RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/8/30 MFJ/MX 2015全日本モトクロス選手権 第7戦 SUGO大会
天気 気温 観客
19℃ 2,700人(2日間)

成田亮選手がヒート1を勝利。安原志選手がIA1初表彰台!


全10戦で競われる今季の全日本モトクロス選手権。サマーブレイク明けとなるその第7戦が、第4戦と最終戦の舞台にも設定されている宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。
乾くと堅く締まる土質のコースは、今大会に合わせてよりハイスピードでダイナミックな方向にレイアウト改良を受けていた。しかし、大会期間中は雨が降り続き、コースはかなりひどいマディ状態。このため、スタックポイントが次々にショートカットされ、本来とは大きく異なるレイアウトでのレースとなった。それでも各所に難所が残り、ライダーを苦しめた。

全日本最高峰のIA1では、小方誠選手(#2)がランキングトップで今大会を迎えた。決勝ヒート1、その小方選手は好スタートを切ったが、混戦の中で泥が巻き上がる序盤に少し順位を落とし、ここから挽回して4位でゴールとなった。
優勝したのは、小方選手と同じホンダファクトリーチームに所属し、ダンロップタイヤを履く成田亮選手(#1)。2周目にトップへ浮上すると、そのまま独走した。またこのヒートでは、今季からヤマハファクトリーチームに加入した最高峰クラスルーキーの安原志選手(#500)が、3位でIA1初表彰台に登壇した。

また決勝ヒート2でも、安原選手は快調な走りを披露。2周目から終盤まで、3番手をキープした。ところが終盤、深い泥でスタック。安原選手は残念ながら11位に終わった。
ヒート1勝者の成田選手は、レースが中盤に入った5周目にトップ浮上。ところがその4周後に転倒してからはペースが落ち、2位でのゴールとなった。小方選手は、再び序盤のペースが上がらず4位。それでも、ポイントランキングでは2番手との差を拡大した。
またこのヒートでは、田中教世選手(#16)が1周目14番手から驚異の追い上げで3位に入賞した。


富田俊樹選手が今季3度目の両ヒート制覇!


決勝ヒート1で好スタートを決めたのは、ポイントリーダーの富田俊樹選手(#317)。2番手には渡辺祐介選手(#43)がつけた。レース序盤から中盤にかけ、両者は10〜15秒ほどの差を保ちながら、転倒やスタックなどで目まぐるしく順位が入れ替わる3番手以下を大きく引き離していった。
レースが残り3周となった8周目の最終コーナーで、富田選手が転倒。この間に渡辺選手が先頭に立った。富田選手は翌周にも転倒を喫し、これで渡辺選手がリード。しかし最終ラップには逆に、渡辺選手がゴールまで残り100mほどの地点にある難所でストップ。
これで富田選手が再逆転に成功し、富田選手が優勝、渡辺選手が2位となった。また3位には、横澤拓夢選手(#46)が入り、IA初表彰台に登壇した。

決勝ヒート2は、富田選手がスタートで完全に出遅れ、横澤選手のホールショットで幕を開けた。これに続いたのは、ヒート1では序盤から3番手を走りながら最後に抜かれて4位となった能塚智寛選手(#32)。渡辺選手も3番手の好位置を確保した。
2周目、横澤選手は順位を下げ、能塚選手がトップに。横澤選手は3周目に3番手へと復活したが、5周目に後退。同じ周、能塚選手も順位を下げた。これでトップに立ったのが、1周目9番手から追い上げてきた富田選手。6周目にはミスにより再び3番手に下がったが、翌周にトップへと返り咲くと、そのまま独走。
富田選手が両ヒート制覇を達成した。能塚選手は2位。渡辺選手はスタックしてリタイアとなり、竹中純矢選手(#32)3位、横澤選手が4位となった。


安原さや選手が待望の今季初勝利!


ダンロップタイヤを履く竹内優菜選手(#1)がランキングトップ、同じくダンロップタイヤを使う安原さや選手(#2)がランキング2番手で、今大会を迎えた。
その決勝レースでは、マディレースを得意とする安原選手がホールショットを奪うと、オープニングラップだけで後続を20秒近く引き離す、圧倒的な速さをみせた。
竹内選手は1周目8番手。予選2番手から臨んだ伊集院忍選手(#10)は、スタックして完全に上位勢から脱落した。

スタート直後からあらゆる場所にスタックする車両がある状態にもかかわらず、安原選手は毎周同じような驚速タイムを叩き出し、独走を続けた。
そして最終ラップには、ついに2番手のライダーをも周回遅れに。
その直後に転倒してタイムロスしたが、結果的には4位以下をラップ遅れにして、安原選手が今季初優勝を挙げた。また2位に本田七海選手(#9)、3位に神田橋芽(#12)が入り、全日本初表彰台に登壇。竹内選手は4位でゴールした。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `29.12.232 DUNLOP user
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `31.05.003  
3位 安原 志 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `31.25.987 DUNLOP user
4位 小方 誠 Team HRC HONDA `32.06.364 DUNLOP user
7位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `29.51.653 DUNLOP user
9位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `31.23.020 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `27.21.524  
2位 成田 亮 Team HRC HONDA `28.16.911 DUNLOP user
3位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA `27.54.379 DUNLOP user
4位 小方 誠 Team HRC HONDA `28.03.683 DUNLOP user
6位 星野 裕 KTMうず潮レーシング福山 KTM `29.01.682 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `28.11.089 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `30.52.044 DUNLOP user
2位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `31.05.028 DUNLOP user
3位 横澤 拓夢 N.R.T. HONDA `31.19.944 DUNLOP user
4位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `32.14.118 DUNLOP user
5位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `32.37.321 DUNLOP user
7位 斉藤 嵩 SRF関東オートスポーツ清水 SUZUKI `32.46.703 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `30.35.425 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `31.04.606 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `31.12.538 DUNLOP user
4位 横澤 拓夢 N.R.T. HONDA `33.36.143 DUNLOP user
6位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `35.14.201 DUNLOP user
7位 鎌倉 大樹 レーシングチーム鷹 YAMAHA `30.58.933 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `13.20.397 DUNLOP user
2位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `13.25.577 DUNLOP user
3位 神田橋 芽 グリーンクラブ ピュアテックレーシング KAWASAKI `15.27.993 DUNLOP user
4位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `13.36.483 DUNLOP user
7位 勝俣 七海 Team ITOMO HONDA `14.25.634 DUNLOP user
11位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA `13.38.759 DUNLOP user

第7戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小方 誠 Team HRC HONDA 289 DUNLOP user
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 276  
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 276  
4位 成田 亮 Team HRC HONDA 233 DUNLOP user
6位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA 207 DUNLOP user
7位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI 185 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 334 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 277 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 254 DUNLOP user
4位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 215 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA 201 DUNLOP user
6位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 156 DUNLOP user
td>
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 156 DUNLOP user
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 138 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS HONDA 104  
4位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA103 DUNLOP user
6位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 81 DUNLOP user
8位 勝俣 七海 Team ITOMO HONDA 72 DUNLOP user