒート2は、2周目に赤旗が出て再スタートが実施された。中断された幻の1周目では、マーティンが1位、ムスキャンが5位だったが、再スタート後はムスキャンがホールショット、マーティンが5位という正反対の展開になった。ムスキャンはウェブに先行されたが、離されずに追走。やがて3位まで浮上してきたマーティンを交え、ウェブ、ムスキャン、マーティンによる三つ巴のバトルに発展する。

レース中盤の9周目には、マーティンがムスキャンを抜いて2位に浮上。10周目にはチームメイトの接近に気付いたウェブが譲る形で、マーティンがトップに躍り出た。終盤はトップスリーが縦に広がり、各々単独走行の末にチェッカー。総合的にはマーティンが3位/1位、ムスキャンが1位/3位だったため、両者のポイント差はマーティンの2点リードに戻り、チャンピオン争いは僅差のまま最終戦に持ち込まれることになった。

富田はスポット参戦最後となる今大会で、15位/13位と健闘した。現時点の250ランキング25位に名前を残している。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 34:35.699 DUNLOP user
2 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +04.331 DUNLOP user
3 20 B・ティックル RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +21.842 DUNLOP user
4 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki +24.181 DUNLOP user
5 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +30.397  
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +40.217 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 35:00.670 DUNLOP user
2 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +08.862 DUNLOP user
3 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +34.012  
4 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki +46.991 DUNLOP user
5 15 D・ウィルソン Red Bull KTM KTM +55.200 DUNLOP user
6 41 T・カナード Team Honda HRC Honda +57.017 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 35:44.867 DUNLOP user
2 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +10.039 DUNLOP user
3 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +26.944 DUNLOP user
4 157 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha +31.539 DUNLOP user
5 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +40.582 DUNLOP user
6 38 M・ビシェリア Geico Honda Honda +41.883 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 35:20.116 DUNLOP user
2 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +08.338 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +18.857 DUNLOP user
4 157 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha +30.972 DUNLOP user
5 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +47.074 DUNLOP user
6 38 M・ビシェリア Geico Honda Honda +48.329 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第11戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 5 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 500 DUNLOP user
2 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha 407  
3 1 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 402 DUNLOP user
4 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki 333 DUNLOP user
5 377 C・プーセル Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 291 DUNLOP user
6 20 B・ティックル RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 287 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 461 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 459 DUNLOP user
3 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 310 DUNLOP user
4 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 305 DUNLOP user
5 28 J・ネルソン Troy Lee Designs Lucas Oil KTM 288 DUNLOP user
6 31 A・マーティン Rock River Yamaha Yamaha 287 DUNLOP user