RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/7/5 MFJ/MX 2015全日本モトクロス選手権 第5戦 神戸大会
天気 気温 観客
曇り 24℃ 6,604人(2日間)

小方誠選手がランキングトップをしっかりキープ!


全日本モトクロス選手権第5戦は、神戸空港の10周年を記念するプレイベントとして、空港島内に特設されたスーパークロス風のコースで開催された。
地元企業として、住友ゴム工業も今大会の実現に協力。
パドックにおけるブース展示も、四輪用タイヤとこれを装着した車両を含め、大々的に行った。
各クラスの予選が行われた土曜日は、朝から断続的に雨が降り、路面は徐々にマディへと変化。
しかし決勝日は、厚い雲が空を覆ったままながら雨は止んだ。
今大会用に搬入されたのは砂に近い土で水はけがよく、路面状況は回復していった。

全日本最高峰のIA1では、小方誠選手(#2)がランキングトップで今大会を迎えた。
決勝ヒート1では、田中教世選手(#16)が好スタートを切り、これを小方選手らが追う展開。
レース中盤には一時、今回から新たなプロト車に乗る成田亮選手(#1)や三原拓也選手(#822)もトップ集団に追いつき、5台による激しいトップ争いが繰り広げられた。
そして、ここから抜け出した小方選手が優勝。成田選手は転倒を喫して7位に終わり、最終ラップまで続けられた3台によるバトルを制した田中選手が3位、三原選手が4位に入賞した。

また決勝ヒート2では、これまで好スタートを連発してきた小方選手が、めずらしくスタートで出遅れ、1コーナーを立ち上がったところでは12番手という、厳しい状況となった。
しかし小方選手は積極的に追い上げ、2周目には早くも7番手に浮上すると、レース中盤には3番手までポジションアップ。
ライバルの転倒にも助けられ、2位でフィニッシュした。成田選手は、レースが後半に入るころまで3番手を守っていたが、最後に順位を落として6位となった。
今大会の結果、小方選手はランキングトップでシーズン後半に臨むことになった。


富田俊樹選手が2大会連続となる両ヒート制覇!


決勝ヒート1で好スタートを決めたのは、前戦では両ヒート3位だった岡野聖選手(#34)。
これをランキングトップでこの大会に臨んだ富田俊樹選手(#317)が追うと、2周目には逆転に成功した。岡野選手の後ろには能塚智寛選手(#32)と竹中純矢選手(#31)が迫り、ダンロップ勢が上位集団を形成。
その中で富田選手は、5周目あたりから後続を引き離していった。
同じ周、岡野選手を能塚選手と竹中選手が次々にパス。能塚選手と竹中選手は、接戦を続けた。すると12周目、能塚選手が転倒して5番手まで後退。これで竹中選手が2番手、岡野選手が3番手となった。
レース終盤、能塚選手は前走者に肉迫し、23周目に逆転。
レースは25周でチェッカーとなり、富田選手が優勝、竹中選手が2位、岡野選手が3位、能塚選手が4位となった。

決勝ヒート2では、古賀太基選手(#01)と竹中選手、富田選手が好スタート。
さらに、ヒート1はスタート直後のマルチクラッシュに巻き込まれながら6位に入賞した田中雅己選手(#113)や、岡野選手がこれに続いた。
富田選手は、1周目に古賀選手を抜いてトップに浮上。
これを、2周目に古賀選手をパスした竹中選手が追ったが、徐々に富田選手が竹中選手との差を拡大していった。
古賀選手と田中選手は接近戦を繰り広げ、レースが中盤に入るころに田中選手がパッシング。
その後方には、1周目14番手と出遅れていた能塚選手が迫った。
レースが後半に入ったところで、田中選手をパスした能塚選手は、竹中選手との距離を縮め、終盤に逆転。しかしすぐに転倒して後退した。
レースは、富田選手が再び独走で勝利。竹中選手が2位、能塚選手が3位となった。


竹内優菜選手が再び勝利して全日本4連勝達成!


ダンロップタイヤを履く竹内優菜選手(#1)が、スタート直後の1コーナーを2番手で通過すると、すぐにライバルをパスしてトップに浮上。
すると、オープニングラップから早くも後続を引き離しにかかり、レースをリードした。地元レースとあって大勢の応援が会場に駆けつけていた安原さや選手(#2)は、スタートで出遅れて1周目は11番手。しかし2周目に8番手へと浮上し、4台による接近戦の5番手争いに加わっていった。

レース中盤、トップの竹内選手は好調な走りをキープして、アドバンテージを10秒以上に拡大。安原選手は6周目に4番手へとポジションを上げると、すぐ前を走るライバルを猛追して、パッシングのチャンスを探った。
そしてレースが残り2周となった11周目、安原選手がついに逆転。
この段階で、2番手との差は約5秒で、安原選手は最後まで諦めることなく前を追った。
そしてレースは、竹内選手が4連勝を達成。安原選手が3位に入賞した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小方 誠 Team HRC HONDA `32.25.560 DUNLOP user
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `32.30.453  
3位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA `32.31.784 DUNLOP user
4位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `32.32.694 DUNLOP user
7位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.01.882 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `33.24.845 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `31.22.877  
2位 小方 誠 Team HRC HONDA `31.26.240 DUNLOP user
3位 星野 優位 SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS HONDA `31.36.917  
6位 成田 亮 Team HRC HONDA `31.46.541 DUNLOP user
7位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `31.51.146 DUNLOP user
8位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `31.57.285 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.25.202 DUNLOP user
2位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.39.909 DUNLOP user
3位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `32.50.866 DUNLOP user
4位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `32.59.752 DUNLOP user
6位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `33.15.104 DUNLOP user
7位 石浦 諒 SRF Teamブルーイーグルス SUZUKI `33.25.785 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `31.36.900 DUNLOP user
2位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.00.688 DUNLOP user
3位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `32.03.968 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `32.15.205 DUNLOP user
6位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `32.30.286 DUNLOP user
7位 北原 岳哲 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `32.41.796 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `16.44.083 DUNLOP user
2位 久保 まな SRFスポーツ with KUBO RC J:COM SUZUKI `16.51.031  
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `16.54.634 DUNLOP user
6位 山本 泉   HONDA `17.23.372 DUNLOP user
7位 勝俣 七海 Team ITOMO HONDA `17.23.605 DUNLOP user
11位 金尾 里香 FFF レーシング HONDA `17.27.602 DUNLOP user

第5戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小方 誠 Team HRC HONDA 217 DUNLOP user
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 197  
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 187  
4位 成田 亮 Team HRC HONDA 186 DUNLOP user
6位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA 147 DUNLOP user
7位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI 140 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 239 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 190 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 188 DUNLOP user
4位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 184 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA 169 DUNLOP user
8位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 92 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 113 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 93 DUNLOP user
3位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 69  
7位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 66 DUNLOP user
8位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 65 DUNLOP user
10位 永井 歩夢 SRF 関東オートスポーツ清水 SUZUKI 51 DUNLOP user