RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/9/13 MFJ/MX 2015全日本モトクロス選手権 第8戦 近畿大会
天気 気温 観客
晴れ 24℃ 5,960人(2日間)

成田亮選手が両ヒート1優勝。小方誠選手を不運が襲う。


今季の全日本モトクロス選手権は、シーズン終盤戦に突入。第8戦近畿大会が、奈良県の名阪スポーツランドで開催された。
路面は砂に近い土質で、ハイスピードなレイアウト。レースウィークに降った雨の影響などから、水分をやや多めに含んだ柔らかめの状態だったこともあり、とくに決勝日は各所に大きなギャップが発生し、難しいコンディションとなった。
予選が行われた土曜日は晴れ。決勝が開催された日曜日は、朝から曇天で雨が降ったが、1時間ほどで止むと徐々に天候が回復し、お昼ごろからは再び青空に恵まれた。

全日本最高峰のIA1では、小方誠選手(#2)がランキングトップで今大会を迎えた。
ところが決勝ヒート1、4番手浮上を狙った小方選手は2周目に入るジャンプで大転倒。なんとか立ち上がり完走をめざしたが、最終的にはリタイアとなった。
レースは、1周目11番手と出遅れた昨年度王者の成田亮選手(#1)が、着実な追い上げでレース中盤に2番手へ浮上すると、ライバルの転倒でトップに立ち、そのまま優勝した。
また、序盤にトップ争いを繰り広げた田中教世選手(#16)が2位、安定した走りを披露した安原志選手(#500)が4位となった。

決勝ヒート2では、成田選手が2番手でスタート直後の1コーナーをクリア。
トップのマシンと接触して一度は後退したが、すぐに順位を回復すると、3周目にトップ浮上を果たした。レースが中盤に入ると、成田選手は後続を徐々に引き離して独走。
そのままトップチェッカーを受け、今季3度目の両ヒート制覇を達成した。田中選手はマシントラブルによりリタイア。
3周目に転んで11番手まで後退した三原拓也選手(#822)が、追い上げて5位でゴールした。小方選手はケガによりこのレースへの出走をキャンセル。ランキング3番手に後退した。


富田俊樹選手が前戦に続く今季4度目の両ヒート制覇!


シリーズランキング2番手で今大会に挑んだ能塚智寛選手(#32)が、土曜日朝の練習走行で負傷。予選をキャンセルして、シード権を行使して決勝に臨むことになった。
そのヒート1、ポイントリーダーの富田俊樹選手(#317)はやや出遅れたが、1周目を4番手でクリア。
2周目に2番手へ浮上すると、トップの竹中純矢選手(#31)をマークした。レースが中盤に入った7周目、トップを守っていた竹中選手が転倒。
これで富田選手がトップに立ち、最終的には独走で勝利を収めた。竹中選手が2位。
終盤に田中雅己選手(#113)の追撃を受けながらも、IAルーキーの古賀太基選手(#01)が3位の座を守り抜き、IA初表彰台に登壇した。
ダンロップ勢は6位入賞圏内を独占。能塚選手は15位でゴールとなった。

決勝ヒート2では、富田選手が実力どおりのスタートダッシュを披露し、オープニングラップからトップの座を確保。これを田中選手が追った。
古賀選手が序盤で3番手に浮上したが、転倒を喫して大きく後退。
岡野聖選手(#34)と竹中選手が、接近戦の3番手争いを繰り広げた。
富田選手は、ハイペースを維持して田中選手からリードを奪おうと試みたが、田中選手もこれに負けないスピードをみせ、両者が数秒の差を保ったまま、3番手以下を引き離していった。
レース後半、一度は富田選手が田中選手の接近を許したが、終盤は逆に突き放し、再びトップでフィニッシュ。
田中選手が2位、中盤に竹中選手を引き離した岡野選手が3位、竹中選手が4位、最終ラップで順位を上げた渡辺祐介選手(#43)が5位となった。


安原さや選手が2位でランキングトップに浮上!


ダンロップタイヤを履く竹内優菜選手(#1)がランキングトップ、同じくダンロップタイヤを使う安原さや選手(#2)がランキング2番手で、今大会を迎えた。
その決勝レースでは、竹内選手がホールショット。すぐに2番手へと後退したが、トップのライダーをぴったりマークした。
さらに、スタートでやや出遅れた安原選手も、すぐに追い上げて3番手に浮上。2周目以降、竹内選手と安原選手を含む3台による、接近戦のトップ争いが続いた。

レースがちょうど後半に入った5周目、トップのライダーを僅差で追っていた竹内選手が、ジャンプの着地で激しく転倒。
竹内選手は立ち上がることができず、そのままリタイアとなった。これで2番手に浮上した安原選手は、トップのライダーに肉迫。
しかしパッシングのチャンスを得られず、安原選手はトップとわずか0.986秒差の2位でフィニッシュした。
竹内選手がノーポイントに終わったことから、安原選手がランキングトップに浮上した。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.00.097 DUNLOP user
2位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA `33.16.907 DUNLOP user
3位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI `33.31.398  
4位 安原 志 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `33.40.155 DUNLOP user
6位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `33.48.144 DUNLOP user
11位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `34.15.379 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 成田 亮 Team HRC HONDA `33.26.189 DUNLOP user
2位 新井 宏彰 K.R.T. KAWASAKI `33.35.640  
3位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI `33.48.888  
5位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `33.56.532 DUNLOP user
8位 安原 志 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `34.13.755 DUNLOP user
9位 北居 良樹 KTMうず潮レーシング福山 KTM `34.30.781 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.04.667 DUNLOP user
2位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.14.145 DUNLOP user
3位 古賀 太基 N.R.T. HONDA `31.22.233 DUNLOP user
4位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `33.22.491 DUNLOP user
5位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `33.31.653 DUNLOP user
6位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `33.32.939 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `33.14.247 DUNLOP user
2位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `33.27.017 DUNLOP user
3位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA `33.33.594 DUNLOP user
4位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.47.472 DUNLOP user
5位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA `34.03.575 DUNLOP user
7位 小川 孝平 Team ITOMO HONDA `34.04.715 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 邵 洋子 SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS HONDA `17.39.351  
2位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `17.40.337 DUNLOP user
3位 久保 まな SRFスポーツ with KUBO RC J:COM SUZUKI `18.15.137  
4位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `18.19.866 DUNLOP user
5位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA `18.22.441 DUNLOP user
7位 勝俣 七海 Team ITOMO HONDA `18.20.983 DUNLOP user

第8戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 314  
2位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 309  
3位 小方 誠 Team HRC HONDA 289 DUNLOP user
4位 成田 亮 Team HRC HONDA 283 DUNLOP user
6位 田中 教世 TEAM TAKASE with YAMAHA YAMAHA 229 DUNLOP user
7位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI 216 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 384 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 296 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 294 DUNLOP user
4位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 250 DUNLOP user
5位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA 241 DUNLOP user
6位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 185 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 160 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 156 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS HONDA 129  
4位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 121 DUNLOP user
6位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 97 DUNLOP user
8位 勝俣 七海 Team ITOMO HONDA 86 DUNLOP user