RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/10/25 MFJ/MX 2015全日本モトクロス選手権 第10戦 第53回MFJ-GPモトクロス大会
宮城県 スポーツランドSUGO
天気 気温 観客
晴れ時々曇り一時雨 12℃ 7,300人(2日間)

スポット参戦した海外ダンロップ勢が両ヒート制覇!


全日本モトクロス選手権は、ついにシーズン最終戦。
10戦目となる第53回MFJ-GPモトクロス大会が、宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。
決勝日は、朝から晴天ながら強風が吹き、徐々に雲が増える状況。青空のまま小雨が舞ったり、突然暗くなって強めの雨が降ったり、かと思いきや再び日が差したりと、目まぐるしく天候が変化する状況となった。
路面は、土曜日夜に降った雨の影響もあって、運営側が狙っていたよりも締まった状態。
それほど大きくはないが硬いギャップが、国際格式ということでスポット参戦した海外トップライダーをも苦しめた。

最高峰クラスのIA1には、3名の外国人ライダーがスポット参戦。
このうち、米国AMAスーパークロス選手権の最高峰クラスで今季2勝を挙げたホンダのトレイ・カナード選手(#241)と、同じくスーパークロスの250SXウエストを制したヤマハのクーパー・ウェブ選手(#117)が、ダンロップタイヤを使用している。
決勝ヒート1では、このふたりがスタート直後からマッチレースを展開。
中盤にカナード選手が転倒を喫したことから、ウェブ選手が勝利し、カナード選手が2位となった。
また、ホンダの成田亮選手(#1)が4位、小方誠選手(#2)が5位で、日本人勢のトップ2となった。

決勝ヒート2では、再びカナード選手が好スタート。
今度は、同じくスポット参戦した世界選手権王者と、マッチレースを繰り広げた。
終盤まで僅差のトップを維持したカナード選手は、残り2周のところで一時的にその座を明け渡したが、すぐにトップを奪い返すと、逃げ切って勝利を収めた。
ウェブ選手は、1周目からポジションをキープし続けて3位。
成田選手は、スタート直後の転倒により最後尾から追い上げ、再び日本人トップとなる4位でゴールした。
マシントラブルの影響による第6戦のノーポイントが響き、成田選手はランキング3位でシーズンを終えた。


ヒート2ではダンロップライダーが表彰台を独占!


このクラスでは、ダンロップタイヤを履くホンダの富田俊樹選手(#317)が、前戦ヒート1で早々とシリーズタイトル獲得を決めている。
今大会には、このクラスの昨年度王者で、今季はオーストラリア選手権にフル出場してランキング3位の好成績を収めたカワサキの勝谷武史選手(#888)がスポット参戦。
新旧王者バトルにも注目が集まった。
また、AMAモトクロス選手権の250MXで今年のチャンピオンとなったヤマハのジェレミー・マーティン選手(#111)をはじめ、多くの外国人ライダーがエントリーして話題となった。
決勝ヒート1では、スタート直後に世界選手権MX2チャンピオンとトップを争ったマーティン選手が転倒し、1周目24番手という波乱。
しかしマーティン選手は、混戦を物ともせず追い上げを続け、レース前半はトップを走っていた勝谷選手をラスト2周で抜き、2位となった。

決勝ヒート2では、マーティン選手が好スタートを決めると、世界選手権王者が2周目に転倒したことで、勝谷選手が2番手で続く展開。
さらに、ヒート1は走りがカタく4位に終わった富田選手と、ヒート1では6位に入賞した能塚智寛選手(#32)が追った。
序盤から、マーティン選手は徐々にリードを拡大して独走。
勝谷選手も、これに引っ張られるかのように後続との差を拡げていった。
富田選手はペースが上がらず、能塚選手の追撃を許したが、レースが中盤に入ると能塚選手のペースが落ち、逆に富田選手はキープしたことから、富田選手も単独走行となっていった。
そしてレースは、マーティン選手が優勝。
勝谷選手が2位、富田選手が3位、能塚選手が4位となり、ダンロップ勢がトップ4を占めた。
また、両ヒート総合成績ではマーティン選手がトップ、勝谷選手が2位に輝いた。


安原さや選手が初のチャンピオン!


ダンロップユーザーによるチャンピオン争いは、安原さや選手(#2)が昨年度女王の竹内優菜選手(#1)を9ポイントリードして、この最終戦を迎えることになった。
決勝では、好スタートを切った本田七海選手(#9)を、オープニングラップで竹内選手が抜いてトップでクリア。
本田選手は、その後に転倒して9番手に後退。安原選手は4番手からのレースとなった。
レース序盤から、竹内選手はハイペースで逃げ、徐々に独走態勢となっていった。

一方の安原選手は、2周目まではペースが上がらずにいたが、その後はリズムをつかみ、3周目には3番手にアップ。
これで、竹内選手が優勝した場合でも、ひとつまでは順位を落とせる状況となった。そして8周のレースは、竹内選手が優勝。
安原選手は、2位の選手からは遅れたが、3位をキープしてチェッカーを受け、悲願の全日本タイトル獲得を決めた。
竹内選手は第8戦のケガとノーポイントに泣くも6勝を挙げ、ダンロップ勢は10戦中8レースで勝利を収めた。


順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 C.Webb Yamalube Star Yamaha Racing Team YAMAHA `33.23.971 DUNLOP user
2位 T.Canard Team Honda HRC HONDA `33.29.417 DUNLOP user
3位 R.Febvre YAMAHA FACTORY RACING YAMALUBE YAMAHA `34.01.021  
4位 成田 亮 Team HRC HONDA `34.33.340 DUNLOP user
5位 小方 誠 Team HRC HONDA `34.59.113 DUNLOP user
10位 安原 志 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA `35.21.016 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 T.Canard Team Honda HRC HONDA `33.35.272 DUNLOP user
2位 R.Febvre YAMAHA FACTORY RACING YAMALUBE YAMAHA `33.37.027  
3位 C.Webb Yamalube Star Yamaha Racing Team YAMAHA `34.29.865 DUNLOP user
4位 成田 亮 Team HRC HONDA `35.05.923 DUNLOP user
5位 小方 誠 Team HRC HONDA `35.08.147 DUNLOP user
9位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI `33.55.944 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 T.Gajser Honda Gariboldi HONDA `31.51.748  
2位 J.Martin Yamalube Star Yamaha Racing Team YAMAHA `32.15.053 DUNLOP user
3位 勝谷 武史 K.R.T. KAWASAKI `32.17.698 DUNLOP user
4位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.39.834 DUNLOP user
5位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `32.50.892 DUNLOP user
6位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `33.02.444 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 J.Martin Yamalube Star Yamaha Racing Team YAMAHA `32.04.797 DUNLOP user
2位 勝谷 武史 YAMALUBE RACING TEAM KAWASAKI `32.27.263 DUNLOP user
3位 富田 俊樹 Team HRC HONDA `32.41.739 DUNLOP user
4位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI `32.52.936 DUNLOP user
6位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI `33.30.874 DUNLOP user
7位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA `33.36.213 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA `18.05.590 DUNLOP user
2位 邵 洋子 SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS HONDA `18.11.388  
3位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA `18.17.445 DUNLOP user
4位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA `18.25.067 DUNLOP user
5位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA `18.25.554 DUNLOP user
10位 勝俣 七海 Team ITOMO HONDA `18.50.859 DUNLOP user

第10戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 小島 庸平 Team SUZUKI SUZUKI 384  
2位 熱田 孝高 Team SUZUKI SUZUKI 383  
3位 成田 亮 Team HRC HONDA 376 DUNLOP user
4位 小方 誠 Team HRC HONDA 359 DUNLOP user
6位 三原 拓也 K.R.T. KAWASAKI 271 DUNLOP user
7位 安原 志 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 258 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 富田 俊樹 Team HRC HONDA 482 DUNLOP user
2位 能塚 智寛 グリーンクラブ&パーク神戸RT KAWASAKI 372 DUNLOP user
3位 竹中 純矢 Team SUZUKI SUZUKI 371 DUNLOP user
4位 田中 雅己 TEAMナカキホンダ HONDA 297 DUNLOP user
5位 岡野 聖 フライングドルフィン サイセイ YAMAHA 290 DUNLOP user
6位 渡辺 祐介 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 219 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 安原 さや 名阪レーシング YAMAHA 210 DUNLOP user
2位 竹内 優菜 TEAM HAMMER ホンダ学園 HONDA 206 DUNLOP user
3位 邵 洋子 SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS HONDA 178  
4位 本田 七海 TEAM KOH-Z YAMAHA 160 DUNLOP user
6位 伊集院 忍 TEAM KOH-Z YAMAHA 133 DUNLOP user
7位 勝俣 七海 Team ITOMO HONDA 113 DUNLOP user