RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/7/19 MFJ/MX 2015全日本モトクロス選手権 第6戦 東北大会
天気 気温 観客
晴れ 30℃ 2,500人(2日間)

小方誠選手がポイントリーダーの座を守る!


今季は全10戦が設定されている全日本モトクロス選手権は、シーズン後半戦を迎えた。
第6戦東北大会の舞台は、岩手県にある藤沢スポーツランド。サンドを含んだ土質の林間コースだ。
今大会の前に、土の搬入を含む整備が行われ、これまでよりもフワフワとした路面状況となった。
予選が行われた土曜日の天候は曇り。午後から小雨が舞ったが、走行中は小康状態が保たれた。決勝日は、天候が完全に回復。
徐々に雲が少なくなり、太陽と青空が顔をのぞかせると、気温はどんどん上昇し、タフなレースコンディションとなった。

全日本最高峰のIA1では、小方誠選手(#2)がランキングトップで今大会を迎えた。
31ポイント差の4番手につけていた成田亮選手(#1)は、予選で発生したマシントラブルの影響により、決勝レースへの出走をキャンセル。
これにより、成田選手のタイトル獲得は、かなり難しい状況となった。
決勝ヒート1では、小方選手がスタートで大きく出遅れ、1周目を7番手でクリア。
2周目には、三原拓也選手(#822)と接触して両者転倒し、小方選手は5位に終わった。
田中教世選手(#16)は、序盤に3番手を走行し、4位に入賞した。

決勝ヒート2でも、小方選手はやや出遅れたが、1周目を5番手でクリアすると、レースが中盤に入るころには3番手に浮上。
10秒近い差を縮めて、終盤にはトップ争いを繰り広げる2台に迫った。
最後まで2番手のライダーを攻略できず、小方選手は3位となったが、ポイントリーダーの座は守った。このレースでは、田中選手が5位。
一時は3番手を走った三原選手は、小方選手や田中選手らに抜かれるも6位でフィニッシュ。
ヒート1では6位となった安原志選手(#500)は、1周目9番手から着実に追い上げて7位となった。


能塚智寛選手がヒート2で今季初優勝!


決勝ヒート1で好スタートを決めたのは、ポイントリーダーの富田俊樹選手(#317)。
序盤からハイペースで、後続を引き離しにかかった。ライバルの中でこの速さについていけたのは、能塚智寛選手(#32)のみ。
序盤はふたりの接近戦が続き、能塚がミスによって3秒ほど遅れてからも、こう着状態が続いた。
しかしレース後半になると、能塚のペースが落ち、富田が独走した。
中盤、このふたりから大きく遅れた3番手集団の先頭に立ったのは、IAルーキーの古賀太基(#01)。
ところが古賀は、1周目19番手から追い上げてきた渡辺祐介(#43)や、4周目の転倒後退から挽回してきた竹中純矢(#31)に抜かれた。
そしてレースは、富田が勝利。能塚が2位、渡辺が3位、竹中が4位、古賀が5位となった。

決勝ヒート2では、スターティングゲートの動作不良が原因と思われるアクシデントにより、富田をはじめとする数台が大きく出遅れるアクシデントが発生。
しかしレースは、そのまま進行されていった。そんな状況の中、2周目にトップへと浮上したのは能塚。
2番手以下がバトルを繰り広げている間に、アドバンテージを築いていった。レース中盤、2番手集団の中で古賀が先頭に。
さらに、1周目9番手から追い上げてきた渡辺が、古賀の背後に迫った。レース後半、渡辺は古賀の攻略に成功。
しかしこの段階で、能塚は10秒近いリードを築いていた。
また、3番手に後退した古賀には、1周目16番手から激しい追い上げをみせた富田が迫り、逆転に成功した。
そしてレースは、能塚が今季初となる優勝。渡辺が2位、富田が3位、古賀が4位となった。


竹内優菜選手が追い上げて5連勝!


ダンロップタイヤを履く竹内優菜選手(#1)と安原さや選手(#2)は、スタート時にゲートのバーに接触するアクシデントにより出遅れ、竹内選手が1周目6番手、安原選手が同7番手からのレースとなった。
ここから、前戦まで4連勝を果たしている昨年度王者の竹内選手が、驚異的な追い上げを披露。
2周目には3番手、3周目には2番手に浮上すると、トップのライダーに迫った。
また安原選手も、2周目に6番手に順位を上げ、伊集院忍選手(#10)に迫った。

レース後半、伊集院選手などを攻略して4番手にアップしていた安原選手は、本田七海選手(#9)を猛追した。
また竹内選手は、ラスト3周となった6周目にトップ浮上。その後は、後続を引き離していった。
7周目、安原選手は本田選手をパス。
しかし本田選手も粘り、ここにもう1台のライバルが加わって、3番手争いは3台となった。
そしてレースは、竹内選手が逃げ切って勝利。
安原選手は3位、本田選手は最後に抜かれて5位となった。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `32.37.355  
2位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `32.39.396  
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `32.48.052  
4位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA `32.51.425 DUNLOP user
5位 小方 誠 Team HRC HONDA `32.52.977 DUNLOP user
6位 安原 志 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `33.10.801 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `31.22.877  
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `31.26.240  
3位 小方 誠 Team HRC HONDA `31.36.917 DUNLOP user
5位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA `33.24.686 DUNLOP user
6位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `33.28.408 DUNLOP user
7位 安原 志 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `33.36.377 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.31.415 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `32.47.780 DUNLOP user
3位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `32.58.586 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.04.861 DUNLOP user
5位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `33.10.263 DUNLOP user
9位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `33.20.580 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `33.03.736 DUNLOP user
2位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `33.08.718 DUNLOP user
3位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.23.970 DUNLOP user
4位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `33.28.696 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.32.877 DUNLOP user
7位 横澤 拓夢 N.R.T. HONDA `33.39.789 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `17.12.775 DUNLOP user
2位 邵 洋子 SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS HONDA `17.19.690  
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `17.30.427 DUNLOP user
5位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `17.32.404 DUNLOP user
6位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA `17.41.059 DUNLOP user
7位 勝俣 七海 Team ITOMO HONDA `17.45.880 DUNLOP user

第6戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小方 誠 Team HRC HONDA 253 DUNLOP user
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 247  
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 229  
5位 成田 亮 Team HRC HONDA 186 DUNLOP user
6位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA 181 DUNLOP user
7位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI 164 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 284 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 237 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 221 DUNLOP user
4位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 200 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA 193 DUNLOP user
6位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 134 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 138 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 113 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS HONDA 89  
5位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 81 DUNLOP user
6位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 81 DUNLOP user
9位 畑尾 樹璃 グリーンクラブ TEAM MOTOBOY KAWASAKI 69 DUNLOP user