RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/6/7 MFJ/MX 2015全日本モトクロス選手権 SUGO大会 宮城県 スポーツランドSUGO
天気 気温 観客
晴れ 23℃ 3,700人(2日間)

成田亮選手が両ヒート制覇で反撃開始!


全日本モトクロス選手権第4戦は、宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。
大型モータースポーツ施設の中にある国際モトクロスコースは、ふたつの丘にまたがるようにレイアウトされ、アップダウンがかなり豊富。
しかも、ハイスピード区間からタイトターン、ビッグジャンプやリズムセクションなど、バリエーションに富んだ構成となっている。
各クラスの予選が行われた土曜日の朝にかけ、まとまった量の雨が降ったが、その後は天候が回復。
しかも日曜日は快晴に恵まれ、コースコンディションはベストな状態が保たれた。

全日本最高峰のIA1では、小方誠選手(#2)がランキングトップで今大会を迎えた。
決勝ヒート1では、その小方選手がスタート直後から2番手を走行。
その後方に、ここ2戦のうっ憤を晴らすかのように予選でも好調な走りをみせた成田亮選手(#1)がつけ、三つ巴のトップ争いが繰り広げられた。
そして後半、成田選手が小方選手らを次々にパスしてトップに浮上。これに小方選手も続いた。
レースは、成田選手が逃げ切って優勝。小方選手が2位でゴールした。
また、三原拓也選手(#822)が安定した走りで5位に入賞した。

また決勝ヒート2では、成田選手が2番手、小方選手が3番手で1周目をクリアすると、再び上位3台が後続を引き離しながら接近戦を演じる展開に。
ヒート1ではレース後半に勝負を仕掛けた成田選手だったが、このヒートでは中盤を迎えるころに早々とトップ浮上。
その後は、僅差ながら最後まで後続を抑え切り、開幕戦以来となる両ヒート制覇を達成した。
小方選手は、最後まで2位浮上を狙ったが、わずか0.3秒届かず3位。
三原選手は、1周目7番手から一度は順位を落としたものの、そこから徐々に追い上げて6位に入賞した。


富田俊樹選手が今季初の両ヒート優勝!


決勝ヒート1でホールショットを奪ったのは、開幕から3戦連続で両ヒート総合成績トップの富田俊樹選手(#317)。
2番手には岡野聖選手(#34)が続いたが、富田選手は1周目から圧倒的な速さでリードを広げ、まったく寄せつけることなく独走態勢を築いていった。
序盤、能塚智寛選手(#32)が3番手、竹中純矢選手(#31)が4番手にポジションを上げると、能塚選手が竹中選手を引き離しながら岡野選手に接近。
そしてレースが中盤に入ったところで、逆転に成功した。
しかし抜かれた岡野選手も、終盤まで能塚選手のマークを続けた。
そして、富田選手がトップチェッカー。
最後に岡野選手を振り切った能塚選手が2位、岡野選手が3位、竹中選手が4位となり、ダンロップ勢がトップ4となった。

決勝ヒート2では、富田選手が再び好スタートを決め、これを能塚選手が追う展開となった。
3番手の岡野選手までは、序盤から早くも単独走行に近いカタチとなり、4番手以下は混戦模様。
その主導権は渡辺祐介選手(#43)が握り、これに竹中選手や、ヒート1では3周目21番手から驚異的な追い上げで6位に入った田中雅己選手(#113)が続いた。
レース後半、渡辺選手が転倒。
マシンにダメージを与えた渡辺選手は、徐々に後退していった。
これで竹中選手は4番手、田中選手は5番手に浮上。終盤はそれぞれが単独走行になった。
そしてレースは、富田選手が再び勝利。
2位に能塚選手、3位に岡野選手、4位に竹中選手、5位に田中選手、6位に稲垣達樹選手(#55)が入り、ダンロップ勢が入賞圏内を独占した。


昨年度女王の竹内優菜選手が3連勝を達成!


ダンロップタイヤを履く竹内優菜選手(#1)が好スタートを切ると、直後のバトルを制してオープニングラップをトップでクリア。
予選と同じく圧倒的な速さをみせ、レース序盤からどんどん後続を引き離していった。
この竹内選手を必死に追っていた安原さや選手(#2)は、3周目に転倒して6番手まで後退。
これで、竹内選手のリードは20秒近くに拡大した。
また2番手争いは、3台以上のマシンが縦に続く混戦状態となっていった。

この中で、竹内選手や安原選手と同じくダンロップタイヤを使用する伊集院忍選手(#10)が、3番手をキープしながら、2番手を走るライバルを約2秒差で追い続けた。
一方、トップを走る竹内選手は、1周約2分半のコースで他の選手より約3秒も速いベストタイムを記録。さらに、8周のレースをミスなく走破した。
そして、竹内選手が3戦連続となる優勝。
伊集院選手が2012年の第5戦以来となる3位入賞を果たし、安原選手は5位となった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.05.917 DUNLOP user
2位 小方 誠 Team HRC HONDA `33.09.650 DUNLOP user
3位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `33.11.693  
5位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `33.16.953 DUNLOP user
7位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA `34.06.514 DUNLOP user
9位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `34.23.444 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.20.853 DUNLOP user
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `33.22.140  
3位 小方 誠 Team HRC HONDA `33.22.423 DUNLOP user
6位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `34.08.191 DUNLOP user
7位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA `34.30.926 DUNLOP user
8位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `34.36.158 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.13.596 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `33.34.707 DUNLOP user
3位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `33.45.117 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.40.890 DUNLOP user
6位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `33.46.974 DUNLOP user
10位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `34.24.204 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.43.079 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `34.08.711 DUNLOP user
3位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `34.15.893 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `34.19.553 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `34.37.143 DUNLOP user
6位 稲垣 達樹 Team SSC SUZUKI兄弟商会 SRF SUZUKI `34.41.601 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `19.36.085 DUNLOP user
2位 邵 洋子 SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS   `20.02.585  
3位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA `20.04.949 DUNLOP user
5位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `20.07.503 DUNLOP user
9位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `20.44.632 DUNLOP user
10位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `20.47.820 DUNLOP user

第4戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小方 誠 Team HRC HONDA 170 DUNLOP user
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 158  
3位 成田 亮 Team HRC HONDA 157 DUNLOP user
6位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA 115 DUNLOP user
7位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI 108 DUNLOP user
8位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM 105 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 189 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 152 DUNLOP user
3位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 149 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 144 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA 138 DUNLOP user
7位 池本 凌汰 Team SRM with マウンテンライダーズ SUZUKI 77 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 88 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 73 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 69  
4位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 61 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 55 DUNLOP user
10位 永井 歩夢 SRF 関東オートスポーツ清水 SUZUKI 43 DUNLOP user