FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/10/18 第16戦 オーストラリア フィリップアイランド
天気 気温 観客
晴れ 15度 35,200人

リンス選手が2勝目をあげて、ランキング2位に浮上する






日本GPの翌週、第16戦はオーストラリア南部にあるフィリップアイランドで行われた。コースレイアウトは、右コーナー5か所、左コーナー7か所ある高速コースで、タイヤへの負担の大きいサーキットだ。
昨年ダンロップは、昨年使用した両側のコンパウンドの違うデュアル・コンパウンドのリアタイヤと、新開発した両サイド同じコンパウンドのスペシャルハードNo.1のリアタイヤを持ち込んだ。
フロントは、前戦と同じソフトNo.1とミディアムNo.2を用意した。
予選は16度の涼しい気温の中、ドライコンディションで行われた。初日から好調なライディングを見せていたA・リンス選手(KALEX)が今季3度目のポールポジションを獲得した。
「いいペースで走れているし、マシンの状態もいい。決勝では、ローズ選手やポンス選手、ザルコ選手がついてくると思うが、優勝を狙っていきます」とリンス選手。
続いて、A・ポンス選手(KALEX)が初のフロントロー2位、S・ロウズ選手(SPPED UP)が3位に続く。
また、中上貴晶選手(KALEX)は6位2列目となった。
「昨日よりタイムは更新できたが、思っていたほどタイムを伸びなかった。アベレージ・タイムは悪くないので、明日の決勝はいいレースができると思う。スタートを決めて、トップグループについていきたい」と中上選手。
一方、もてぎでタイトルを決めたJ・ザルコ選手(KALEX)は7番手3列目となる。

決勝当日、朝から晴天に恵まれた。 決勝レースは、ポンス選手のホールショットで始まる。後ろからロウズ選手、リンス選手、M・カリオ選手(KALEX)、中上選手、T・ルティ選手(KALEX)などが続く。
2周目に入るとリンス選手がトップに浮上する。一方、ポンス選手はジャンプスタートをとられ、ピットスルーのペナルティを受けて後退してしまう。
レース序盤から、リンス選手、ロウズ選手、ルティ選手がトップグループを形成し、リンス選手がレースをリードしていく。中上選手はペースが上がらず、9位に後退する。
中盤に入ると、トップのリンス選手が着実に差を広げていく。約2秒後方でルティ選手とロウズ選手が2位争いを展開し、ルティ選手が単独2位となっていく。
後半に入ってもリンス選手がトップをキープ。ルティ選手、、ロウズ選手が2、3位で続いたが、17周目にルティ選手は転倒してしまう。
この後、3位争いはJ・フォルガー選手(KALEX)とL・バルダッサリ選手(KALEX)が繰り広げるが、フォルガー選手はマシントラブルのためにリタイア。バルダッサリ選手が単独3位となる。
リンス選手は終盤、さらに後続との差を広げていくと今季2勝を達成。ランキング2位のT・ラバット選手(KALEX)がケガで欠場したため、リンス選手がランキング2位に浮上した。
続いて、ロウズ選手が2位、バルダッサリ選手が初の表彰台3位に入った。
一方、中上選手は序盤こそ9位に後退していたが、後半に入って着実に追い上げると4位でゴールしている。
また、新チャンピオン、ザルコ選手は7位に入っている。

●コメント

優勝 A・リンス選手(KALEX)

「最後まで集中して走るのが、とても難しかった。序盤は少しナーバスになっていたが、その後、自分のリズムで走れるようになり、自分のペースで集中して走ることができた。今大会は、予選も決勝もとてもいい仕事ができた」

2位 S・ロウズ選手(SPEED UP)
「レースでは少しギアを変えて走った。ラップタイムはよくなったが、ストレートで少しショートになってスピードが伸びなかった。そのため、スリップストリームを使うことができなかった。リンス選手のペースはとても速かった。でも、20ポイントを獲得できてよかったです」

3位 L・バルダッサリ選手(KALEX)
「信じられない気持ちです。とてもいいレースでしたが、難しかった。レース中は自分が3番手を走っているのが信じらなかった。とにかくミスをしないでプッシュしていこうと思った。レースウイークを通して、とてもいい仕事ができた」

4位 中上貴晶選手(KALEX)
「前戦の日本GPでいい結果を残せなかったので、4位という結果はうれしい。フリー走行と予選のときから、リアのグリップをうまく引き出せず、それが決勝でも影響した。フルタンクだった序盤はブレーキングもうまくいかず、ポジションを落とした。レース後半はコンスタントに走れて、ポジションを上げることができた。次のマレーシアは好きなサーキットなので、すごく楽しみです」


ケント選手がクラッシュ。オリヴィエーラ選手が4勝目をあげてランキング2位に浮上







Moto3クラスには、フロントにソフト&ミディアム、リアにミディアム&ハードのタイヤを供給した。
予選では、タイトルに王手をかけているD・ケント選手(HONDA)が今季5度目のポールポジションを獲得。ところが、フリープラクティス3回目で危険なスロー走行があったとして、6ポジション降格され7番手スタートとなってしまう。
2番手につけた、J・マクフィー選手(HODNA)が初めてポールポジションからスタートすることになった。
「最速タイムでポールポジションを獲得したかったです。とにかく、ここまで難しい1年でした。アップダウンがあったが、ようやくいい方向へ進んできた。今週はこれまでにない強さがあります。失うものは何もないのでレースを楽しんで、ベストを尽くしてがんばります」とマクフィー選手。
2番手はM・オリヴィエーラ選手(KTM)、3番手はE・バスケス選手(HONDA)が続く。
また、鈴木竜生選手(MAHINDRA)は28位だったが、予選中にスロー走行したためにペナルティを受けて30位に降格。
尾野弘樹選手(HONDA)はもてぎの転倒で足を負傷したために欠場した。

決勝レースはオリヴィエーラ選手のホールショットで始まり、R・フェナーティ選手(KTM)、マクフィー選手、バスケス選手などが続く。ケント選手は7番手につけている。
序盤から大混戦となり、オリヴィエーラ選手、フェナーティ選手、マクフィー選手、ケント選手、バスケス選手などが激しいドッグファイトを展開していく。
7周目に上位集団のマクフィー選手と、J・ミル選手(HONDA)が転倒。この後、トップ集団は、B・ビンダー選手(KTM)、オリヴィエーラ選手、バスケス選手、J・ナヴァーロ選手(HONDA)、F・バグナイア選手(MAHINDRA)、ケント選手、K・ハニカ選手(KTM)の7台となる。
10周目、バグナイア選手がケント選手に追突。バグナイア選手は転倒し、ケント選手は16位に後退してしまう。
これでトップ集団はオリヴィエーラ選手、バスケス選手、ハニカ選手、ビンダー選手、ナヴァーロ選手の5台となるが、12周目にハニカ選手がクラッシュ。さらに、14周目、セカンド集団のケント選手、E・バスティアニーニ選手(HONDA)、N・アントネッリ選手(HONDA)が接触転倒というアクシデントが発生する。
レース終盤に向けて、フェナーティ選手、オリヴィエーラ選手、ビンダー選手、ナヴァーロ選手、バスケス選手の5台のトップ集団に、J・コーンフェイル選手(KTM)も加わる。首位のケント選手、ランキング2位のバスティアニーニ選手がリタイアしたため、ランキング3位のオリヴィエーラ選手が表彰台を逃せば、ケント選手のタイトルが決まることになった。
ゴールに向けて、トップ争いは激化していくが、残り3周で先頭に出たのはオリヴィエーラ選手。ラストラップ、オリヴィエーラ選手は後続を抑えて今季4勝目を決め、ケント選手のタイトル獲得を阻止。ランキング2位に浮上し、首位ケント選手と40点差となった。
続いて、バスケス選手が2位、ビンダー選手が3位となった。
また、鈴木選手はスタート直後の1コーナーで転倒。16台が転倒するという波乱のレースだった。

●コメント

優勝 M・オリヴィエーラ選手(KTM)
「チャンピオンシップがまだ続いていると、レース後に知った。今日はクレージーなレースだったよ。でも、集団はそんなに大きくなかったから、リラックスしていた。最後はコーンフェイル選手のスリップを使って前に出て、ラストラップはトップを守っていったんだ」

2位 E・バスケス選手(HONDA)
「チームがとても速いマシンを用意してくれた。セッティングが完ぺきだったかどうかは分からないが、レース序盤は自信があった。終盤は表彰台に立つためにプッシュして、表彰台に上がれたのでうれしいです」

3位 B・ビンダー選手(KTM)
「1周目に他のバイクとぶつかって、コースアウトしてしまった。でも、転倒せずにコースに戻って追い上げることができたよ。マシンはすごく調子よかったから、もっといい結果を出せたかもしれない。でも表彰台で終わったからよかった」

リタイア 鈴木竜生選手(MAHINDRA)
「予選でペナルティを取られて、かなり後ろの方になってしまった。予選でいい位置につけないと、リスクが大きいということを思い知らされた。次は、もっと前の方からスタートできるようにがんばります」


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 A.Rins Paginas Amarillas HP40 KALEX '39.00.084 DUNLOP user
2位 S.Lowes Speed Up Racing SPEED UP '39.06.717 DUNLOP user
3位 L.Baldassarri Forward Racing KALEX '39.10.492 DUNLOP user
4位 中上貴晶 IDEMITSU Honda Team Asia KALEX '39.15.620 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 M.Oliveira Red Bull KTM Ajo KTM '37.34.742 DUNLOP user
2位 E.Vazquez Leopard Racing HONDA '37.34.874 DUNLOP user
3位 B.Binder Red Bull KTM Ajo KTM '37.34.903 DUNLOP user

第16戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 J.Zarco Ajo Motorsport KALEX 318 DUNLOP user
2位 A.Rins Paginas Amarillas HP40 KALEX 214 DUNLOP user
3位 T.Rabat EG 0,0 Marc VDS KALEX 206 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 D.Kent Leopard Racing HONDA 244 DUNLOP user
2位 M.Oliveira Red Bull KTM Ajo KTM 204 DUNLOP user
3位 E.Bastianini Gresini Racing Team Moto3 HONDA 188 DUNLOP user