RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/4/19 MFJ/MX 2015全日本モトクロス選手権 関東大会 埼玉県 ウエストポイント オフロードヴィレッジ
天気 気温 観客
曇り 17℃ 9,200人(2日間)

三原拓也がIA1の自己最高順位となる2位!


全日本モトクロス選手権第2戦の舞台は、埼玉県にあるウエストポイント オフロードヴィレッジ。
荒川と入間川の間に位置する河川敷に設けられたコースは、アップダウンのない土地にバリエーション豊かなジャンプやリズムセクションを配した、スーパークロスのようなレイアウトを特徴としている。
今年に入って、コースに大幅な改修が加えられ、超ロングフープスなどの勝負ポイントが増えた。
決勝が行われた日曜日の天候は曇り。
お昼ごろには一時的に雨が降ったが、降水量は少なく、路面はベストな状態が最後まで保たれた。

最高峰クラスのIA1では、これが地元大会となる小方誠選手(#2)から好調。
予選をトップでクリアすると、決勝ヒート1では4台によるトップ争いに加わった。
小方選手は、2番手走行中に幾度となくトップ浮上を狙ったが、パッシングのチャンスを得られず、逆に後続の逆転を許してしまう展開。
それでも、終盤に逆転を果たし、2位でゴールした。
また、開幕戦ヒート2では3位表彰台に登壇した田中教世選手(#16)は、1周目から順位を守り続けて5位に入賞。
昨年度王者の成田亮選手(#1)は、7位に低迷する結果となってしまった。

決勝ヒート2では、小方選手がスタート直後からトップを走行。これに成田選手が迫ると、2周目にパスして、トップグループをけん引した。
しかし中盤に入ると、成田選手は徐々に順位ダウン。
最終的には10位となった。小方選手は2番手を走行して、数秒前を走るトップのライダーを猛追。ところが終盤、後続に抜かれて順位を落とした。
それでも、3台によるトップグループに加わっていた小方選手へと7、終盤になって急接近してきたのが三原拓也選手(#822)。
ラスト3周で小方選手を抜いた三原選手は、翌周にもひとりを抜き、2位に輝いた。
小方選手は4位でゴールした。


ダンロップ勢が表彰台を独占。岡野聖選手がIA初優勝!


決勝ヒート1では、富田俊樹選手(#317)、IAルーキーの古賀太基選手(#01)、田中雅己選手(#113)の順で1周目をクリア。
レース序盤、トップを走る富田選手を古賀選手が猛追するも、古賀選手は4周目のフープスで転倒して後退。
これで2番手となった田中選手の背後に、岡野聖選手(#34)が迫った。
そして翌周、岡野選手が2番手に浮上。
レースが中盤に入ると、岡野選手はトップを走る富田選手との差を7秒ほどに保ちながら、田中選手を数秒引き離した。
田中選手の背後には、能塚智寛選手(#32)が追い上げてきた。
終盤、富田選手がフープスでコースアウト。
この間に岡野選手が前に出て、IA初優勝を達成。富田選手が2位、一度は抜かれた能塚選手を再逆転した田中選手が、3位表彰台に登壇した。

決勝ヒート2では、富田選手が再び好スタートを決め、1周目をトップでクリア。
これに岡野選手が続いた。
2周目、順位をひとつ上げた能塚選手が、岡野選手の背後に迫り、翌周にはパッシングに成功。能塚選手は勢いを保ち、富田選手に接近した。
6周目、ついに能塚選手がトップへ。
さらに、少しリードを奪った。しかし富田選手もすぐに追撃態勢へと移り、能塚選手をマーク。
プレッシャーを与え続けて能塚選手を疲労させると、レースが後半に入ったところで再逆転して、今度はそのまま逃げ切った。
このふたりが、3番手以下を引き離した状態となり、岡野選手は終盤まで単独走行。
レースは22周でチェッカーとなり、富田選手が優勝、能塚選手が2位、岡野選手が3位となった。
なお、ルーキーの古賀選手は、4位入賞と大健闘した。


昨年度チャンピオンの竹内優菜選手が今季初優勝!


ダンロップタイヤを履く竹内優菜選手(#1)が、オープニングラップにライバルを抜いてトップに浮上。
2周目以降は、徐々に後続との差を拡大して、独走状態を築いていった。
レースが中盤に入るころから、竹内選手の10秒近く後方では、2台の2番手争いを挟み、本田七海選手(#9)、勝股七海選手(#13)、安原さや選手(#2)の3台が、接近戦の4番手争いを展開。
レースが後半に入ると、本田選手がわずかながらアドバンテージを築いた。

レースが終盤になっても、竹内選手は大きなミスなく周回を続け、2番手以下から奪った大量のリードをキープ。
そしてそのままトップチェッカーを受け、マディに泣いた開幕戦の雪辱を果たす、ディフェンディングチャンピオンとしての初優勝を挙げた。
4位には、リードを守り切った本田が入賞。
注目の5番手争いは、安原選手が最後まで勝股選手のパッシングを試みたが、そのチャンスを得られず、勝股選手が5位、安原選手が6位となった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `32.11.085  
2位 小方 誠 Team HRC HONDA `32.15.241 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `32.21.485  
5位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA `32.31.590 DUNLOP user
7位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.39.753 DUNLOP user
8位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `32.50.441 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `31.44.426  
2位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `31.48.852 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `29.15.759  
4位 小方 誠 Team HRC HONDA `31.51.817 DUNLOP user
7位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `32.03.175 DUNLOP user
8位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA `32.06.317 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `32.39.257 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.43.056 DUNLOP user
3位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `32.56.532 DUNLOP user
4位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `33.12.237 DUNLOP user
6位 斉藤 嵩 SRF関東オートスポーツ清水 SUZUKI `33.30.473 DUNLOP user
7位 石浦 諒 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI `33.36.496 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `31.43.139 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `31.59.790 DUNLOP user
3位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `32.09.628 DUNLOP user
4位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `32.33.777 DUNLOP user
6位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `32.40.558 DUNLOP user
7位 斉藤 嵩 SRF関東オートスポーツ清水 SUZUKI `32.50.811 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `17.58.352 DUNLOP user
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI `18.15.238  
3位 久保 まな SRFスポーツ with KUBO RC J:COM SUZUKI `18.21.826  
4位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `18.37.889 DUNLOP user
5位 勝俣 七海 Team ITOMO HONDA `18.39.698 DUNLOP user
6位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `18.40.884 DUNLOP user

第2戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 78  
2位 小方 誠 Team HRC HONDA 78 DUNLOP user
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI 75
4位 成田 亮 Team HRC HONDA 75 DUNLOP user
6位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA 61 DUNLOP user
7位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM 55 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 92 DUNLOP user
2位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 78 DUNLOP user
3位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA 71 DUNLOP user
4位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 66 DUNLOP user
5位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 65 DUNLOP user
6位 池本 凌汰 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 54 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 47  
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 38 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 37 DUNLOP user
4位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 34 DUNLOP user
7位 永井 歩夢 SRF 関東オートスポーツ清水 SUZUKI 26 DUNLOP user
9位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 23 DUNLOP user