FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス

全日本ロードレース
CATEGORY
■ 2015/10/18 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦 SUPERBIKE RACE in OKAYAMA
天気 気温 観客
晴れ 25度 5,700人

中冨選手今季最高の5位、加賀山選手は8位でチェッカーを受ける



全日本第7戦は、筑波サーキット周辺を襲った豪雨災害のためキャンセルとなり、第8戦は約2か月ぶりの大会となった。
予選は、秋晴れの中でノックアウト方式で行われた。加賀山就臣選手(SUZUKI)はクオリファイ1で10位、中冨伸一選手(YAMAHA)は7位につけて、クオリファイ2に進んだ。
そして、クオリファイ2で、中冨選手は5位2列目を獲得。加賀山選手は7番手となる。
また、秋吉耕佑選手(HONDA)は12位、伊藤勇樹選手(YAMAHA)13位、渡辺一馬選手(HONDA)は14位につけた。

決勝当日、秋晴れに恵まれた。
スタートすると中冨選手、加賀山選手は好ダッシュを決めて、3、4番手につける。
中盤に向けて、中冨選手は、高橋巧選手(HONDA)、野左根航汰選手(YAMAHA)と3位争いを展開していく。6周目になると中冨選手は5位へ後退する。さらに、津田拓也選手(SUZUKI)に抜かれると中冨選手は6位に順位を下げる。
一方、加賀山選手はペースがあがらず、徐々に順位を落とすと9位につけていく。
レース後半、中冨選手は後方から山口辰也選手(HONDA)に追いつかれる。津田選手が転倒リタイアしたため、中冨選手と山口選手のバトルは5位争いとなり、接近戦を見せていく。
レース終盤は、山口選手に追われる苦しい展開となるが、中冨選手は5位を守り切って、今季最高位の5位でチェッカーを受けた。
また、加賀山選手は8位でゴールラインを通過した。

●レース後のコメント

5位 中冨真一選手(YAMAHA)
「今回は、予選、決勝とも自己ベストのリザルトを残せました。マシンの状態も少しずつよくなっています。最終戦鈴鹿では、今年一番のパフォーマンスを見せて、今シーズンを締めくくりたいと思います」

8位 加賀山就臣選手(SUZUKI)
「このコースでは、タイヤテストも重ねているので期待してレースウィーク入ったが、決勝に向けてバイク作りのところでミスしてしまい、思うような結果を出すことができなかった。リアタイヤのパフォーマンスをうまく発揮させようとセットアップしたが、それが裏目に出てしまった。でも、その方向では思うようにいかないということが分かったので、チームのデータとしては貴重なものを得ることができた。今回の反省を踏まえ、しっかりと修正して最終戦鈴鹿に臨みたい」





予選では、高橋裕紀選手(MORIWAKI)が5戦連続のポールポジションを獲得した。高橋選手は第5戦もてぎでのペナルティにより、今大会の予選ベスト5タイムが削除されたが、それでも1位は変わらず、ポールポジションをゲットした。
また、岩田悟選手(NTS)が3位フロントロー。岩崎哲朗選手(KAWASAKI)5位。以下、井筒仁康選手(KAWASAKI)6位、渥美心選手(HONDA)7位、 日浦大治朗選手(MORIWAKI)8位、 大木崇行選手(HONDA)9位、石塚健選手(KAWASAKI)10位につける。

決勝レースが始まると、高橋選手がホールショットを決めて、そのまま後続を引き離しにかかる。
岩田選手は2番手につける。2周目に生形秀之選手(SUZUKI)に抜かれるが、その後も岩田選手と生形選手は2位争いを展開していく。4位以降は、渥美選手、関口太郎選手(HARC-PRO)、日浦選手、石塚選手などが続く。
レース中盤になると、高橋選手は6秒以上のリードを奪い、完全に独走体制。岩田選手は3位につけていく。後半に入ると、4位争いは渥美選手と関口選手が繰り広げる。
トップの高橋選手は15秒近い大量リードを奪って、今季4勝目を達成。ランキングトップを奪回した。首位の高橋選手と2位生形選手が2点差となり、最終戦鈴鹿を迎えることとなった。
岩田選手が今季3度目の3位表彰台をゲット。続いて、渥美選手が関口選手を抑えて4位に入った。
また、井筒選手は1周目に転倒リタイアしている。

●レース後のコメント

優勝 高橋裕紀選手(MORIWAKI)
「常にプッシュしながら集中力を高めて走った。本当はレコードを更新したかったが、予選で達成できなかった。昨年のレースタイムを超えるという目標は、クリアできた。このいい流れのまま、チーム一丸となって最終戦を戦いたい」

3位 岩田悟選手(NTS)
「予選で出したタイムは、1周だけのタイムだった。決勝ではアドバンテージはないと思っていたので、表彰台に上がれるとは思っていなかった。決勝前に、監督らの意見を取り入れ、大きくセッティングを変更したおかげで、表彰台に上ることができた。最終戦の鈴鹿は大好きなコースなので、優勝したいです」

4位 渥美心選手(TSR2)
「予選でもっと前のグリッドを獲得していたら、表彰台に届いていたかもしれないと反省している。もう少しで3位に届きそうだったので、とても悔しい4位です。克服しなければならないことがまだまだある。しっかりと向き合って、できる限りのことをして最終戦に挑みたいと思います」

6位 日浦大治朗選手(MORIWAKI)
「6位という結果は非常に悔しい。朝のウォームアップでフロントのセッティングをガラリと変えたが、フィーリングが良くなかったので、決勝レースへはその逆のセッティングで臨んだ。レース序盤は調子が良かったが、レース中盤から後半にかけての走りを自分でアジャストできなかった。次戦鈴鹿は地元サーキットなので何が何でも食らいついて上位を狙っていきたい」



國峰選手が2位。サリム選手が初の表彰台3位を獲得する




國峰啄磨選手(HONDA)が今季2度目のポールポジション。澁田晨央(HONDA)4位、安村武志選手(プリミティブ)5位、古市右京選手(KTM)6位、G・サリム選手(HONDA)8位につける。

決勝レースがスタートすると、水野涼選手(HONDA)が好ダッシュ。古市選手が2番手、國峰選手は3位、サリム選手が4位につけ、序盤から激しい競り合いが展開されていく。
ところが3周目の1コーナーで3台が転倒したため赤旗が出され、レースはやり直しとなる。
2度目のスタートでも、水野選手がホールショットを奪うが、すぐに國峰選手がトップを奪う。國峰選手と水野選手の2台がまずはトップ争いを展開していく。
3位以下は、澁田選手、栗原佳祐選手(HONDA)、安村選手、サリム選手、古市選手と続く。
上位2台の國峰選手と水野選手は、5周目には4秒以上の差をつけてテールトゥノーズ。3位争いは、安村選手、栗原選手、徳留真紀選手(HONDA)、真崎一輝選手(HONDA)、サリム選手が展開していく。
レース中盤の10周目、國峰選手は水野選手に抜かれて2位に後退するが、15周目にトップを奪回する。上位2台から10秒以上後方の3位争いは、真崎選手、安村選手、栗原選手、徳留選手、サリム選手が混戦を続ける。
そして、残り2周というところで國峰選手は水野選手に抜かれてしまう。國峰選手は最後まで逆転を狙っていくが、惜しくも届かず2位でチェッカー。
また、3位争いも最後まで激戦となり、5台が1秒以内でゴールラインになだれ込み、サリム選手が3位を獲得。インドネシアの18歳、サリム選手が初の表彰台3位をつかんだ。
また、安村選手は7位。古市選手は8位、予選4位からスタートした澁田選手は13位に終わった。

●レース後のコメント

2位 國峰啄磨選手(HONDA)
「金曜日のフリー走行ではいいペースで走れていた。でも、予選、決勝と、金曜日のアベレージを出せなくて、流れが変わってしまった。決勝のウォームアップで挙動が出て、それを抑えられなかったことも負けた理由だと思う。それでもトップ争いをして、最後に勝負を仕掛けたが勝てなかった。最終戦では優勝できるように準備したい」

3位 G・サリム選手(HONDA)
「すごくいいレースができた。最後までトライし続けて、表彰台に立つことができた。日本のレベルはとても高く、いいライダーがたくさんいるので、表彰台に上がることは本当に難しかった。今回、チームがいいマシンをセットアップしてくれたことが表彰台に立てた理由です。最終戦の鈴鹿でも、同じようにバトルをして、もう一度表彰台に上りたいです」



順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 中須賀克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA '35.46.608  
2位 高橋巧 MuSASHi RT ハルクプロ HONDA '36.06.739  
3位 野左根航汰 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA '36.09.154  
5位 中冨伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ YAMAHA '36.13.027 DUNLOP user
8位 加賀山就臣 Team KAGAYAMA SUZUKI '36.20.047 DUNLOP user
11位 伊藤勇樹 41 Planning Global communication YAMAHA '36.47.924 DUNLOP user
12位 秋吉耕佑 au&テルル・Kohara RT HONDA '36.51.693 DUNLOP user
13位 渡辺一馬 au&テルル・Kohara RT HONDA '36.58.017 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 高橋裕紀 MORIWAKI RACING MORIWAKI '29.17.997 DUNLOP user
2位 生形秀之 エスパルスドリームレーシング SUZUKI '29.32.562  
3位 岩田悟 NTST.ProProject NTS '29.35.163 DUNLOP user
4位 渥美心 au&テルル・Kohara RT TSR2 '29.36.104 DUNLOP user
6位 日浦大治朗 MORIWAKI RACING MORIWAKI '29.43.084 DUNLOP user
7位 石塚健 RS-ITOH&ASIA KAWASAKI '29.46.486 DUNLOP user
8位 大木崇行 MOTO BUM HONDA HONDA '29.47.793 DUNLOP user
9位 岩崎哲朗 RS-ITOH&ASIA KAWASAKI '29.48.034 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー タイム  
1位 水野涼 MuSASHi RTハルクプロ HONDA '31.01.942  
2位 國峰啄磨 P.MU 7C HARC HONDA '31.02.014 DUNLOP user
3位 G・サリム Astra Honda Racing Team HONDA '31.19.244 DUNLOP user
7位 安村武志 犬の乳酸菌.jpプリミティブR.T プリミティブ '31.20.216 DUNLOP user
8位 古市右京 KTM RACING ASPIRATION KTM '31.29.707 DUNLOP user
13位 澁田晨央 TEAM i-FACTORY HONDA '31.32.700 DUNLOP user

第8戦終了時点

順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 中須賀克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA 147  
2位 高橋巧 MuSASHi RT ハルクプロ HONDA 107  
3位 野左根 航汰 YAMALUBE RACING TEAM YAMAHA 92  
10位 秋吉 弘亮 au&テルル・Kohara RT HONDA 56 DUNLOP user
11位 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ YAMAHA 53 DUNLOP user
12位 加賀山 幸男 Team KAGAYAMA SUZUKI 51 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 高橋裕紀 MORIWAKI RACING MORIWAKI 100 DUNLOP user
2位 生形秀之 エスパルスドリームレーシング SUZUKI 98  
3位 関口 太郎 MISTRESA with HARC-PRO HARC-PRO 81  
4位 岩田 悟 NTST.ProProject NTS 78 DUNLOP user
5位 渥美 心 au&テルル・Kohara RT TSR 73 DUNLOP user
6位 日浦 大治朗 MORIWAKI RACING MORIWAKI 69 DUNLOP user
順位 選手名 チーム メーカー ポイント  
1位 水野 涼 MuSASHi RTハルクプロ HONDA 87  
2位 真崎 一輝 Team RSC HONDA 86  
3位 栗原 佳祐 MuSASHi RT Jr. HONDA 77  
4位 G・サリム Astra Honda Racing Team HONDA 60 DUNLOP user
5位 國峰 啄磨 P.MU 7C HARC HONDA 57 DUNLOP user
6位 古市 右京 KTM RACING.ASPIRATION KTM 54 DUNLOP user