RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
ロードレース アジア選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

アジアロードレース
CATEGORY
■ 2015/7/1-5 第3戦 アジアロードレース選手権 日本
天気 気温 観客
- - -

伊藤勇樹選手(ヤマハ)と高橋裕紀選手(ホンダ)二人のユウキが鈴鹿の勝利を分け合う。


 

 

アジアロードレース選手権第3戦日本ラウンドは、鈴鹿サーキットで開催された。
セッション毎に変わる天候、路面状況はテクニカルな鈴鹿サーキットをさらに難しくさせ、走り込んだ日本人ライダーに有利な状況となった。予選は高橋選手がポール、伊藤選手が2位、稲垣選手が3位という顔ぶれで決勝に挑む。


Race1
通常は日曜日に2回行われるSS600の決勝だが、今大会はサポートレースが多く土曜日にレース1,日曜日にレース2が行われる変則となった。 雨が降る中で行われたレース1、ポールスタートの高橋がレースをリード。
伊藤選手、稲垣選手と予選順に続き、小山選手(ホンダ)、芳賀選手(スズキ)、岡村選手(カワサキ)と日本勢がトップグループを形成する。
中盤からは高橋選手と伊藤選手のマッチレースとなり3位グループを引き離すが、高橋選手がウエット路面でペースアップ、伊藤選手も引き離していく。
独走状態で逃げる高橋選手だったがウエット路面で転倒、代わって高橋選手がトップに立つ。
小山選手、芳賀選手を従えてトップチェッカー、日本人が鈴鹿の表彰台を独占した。


Race2
日曜日は雨があがり曇り空が鈴鹿を被う。陽射しはないがレース2スタートの頃にはドライコンディションとなりスリックタイヤがグリッドに並んだ。
レース1で表彰台を獲得した芳賀選手がスタートダッシュを決める。
しかしすぐに伊藤選手と高橋選手、稲垣選手が前に出てトップ4となる。
ウエットパッチが残る路面だが基本的にはドライ。
しかし雨の週末でドライセッティングを詰める時は無く、走り慣れた日本人選手がレースをリードしていく。
中盤で伊藤選手をパスした高橋選手は慎重にラップを重ねてトップフィニッシュ。
ファイナルラップのシケインで伊藤選手を捉えた小山選手が2位、レース2も日の丸が3本あがった。

 


今回のアジアドリームカップはアジアドリーム エンデュランス レースとして2時間耐久で開催。
鈴鹿サンデーロードレースの一環となったこのレースには多くの日本人選手が参戦した。
通常のアジアドリームカップに参戦している選手 達は同国同士でチームを組み、ピットイン作業やライダーチェンジ等耐久レースの経験を積む事を目的とされている。
普段はライバルである「二人のナカムラ」中村大輝選手と仲村優佑選手も同じチームとして戦い、予選は4番手だった。
10時30分ル・マン式スタートで始まった決勝はウエットコンディションで多くの転倒車が続出した。
レース中盤ライダーチェンジ後トップに立った前田誠司/岡田義治選手組がそのままトップでフィニッシュ。
中村大輝選手/仲村優佑選手組はゴール直前のシケインで転倒するが、すぐに再スタートを切り7位フィニッシュ。
アジアドリーム勢の中でトップだった。



 

今年から新設されたこのクラス、第3戦にして初めてパーフェクトウイナーが誕生した。
レース1・2ともに勝利した山本剛大(たけひろ)選手(カワサキ)はフリー走行、予選、ウオームアップ、すべてのセッションを制圧した。
ホンダ勢のチームメイト、アピワット選手とナカリン選手とのバトルとなった日本ラウンド。
ホームコース鈴鹿で気合いが入りすぎハードプッシュしすぎてミスもあったという山本選手だが、連勝によりランキングトップのアピワット選手に2ポイント差まで迫りシーズンを折り返した。


日本ラウンド鈴鹿は、育成プログラム『スズキ・アジアン・チャレンジ』をプロデュースする加賀山就臣氏にとっても唯一のホームレースとなる。そして母国に戻ってきた村瀬選手が輝いたラウンドとなった。
土曜日に開催したレース1は、雨が降るヘビーウエットで転倒が続出。
混戦をグナワン選手が制し、村瀬選手は2位で終えた。
ほぼドライになった日曜日のレース2では序盤にトップに立った村瀬選手がそのままフィニッシュ、初の日本人ウイナーとなった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 伊藤 勇樹 PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `32.16.873 DUNLOP user
2位 小山 知良 T.Pro Yuzy Honda NTS Honda `32.24.233 DUNLOP user
3位 芳賀 紀行 Team Kagayama Suzuki Asia Suzuki `32.25.549 DUNLOP user
4位 Dimas Ekky Pratama Astra Honda Racing Team Honda `32.39.770 DUNLOP user
5位 Hazlanshah Md Noor BikeART Racing Kawasaki Kawasaki `32.41.941 DUNLOP user
6位 Mark Aitichson YellowCorm Akeno Speed Racing Yamaha `32.42.313 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 高橋 裕紀 MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda `29.04.409 DUNLOP user
2位 小山 知良 T.Pro Yuzy Honda NTS Honda `29.05.859 DUNLOP user
3位 伊藤 勇樹 PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `29.06.219 DUNLOP user
4位 稲垣 誠 YellowCorm Akeno Speed Racing Yamaha `29.13.166 DUNLOP user
5位 芳賀 紀行 Team Kagayama Suzuki Asia Suzuki `29.24.284 DUNLOP user
6位 Mark Aitichson YellowCorm Akeno Speed Racing Yamaha `29.26.363 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー タイム  
1位 前田誠司/岡田義治

日本

Honda 2:01'26.884 DUNLOP user
2位 安冨成士/福井宏至 日本 Honda 2:01'28.966 DUNLOP user
3位 久保直諒/西澤耕治 日本 Honda 2:01'46.921 DUNLOP user
4位 長谷川聖/村田憲彦 日本 Honda 2:01'47.004 DUNLOP user
5位 櫻井芽依/片山千彩都 日本 Honda 2:02'27.733 DUNLOP user
6位 田尻悠人/菅原陸 日本 Honda 2:03'04.117 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Norizman Ismail Harian Metro Y Teq SCK Honda Honda `18.33.199 DUNLOP user
2位 Gupita Kresna Wardhana Manual Tech KYT Rextor Kawasaki `18.44.552 DUNLOP user
3位 Sasitharen Sukumaran T.Pro Yuzy Honda NTS Honda `18.44.831 DUNLOP user
4位 Md Fareez Afeerz FELDA P8 Racing Yamaha `18.56.788 DUNLOP user
5位 Wahyu Aji Trilaksana Faito Factory Racing Yamaha `19.04.996 DUNLOP user
6位 Anggi Permana Putera Faito Factory Racing Yamaha `19.05.475 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Ferlando Herdian BKMS Indonesia Racing Team Yamaha `16.55.718 DUNLOP user
2位 Md Affendi Rosli PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `16.56.153 DUNLOP user
3位 Gupita Kresna Wardhana Manual Tech KYT Rextor Kawasaki `16.56.384 DUNLOP user
4位 Wahyu Aji Trilaksana Faito Factory Racing Yamaha `16.56.385 DUNLOP user
5位 Anggi Permana Putera Faito Factory Racing Yamaha `16.56.597 DUNLOP user
6位 Md Azam Omar PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `16.56.630 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Takehiro Yamamoto TRICKSTAR Racing Kawasaki `22.03.084 DUNLOP user
2位 Apiwat Wongthananon AP Honda Racing Thailand Honda `22.05.316 DUNLOP user
3位 Ryunosuke Hyodo TRICKSTAR Racing Kawasaki `22.12.477 DUNLOP user
4位 Galang Hendra Pratama Yamaha Factory Racing Indonesia Yamaha `22.34.721 DUNLOP user
5位 Ayumu Tanaka YellowCorm Akeno Speed Racing Yamaha `22.40.578 DUNLOP user
6位 Sigit Purno Harjono Yamaha Factory Racing Indonesia Yamaha `22.40.796 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Takehiro Yamamoto TRICKSTAR Racing Kawasaki `20.47.538 DUNLOP user
2位 Nakarin Atiratphuvapat AP Honda Racing Thailand Honda `20.52.474 DUNLOP user
3位 Apiwat Wongthananon AP Honda Racing Thailand Honda `20.52.534 DUNLOP user
4位 Ayumu Tanaka YellowCorm Akeno Speed Racing Yamaha `20.52.828 DUNLOP user
5位 Ryunosuke Hyodo TRICKSTAR Racing Kawasaki `20.53.122 DUNLOP user
6位 R.C.Ratukore Yamaha Factory Racing Indonesia Yamaha `21.02.894 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Andreas Gunawan   Suzuki `16.26.671 DUNLOP user
2位 Takeru Murase   Suzuki `16.29.477 DUNLOP user
3位 April King H. Mascardo   Suzuki `16.30.638 DUNLOP user
4位 Muhammad Zulhilmi Yazid   Suzuki `16.39.539 DUNLOP user
5位 Mario U.Borbon Jr.   Suzuki `16.43.589 DUNLOP user
6位 Lorenzo D.Rellosa lll   Suzuki `16.43.808 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Takeru Murase   Suzuki `14.58.491 DUNLOP user
2位 Patis Chooprathet   Suzuki `15.02.616 DUNLOP user
3位 Andreas Gunawan   Suzuki `15.06.860 DUNLOP user
4位 Muhammad Zulhilmi Yazid   Suzuki `15.15.862 DUNLOP user
5位 Kai Saito   Suzuki `15.16.264 DUNLOP user
6位 N.I.Muhammad Baharuddin   Suzuki `15.16.270 DUNLOP user

第3戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小山 知良 T.Pro Yuzy Honda NTS Honda 81 DUNLOP user
2位 高橋 裕紀 MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda 77 DUNLOP user
3位 伊藤 勇樹 PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha 67 DUNLOP user
4位 Dimas Ekky Pratama Astra Honda Racing Team Honda 66 DUNLOP user
5位 M.Fadli lmammuddin Astra Honda Racing Team Honda 63 DUNLOP user
6位 Ahmad Yudhistira Manual Tech KYT Kawasaki Kawasaki 58 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー ポイント  
1位 Muklada Sarapuech タイランド Honda

111.5

DUNLOP user
2位 仲村 優佑 日本 Honda 105.5 DUNLOP user
3位 中村 大輝 日本 Honda 81.5 DUNLOP user
4位 Yogha Dio Syachputra インドネシア Honda 49.5 DUNLOP user
5位 Md Febriansyah インドネシア Honda 45.5 DUNLOP user
6位 Arsyad Rusydi Shaharum シンガポール Honda 42 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー ポイント  
1位 Apiwat Wongthananon AP Honda Racing Thailand Honda 106 DUNLOP user
2位 Takehiro Yamamoto TRICKSTAR Racing Kawasaki 104 DUNLOP user
3位 Nakarin Atiratphuvapat AP Honda Racing Thailand Honda 69 DUNLOP user
4位 Vorapong Malahuan AP Honda Racing Thailand Honda 58 DUNLOP user
5位 Ryunosuke Hyodo TRICKSTAR Racing Kawasaki 56 DUNLOP user
6位 Ayumu Tanaka YellowCorm Akeno Speed Racing Yamaha 44 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー ポイント  
1位 Andreas Gunawan   Suzuki 106 DUNLOP user
2位 Patis Chooprathet   Suzuki 90 DUNLOP user
3位 Takeru Murase   Suzuki 74 DUNLOP user
4位 Md Zuihilmi Yazid   Suzuki 71 DUNLOP user
5位 April King H.Mascardo   Suzuki 54 DUNLOP user
6位 Adhi Chandra   Suzuki 52 DUNLOP user