RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
ロードレース アジア選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

アジアロードレース
CATEGORY
■ 2015/9/30-10/3 第5戦 アジアロードレース選手権 カタール
天気 気温 観客
- - -

高橋裕紀選手(ホンダ)がパーフェクトウインでチャンピオンに王手!


 

アジアロードレース選手権第5戦は中東カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで開催された。
日中には気温45℃を超えるカタールではMotoGPと同様ナイトレースで決勝が行われるが、予選は午後3時から。
過酷なコンディションだが高橋選手(ホンダ)がポールポジションを獲得した。


Race1
ホールショットを奪ったのは予選3位の小山選手(ホンダ)、高橋選手はユディスティラ選手(カワサキ)と2番手争いを演じる。
レース序盤ではトップ3に羽田選手(ホンダ)が加わり、一時は高橋選手をかわして羽田選手が3位にあがる。
しかし8周目その羽田選手が小山選手に接触、2台とも転倒・リタイヤしてしまう。
この間に高橋選手がトップに抜け出しサワンサワット選手とウイライロー選手が2位争い、ホンダ勢のトップ3となった。
レース終盤残り3周の時点で今度はウイライロー選手が転倒。
カワサキのユディスティラ選手が3位に浮上、そのままの順位でフィニッシュし高橋選手が優勝を飾った。


Race2
ホールショットを決めたのは今度も小山選手、しかしレース序盤は高橋選手、ウイライロー選手、伊藤選手(ヤマハ)、ユディスティラ選手がトップグループを形成する。
中盤では高橋選手とユディスティラ選手が抜け出し二人のマッチレースとなっていく。
セカンドグループではザイディ選手(ホンダ)、伊藤選手、小山選手、サワンサワット選手の4台が3位争いを展開、スリップを使いあう激しいドッグファイトはファイナルラップまで続いた。
この戦いを勝ち抜いた小山選手が3位、その前方ではユディスティラ選手を抑えきった高橋選手がパーフェクトウインを決め、タイトル争いに王手をかけた。

 



 

Race1
中村大輝選手が前戦に続きポールポジションを獲得。ランキングトップの女子ライダー、サラプーチ選手が2位でレースに挑んだ。
レース1で中村選手が好スタートを決めホールショット、サラプーチ選手が続いている。
仲村選手を含めた予選上位5台がトップグループ形成、やや縦長の隊列でレースが進む。
2周目からはサラプーチ選手がトップに立ち少しずつ後続を引き離していく。
2番手には仲村選手、中村選手は4〜5番手で様子を見ている。
そして3周目にアズマン選手が仲村選手と接触・転倒しリタイヤとなるが、仲村選手はそのまま走り続けた。
5周目にはサラプーチ選手との差が一気に詰まり、二人のナカムラ選手とともに3台による激しいトップ争いが始まる。
各コーナーで順位を入れ替えながらもサラプーチ選手がトップフィニッシュ、中村選手は僅かに届かず2位、仲村選手は3位でフィニッシュした。


Race2
オープニングラップをトップで戻ってきたのはホールショットを奪ったジュンジー選手。
中村選手、サラプーチ選手、仲村選手の4台がトップ争いを展開していく。
中国から参戦のジュンジー選手は予選も3位につけるなど今大会好調で序盤は大半をトップで周回していく。
そして中盤では後続が追い上げ9台によるトップ争いとなり、ストレートではワイドオープンに攻め合うシーンが見られる。
レース終盤ではジュンジー選手がやや後退、二人のナカムラ選手とサラプーチ選手の3台によるトップ争いとなっていく。
しかしファイナルラップの1コーナーへは復活したジュンジー選手がトップで飛び込み4台による熾烈な戦いに。
そして最終コーナーをトップで立ち上がったサラプーチ選手がパーフェクトウインのチェッカーを受ける。
フィニッシュ直前でジュンジー選手をかわした仲村選手が2位、中村選手が3位に入った。



 

Race1
ランキングトップでカタールに乗り込んだカワサキの山本選手がポールポジション、4ポイント差で追うホンダのアピワット選手が2位で決勝に挑んだ。
好スタート切ったのはアピワット選手だったが、ややフロントを浮かせてしまいホールショットは山本選手が奪った。
アピワット選手がぴったりマークし田中選手(ヤマハ)が続いている。
5台によるトップグループが形成され、テールトゥノーズでバトルしながらラップを重ねていく。
3周目の1コーナー、スリップを上手く使った田中選手が一気にパスして5位からトップにあがる。
しかし次のラップでは山本選手が5位からトップへ。
目まぐるしく順位を入れ替えながら山本選手、田中選手、アピワット選手、ナカリン選手の4台が後続を引き離しファイナルラップへ。
最終コーナーでナカリン選手がトップに立つがホームストレートで山本選手が抜き返しトップチェッカー、田中選手も0.021秒差で2位に入った。


Race2
レース2でも山本選手がホールショットを決める。
アピワット選手、ナカリン選手、カスマ選手(ヤマハ)の4台が超接近戦、田中選手はセカンドグループにいる。
2周目にはナカリン選手、アピワット選手のホンダチームメイトが山本選手を一気にパス、山本選手の背後には田中選手が上がってきている。
そして3周目の1コーナーで田中選手がインを突きトップへ、山本選手が2位で続く。
激しいポジションチェンジで周回を重ねるトップグループは8台ほどのグループバトルとなっている。
ファイナルラップの1コーナーをカスマ選手がトップで通過、そのアウトから田中選手が抜いていく。
何度もトップが変わるファイナルラップ、最終コーナーをカスマ選手、アピワット選手、山本選手の順で通過。
しかしストレートでギリギリまでスリップを使った山本選手が優勝、パーフェクトウインでアピワット選手との差を25ポイントに広げた。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 高橋 裕紀 MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda `31.26.663 DUNLOP user
2位 Jakkrit Sawangswat AP Honda Racing Thailand Honda `31.33.646 DUNLOP user
3位 Ahmad Yudhistira Manual Tech KYT Kawasaki Kawasaki `31.36.305 DUNLOP user
4位 稲垣 誠 Akeno Racing Team Yamaha `31.36.690 DUNLOP user
5位 Md Zaqhwan Zaidi MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda `31.36.759 DUNLOP user
6位 Dimas Ekky Pratama Astra Honda Racing Team Honda `31.38.814 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 高橋 裕紀 MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda `31.18.704 DUNLOP user
2位 Ahmad Yudhistira Manual Tech KYT Kawasaki Kawasaki `31.27.900 DUNLOP user
3位 小山 知良 T.Pro Yuzy Honda NTS Honda `31.38.809 DUNLOP user
4位 Md Zaqhwan Zaidi MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda `31.38.830 DUNLOP user
5位 Jakkrit Sawangswat AP Honda Racing Thailand Honda `31.38.949 DUNLOP user
6位 伊藤 勇樹 PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `31.39.105 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー タイム  
1位 Muklada Sarapuech タイランド Honda `17.57.761 DUNLOP user
2位
中村 大輝
日本 Honda `17.57.819 DUNLOP user
3位 仲村 優佑 日本 Honda `17.57.839 DUNLOP user
4位 Zhou Sheng Jun Jie インド Honda `17.58.059 DUNLOP user
5位 Shankar Sarath Kumar 中国 Honda `17.58.143 DUNLOP user
6位 Muhd Febriansyah インドネシア Honda `18.00.829 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー タイム  
1位 Muklada Sarapuech タイランド Honda `17.54.554 DUNLOP user
2位 仲村 優佑 日本 Honda `17.54.632 DUNLOP user
3位 中村 大輝 日本 Honda `17.54.694 DUNLOP user
4位 Zhou Sheng Jun Jie インド Honda `17.54.775 DUNLOP user
5位 Hafiz Nor Azman マレーシア Honda `17.55.248 DUNLOP user
6位 Yogha Dio Syachputra インドネシア Honda `17.55.302 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Md Amirul Ariff Musa T.Pro Yuzy Honda NTS Honda `18.17.637 DUNLOP user
2位 Gupita Kresna Wardhana Manual Tech KYT Rextor Kawasaki `18.17.654 DUNLOP user
3位 Md Azam Omar PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha `18.17.679 DUNLOP user
4位 Md Fareez Afeerz FELDA PB Racing Yamaha `18.17.681 DUNLOP user
5位 Wahyu Aji Trilaksana Faito Factory Racing Yamaha `18.17.690 DUNLOP user
6位 Sasitharen Sukumaran T.Pro Yuzy Honda NTS Honda `18.17.721 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Ahmad Fazli Sham HORSE OIL William Racing Team Yamaha `18.13.062 DUNLOP user
2位 Sasitharen Sukumaran T.Pro Yuzy Honda NTS Honda `18.13.437 DUNLOP user
3位 Md Fareez Afeerz FELDA PB Racing Yamaha `18.13.465 DUNLOP user
4位 Gupita Kresna Wardhana Manual Tech KYT Rextor Kawasaki `18.13.476 DUNLOP user
5位 Md Amirul Ariff Musa T.Pro Yuzy Honda NTS Honda `18.13.496 DUNLOP user
6位 Md Azam Omar PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha

`18.13.504

DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Takehiro Yamamoto TRICKSTAR Racing Kawasaki `21.51.547 DUNLOP user
2位 Ayumu Tanaka YellowCorm Akeno Speed Racing Yamaha `21.51.713 DUNLOP user
3位 Nakarin Atiratphuvapat AP Honda Racing Thailand Honda `21.51.734 DUNLOP user
4位 Apiwat Wongthananon AP Honda Racing Thailand Honda `21.51.857 DUNLOP user
5位 Md Hasyim Zaki Adil Yamaha Yamalube KYT Tunggal Yamaha `21.59.718 DUNLOP user
6位 Sigit Purno Harjono Yamaha Factory Racing Indonesia Yamaha `22.06.056 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 Takehiro Yamamoto TRICKSTAR Racing Kawasaki `21.54.648 DUNLOP user
2位 Kasma Daniel Kasmayudin Yamaha Finson Racing Yamaha `21.54.699 DUNLOP user
3位 Apiwat Wongthananon AP Honda Racing Thailand Honda `21.54.813 DUNLOP user
4位 Peerapong Boonlert Yamaha Thailand Racing Team Yamaha `21.54.860 DUNLOP user
5位 Nakarin Atiratphuvapat AP Honda Racing Thailand Honda `21.55.108 DUNLOP user
6位 Ayumu Tanaka YellowCorm Akeno Speed Racing Yamaha `21.55.121 DUNLOP user

第5戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 高橋 裕紀 MUSASHI Boon Siew Honda Racing Honda 177 DUNLOP user
2位 小山 知良 T.Pro Yuzy Honda NTS Honda 133 DUNLOP user
3位 Ahmad Yudhistira Manual Tech KYT Kawasaki Kawasaki 123 DUNLOP user
4位 伊藤 勇樹 PETRONAS Hong Leong Yamaha Yamaha 101 DUNLOP user
5位 Dimas Ekky Pratama Astra Honda Racing Team Honda 88 DUNLOP user
6位 芳賀 紀行 Team Kagayama Suzuki Asia Suzuki 67 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー ポイント  
1位 Muklada Sarapuech タイランド Honda 186.5 DUNLOP user
2位 中村 大輝 日本 Honda 162.5 DUNLOP user
3位 仲村 優佑 日本 Honda 154.5 DUNLOP user
4位 Yogha Dio Syachputra インドネシア Honda 92.5 DUNLOP user
5位 Hafiz Nor Azman マレーシア Honda 80 DUNLOP user
6位 Zhou Sheng Jun Jie インド Honda 73 DUNLOP user
順位 選手名 選抜国 メーカー ポイント  
1位 Takehiro Yamamoto TRICKSTAR Racing Kawasaki 186 DUNLOP user
2位 Apiwat Wongthananon AP Honda Racing Thailand Honda 161 DUNLOP user
3位 Nakarin Atiratphuvapat AP Honda Racing Thailand Honda 146 DUNLOP user
4位 Ayumu Tanaka YellowCorm Akeno Speed Racing Yamaha 85 DUNLOP user
5位 Vorapong Malahuan AP Honda Racing Thailand Honda 82 DUNLOP user
6位 Ryunosuke Hyodo TRICKSTAR Racing Kawasaki 60 DUNLOP user