RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/5/17 MFJ/MX 2015全日本モトクロス選手権 中国大会 広島県 世羅グリーンパーク弘楽園
天気 気温 観客
晴れ 25℃ 4,165人(2日間)

小方誠選手が自身初となる両ヒート制覇!


全日本モトクロス選手権第3戦は、広島県の世羅グリーンパーク弘楽園で開催された。
ハード路面でアップダウンが多いこのコースは、難易度が高いジャンプも数多く配されたハイスピードレイアウトが与えられている。
今回は、これまでのフープスがリズムセクションに変更されるなど、若干の手直しが加えられた。
天候は、予選が行われた土曜日は肌寒い曇天だったが、決勝が繰り広げられた日曜日は朝から晴天。
気温も上昇し、絶好のモトクロス観戦日和となった。
ただし強い日差しで、日曜日午後にはホコリが多めに舞った。

最高峰のIA1では、小方誠選手(#2)が予選トップ。
決勝ヒート1では、課題としてきたスタートを決めてホールショットを奪うと、序盤からトップを走行した。
レース中盤、小方選手は5秒ほどのリードを奪いながら、新設されたリズムセクションへの進入でまさかの転倒。
しかし、ほぼロスタイムのない驚異的な速さで復帰すると、再び後続とのリードを奪って優勝した。
前戦では下位に終わった成田亮選手(#1)は、復調の兆しをみせて5位。終盤に星野裕選手(#15)とのバトルを制した三原拓也選手(#822)が6位に入賞した。

決勝ヒート2では、小方選手が再び好スタートを決めて1周目からトップ。2番手に三原選手、3番手に成田選手と、ダンロップ勢がこれに続いた。
小方選手は、序盤から徐々にリードを拡大。
一方で三原選手と成田選手は接戦を繰り広げ、レースが中盤に入るころに成田選手が前に出た。
しかし、後半になって再び三原選手が成田選手をパス。
その後、両者とも2名のライバルに抜かれ、三原選手が4位、成田選手が5位に入賞した。
一方の小方選手は、このヒートではミスなく周回してトップを独走。自身初の両ヒート制覇を達成した。


竹中純矢選手が今季2勝目、富田俊樹選手は3勝目!


決勝ヒート1でホールショットを奪ったのは竹中純矢選手(#31)。
これに富田俊樹選手(#317)が続くと、レース序盤からこのふたりが後続をどんどん引き離していった。
3番手集団は、IAルーキーの古賀太基選手(#01)がけん引していたが、古賀選手はレースが中盤に入った7周目に後退。
代わって能塚智寛選手(#32)が3番手となり、これを前戦でIA初優勝を挙げた岡野聖選手(#34)が追った。
竹中選手と富田選手は、レース中盤になっても接近戦を展開。
しかし終盤になると、竹中選手が数秒のアドバンテージを築いた。
そして、竹中選手がトップでフィニッシュ。富田選手が2位となった。3位争いでは能塚選手が競り勝ち、岡野選手が4位。
以下、8位までをダンロップユーザーが占める結果となった。

決勝ヒート2では、竹中選手が再び好スタート。
これを、ヒート1はスタートの出遅れが響いて5位となった田中雅己選手(#113)が追った。
2周目、富田選手が1周目6番手からジャンプアップ。
これに能塚選手が続いて、トップグループを形成していった。
レース中盤にかけ、田中選手は何度か竹中選手のパッシングを試みたが、逆転には至らず。
10周目に再び仕掛けたが、逆に富田選手の先行を許した。
2番手に浮上した富田選手は、レース終盤に竹中選手が周回遅れに阻まれて失速する間に差を詰め、ラスト2周でテール・トゥ・ノーズに。
最終ラップで逆転して、今季3勝目を挙げた。
竹中選手は転倒し、4位でフィニッシュ。
2位に能塚選手、3位に田中選手が入り、上位9台がダンロップ勢となった。


前戦に続いて昨年度女王の竹内優菜選手が優勝!


ダンロップタイヤを履く竹内優菜選手(#1)が、オープニングラップを2番手でクリア。
レース序盤から、僅差のトップ争いを展開した。
3周目、トップを走っていたライバルが転倒したことから、竹内選手は労せずしてトップに。
その後、一時は2番手の選手にすぐ背後まで詰め寄られたが、レースが後半に入ると同時にスパート。
2番手以下より1秒以上も速いファステストラップタイムを刻むと、そのままアドバンテージを拡大していった。

また、同じくダンロップタイヤを使用する伊集院忍選手(#10)と安原さや選手(#2)は、序盤から接近戦を展開。当初は4番手争いだったが、3周目のトップ転倒により3番手争いへと繰り上がったこのバトルで、4周目に安原選手が主導権を握った。
そして終盤、安原選手は伊集院選手を引き離していった。
竹内選手は、10周で終了したレースの最後まで、着実な走りを継続して優勝。
また、安原選手が3位、伊集院選手が4位に入賞した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小方 誠 Team HRC HONDA `33.27.125 DUNLOP user
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `33.33.567  
3位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `33.39.735  
5位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.58.097 DUNLOP user
6位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `34.08.721 DUNLOP user
7位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `34.11.902 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小方 誠 Team HRC HONDA `32.03.594 DUNLOP user
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `32.09.341  
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `32.10.993  
4位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `32.14.640 DUNLOP user
5位 成田 亮 Team HRC HONDA `32.15.463 DUNLOP user
8位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA `32.50.140 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.09.489 DUNLOP user
2位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.12.237 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `33.45.117 DUNLOP user
4位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `33.48.691 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `34.10.957 DUNLOP user
6位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `34.15.153 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.00.259 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `32.08.397 DUNLOP user
3位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `32.11.902 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.14.840 DUNLOP user
5位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `32.52.481 DUNLOP user
6位 サンタナ ルカス ケンジ Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI `32.54.988 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `18.20.801 DUNLOP user
2位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI `18.32.846  
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `18.52.098 DUNLOP user
4位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA `18.58.921 DUNLOP user
5位 永井 歩夢 SRF 関東オートスポーツ清水 SUZUKI `19.39.155 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `19.40.739 DUNLOP user

第3戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小方 誠 Team HRC HONDA 128 DUNLOP user
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 122  
3位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI 113
5位 成田 亮 Team HRC HONDA 107 DUNLOP user
6位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA 87 DUNLOP user
7位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM 80 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 139 DUNLOP user
2位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 109 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 108 DUNLOP user
4位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 108 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA 107 DUNLOP user
6位 池本 凌汰 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 68 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 69  
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 63 DUNLOP user
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 57 DUNLOP user
4位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 43 DUNLOP user
6位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 41 DUNLOP user
8位 永井 歩夢 SRF 関東オートスポーツ清水 SUZUKI 36 DUNLOP user