FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

全日本ロードレース
CATEGORY
■ 2015/9/13 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦 AUTOPOLIS 2&4 RACE 2015
天気 気温 観客
曇り、晴れ 20度 15,010人

ケガから復帰した中冨選手が9位。加賀山選手は11位に終わる





第6戦オートポリスは、4輪のフォーミュラニッポンと併催でJSB1000クラスのみ開催となった。
晴天の中で行われた予選。今回はノックアウト方式でスターティンググリッドを決めた。
クオリファイ1で、秋吉耕佑選手(HONDA)は9位、加賀山就臣選手(SUZUKI)は10位となり、クオリファイ2(トップ10チャレンジ)へ進む。
また、クオリファイ1の結果、右足首の骨折から復帰した中冨伸一選手(YAMAHA)は12位、渡辺一馬選手(HONDA)14位、伊藤勇樹選手(YAMAHA)は16位から決勝スタートすることになった。
続くトップ10チャレンジでも、秋吉選手9位、加賀山選手と10位で順位は変わらず。
秋吉選手は9位3列目、加賀山選手は10位4列目からのスタートとなった。

決勝当日、気温20度という秋晴れの中で決勝を迎えた。
スタートが切られると、それぞれが順調に走り出し、1周目を加賀山選手6位、中冨選手10位、秋吉選手11位で戻ってくる。
加賀山選手はペースが上がらず、徐々に後退。11位を走行していく。
中冨選手は、逆に加賀山選手を抜き去ると9位に浮上。その後、ヨシムラスズキのJ・フック選手と競り合っていく。
しかし、後半に入ると、中冨選手はフック選手の先行を許して10位に後退。
終盤、上位で1台がリタイアすると、中冨選手は9位でゴールした。
また、加賀山選手は中冨選手の後方につけていたが、ラストラップに藤田拓哉選手(YAMAHA)に抜かれてしまい11位でチェッカー。渡辺選手は13位となった。
一方、秋吉選手はマシントラブルのために4周目にリタイア。伊藤選手は5周目に転倒リタイアした。

●レース後のコメント

9位 中冨真一選手
「予選のフィーリングがあまりよく無かったので、決勝に向けてセッティング変更し、朝のフリー走行で確認した。予選のときよりも感触がよくなり、決勝レースへと臨んだ。最後は単独9位でゴールとなったが、復帰戦を無事に完走できてよかったと思う。今の問題を次の岡山戦で少しでも改善できるように、チーム一丸となってがんばります」

11位 加賀山就臣選手
「金曜日の走り出しは悪くなったが、4輪の走行時間が増えるとともに路面コンディションが難しくなり、タイヤの秘めるパフォーマンスを引き出すセットアップを見いだせないまま、決勝を迎えてしまった。チームとしてもいろいろ試したが、リアのグリップをフルに発揮させるセットアップが見つからなかった。決勝のスタート自体はまずまずだったが、そこから順位を落としていくレースとなってしまった。次のレースまでにはテストもあるので、そこでしっかりと準備をして、タイヤのポテンシャルをしっかりと発揮できるレベルにしたいです。残念な結果ですが、完走はできたので、このデータを次のレースに繋げられるよう頑張ります」

13位 渡辺一馬選手
「4月のオートポリスから、仕様を変えて臨んだ。そのため、セッティングの方向を決めていかなければならなかった。結果的に決めきれない部分もあり、それが影響したと思う。序盤にペースを上げることができなかった。残り2戦、いい走りができるようにマシンを仕上げたいです」

リタイア 秋吉耕佑選手
「いいペースで走っていたのですが、電気系のトラブルでマシンが止まってしまった。残念ですが、次に向けて気持ちを切り替えていきます。市販マシンでの戦いでは、さまざまな試みが必要なので、それも楽しみながらがんばっていきたい。最近では、250マシンに乗るライダーのコーチを始めたことで、初心を思い出し、また新たな気持ちでレースに取り組んでいます」



順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 中須賀克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA '34.42.001  
2位 津田拓也 ヨシムラスズキシェルアドバンス SUZUKI '34.45.698  
3位 渡辺一樹 Team GREEN KAWASAKI '34.46.864  
9位 中冨伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ YAMAHA '35.13.897 DUNLOP user
11位 加賀山就臣 Team KAGAYAMA SUZUKI '35.17.751 DUNLOP user
13位 渡辺一馬 au&テルル・Kohara RT HONDA '35.36.887 DUNLOP user

第6戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 中須賀克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 122  
2位 高橋巧 MuSASHi RT ハルクプロ HONDA 85  
3位 津田 拓也 ヨシムラスズキシェルアドバンス SUZUKI 79  
10位 秋吉 耕佑 au&テルル・Kohara RT HONDA 47 DUNLOP user
13位 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA SUZUKI 38 DUNLOP user
14位 中冨伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ YAMAHA 37 DUNLOP user