RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/4/5 MFJ/MX 2015全日本モトクロス選手権 第1戦 熊本県 HSR九州
天気 気温 観客
雨のち曇り 21℃ 4,900人(2日間)

チャンピオン成田亮選手が今年も両ヒート制覇!


今季の全日本モトクロス選手権は、初開催となる第5戦神戸大会が加わったことなどから、昨年よりも1戦多い年間10戦で競われる。おもに4スト450ccマシンが参戦する、最高峰クラスのIA1は、昨年まで4年連続のチャンピオンに輝いているホンダファクトリーライダーの成田亮選手(#1)や、成田選手のチームメイトとなる2年連続ランキング2位の小方誠選手(#2)、今年からヤマハファクトリーチームに加入して最高峰クラスに挑戦する安原志選手(#500)、カワサキファクトリーライダーの三原拓也選手(#822)などが、ダンロップタイヤで上位を目指す。

今大会は天候に恵まれず、時に大雨が降る状況。このため、決勝が行われた日曜日はマディコンディションとなった。IA1の決勝ヒート1では、成田選手と小方選手が好スタートを決め、序盤からトップ争いを展開。一度はその差が離れかけたが、レース中盤に小方選手が再び成田選手に迫り、逆転に成功した。しかしラスト4周のところで、成田選手が3台による争いとなった集団の中で再逆転に成功。最後はそのまま後続を振り切り、今季初の全日本で勝利した。小方選手は3位。安原選手が、序盤から順位を守って5位に入賞した。

また決勝ヒート2では、今季からプライベーターとなった田中教世選手(#16)が好スタートを決め、これに小方選手が続く展開。成田選手は、1周目4番手からのレースとなった。序盤、田中選手は転倒して5番手に後退。小方選手はライバルに抜かれて2番手のままとなり、これに迫った成田選手がパスした。レース中盤、成田選手は追い上げを続けてトップに浮上。終盤までライバルの追撃を受けたが、その座を明け渡すことなくチェッカーを受け、両ヒート制覇を達成した。田中選手はレース中盤に追い上げて3位、小方選手は4位に入賞した。


今季最初の決勝でダンロップが7位までを独占!


IA2クラスでは、ホンダファクトリーの富田俊樹選手(#317)、スズキファクトリーの竹中純矢選手(#31)、同じヤマハのファクトリーから若手育成チームに移籍となった渡辺祐介選手(#43)などが、昨年に続いてダンロップタイヤを使用。さらに、カワサキ系有力ライダーの能塚智寛選手(#32)、ホンダ系の田中雅己選手(#113)などもダンロップタイヤを履く。今大会の決勝ヒート1では、そのダンロップ勢がマディ路面で好調をアピール。レース序盤は富田選手がトップをけん引すると、これを追った竹中選手が中盤に逆転。終盤にミスした富田選手に代わり、渡辺選手が2番手に浮上した。そして、竹中選手が優勝、渡辺選手が2位、富田選手が3位でゴール。7位の田中選手までは、すべてダンロップユーザーで占められた。

決勝ヒート2では、田中選手と富田選手が好スタート。レース序盤は、ヒート1に続いて富田選手がトップを走行した。これをぴったりマークしたのが、田中選手と竹中選手。ところが竹中選手は、レースが中盤に入った6周目に転倒。順位こそ変わらなかったが、トップ2台からは10秒以上も遅れてしまった。レースが後半に入った7周目、田中選手が富田選手を抜いてトップに浮上。抜かれた富田選手はペースを落とし、この間に田中選手が10秒以上のリードを奪った。ところが、終盤になって今度は田中選手がリズムを乱し、これによって富田選手が再接近。田中選手の大きなミスを見逃すことなく勝負をしかけて再逆転し、富田選手がトップでフィニッシュした。2位に田中選手、3位に竹中選手が入った。


安原さや選手が2位でシーズンをスタート!


昨シーズンは、ダンロップタイヤを履く竹内優菜選手(#2)が、自身初となるシリーズタイトルを獲得。今季は、タイトル防衛を目指す。またダンロップ勢では、昨年度のランキング2位だった安原さや選手(#2)も、チャンピオンの有力候補に挙げられている。今大会の決勝レースでは、その安原選手が好スタート。ところがオープニングラップで、安原選手は泥が深いセクションにはまってストップ。1周目を、竹内選手に次ぐ4番手でクリアした。

レース前半、竹内選手は伊集院忍選手(#10)と2番手争いを展開。これに安原選手が近づき、3台によるバトルとなった。ところがラスト2周となった4周目、竹内選手がスタックして、集団から脱落。竹内選手は、最終的に8位となった。そして、安原選手は伊集院選手をパスして2番手に浮上。そのまま2位でゴールした。抜かれた伊集院選手は、最終ラップにスタックして11位。代わりに、永井歩夢選手(#15)が順位を上げ、全日本初表彰台に登壇した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `27.39.588 DUNLOP user
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `27.45.415  
3位 小方 誠 Team HRC HONDA `27.49.382 DUNLOP user
5位 安原 志 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `29.02.828 DUNLOP user
7位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `29.21.416 DUNLOP user
8位 池谷 優太 TEAM REDZONE SUZUKI `29.37.375 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `28.42.652 DUNLOP user
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `28.50.719  
3位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA `29.15.759 DUNLOP user
4位 小方 誠 Team HRC HONDA `29.40.106 DUNLOP user
6位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `30.05.994 DUNLOP user
7位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `30.27.238 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `27.54.221 DUNLOP user
2位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `28.17.215 DUNLOP user
3位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `28.26.681 DUNLOP user
4位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `28.33.743 DUNLOP user
5位 池本 凌汰 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI `28.40.940 DUNLOP user
6位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `28.55.583 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `29.00.123 DUNLOP user
2位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `29.01.763 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `29.42.765 DUNLOP user
5位 池本 凌汰 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI `30.03.674 DUNLOP user
6位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `30.09.937 DUNLOP user
7位 石浦 諒 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI `30.17.617 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI `13.59.529  
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `14.19.851 DUNLOP user
3位 永井 歩夢 SRF 関東オートスポーツ清水 SUZUKI `14.59.802 DUNLOP user
5位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `15.14.602 DUNLOP user
7位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `15.58.346 DUNLOP user
5位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `16.08.063 DUNLOP user

第1戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA 50 DUNLOP user
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 40  
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 38
4位 小方 誠 Team HRC HONDA 38 DUNLOP user
5位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA 32 DUNLOP user
6位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM 29 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 45 DUNLOP user
2位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 45 DUNLOP user
3位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA 36 DUNLOP user
4位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 33 DUNLOP user
5位 池本 凌汰 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 32 DUNLOP user
7位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 26 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 25  
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 22 DUNLOP user
3位 永井 歩夢 SRF 関東オートスポーツ清水 SUZUKI 20 DUNLOP user
5位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 16 DUNLOP user
7位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI 14 DUNLOP user
8位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 13 DUNLOP user