FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/3/8 全日本トライアル選手権第1戦 関東大会
天気 気温 観客
雨時々曇り一時晴れ 8度 2,500人

王座奪還に向けて黒山健一選手が開幕ダッシュ!




全日本トライアル選手権シリーズの今季開幕戦となる関東大会が、3月8日(日)に茨城県の真壁トライアルランドで行われた。国際A級スーパークラスでダンロップタイヤを履く小川友幸選手(#1)は今季、通算5度目のシリーズタイトル獲得と初の3連覇をめざす。一方、同じくダンロップを愛用する黒山健一選手(#2)は、新たに設立されたヤマハのファクトリーチームから参戦して、王座奪回を狙う。また、こちらもダンロップタイヤを使う野崎史高選手(#3)は、マシンを2ストローク車に変更して、ヤマハのサテライトチームから参戦することになった。

今大会の競技は、まず4時間30分の持ち時間で10セクションを2ラップ。その後、10分ほどのインターバルを挟み、スペシャル・セクション(SS)としてさらに難易度が高く見ごたえのあるふたつのセクションに挑む方式が採用された。それぞれのセクションは岩山の岩盤部分や崖などに設定され、大会当日に雨が降って滑りやすくなった路面が、ライダーたちを苦しめた。

黒山選手は、1ラップ目の第1セクションから第6セクションまでクリーン(減点0)を続ける好調な走りで、第7セクションで減点5、第8セクションで減点3となった以外はすべてクリーンして、減点8で1ラップ目のトップになった。2番手は小川選手で13点、3番手は野崎選手の14点となった。迎えた2ラップ目は、小川選手が今大会最少となる減点5で周回。これにより、黒山選手と2点差に追い上げた。一方、野崎選手は小川毅士選手(#4)に逆転されて4番手に後退した。これにより、勝負はSSまで持ち込まれたが、SSを連続クリーンした黒山選手が、小川(友)選手を突き放して開幕優勝を達成。小川(友)選手は2位、野崎選手はタイム減点が大きかった小川(毅)選手を逆転して、3位表彰台に登壇した。

第2戦近畿大会は、4月19日(日)に奈良県の名阪スポーツランドで開催される。

黒山健一選手のコメント
「昨年の最終戦が終わってから、このシーズンオフにマシンとともに色々なことをやってきて、ダンロップをはじめとするスポンサー各社には、今年も一生懸命頑張れる環境を整えていただきました。開幕戦は勝ちましたが、今日はこれで終わり。また4月から第2戦、第3戦がスタートするので、勝ち続けることができるように気を引き締めていきます。もちろんチャンピオン奪回が今季の目標ですが、過去にも開幕戦と第2戦をぶっちぎりで勝ちながら、第3戦から一気に成績を落としてチャンピオンになれなかった年があるので、最終戦が終わるまでは気を抜くことなく走ります」

 

小川友幸選手のコメント
「今日は、とにかく乗れていなかったですね。減点1の数が多く、それだけ我慢ガマンという感じで、最後までまったく波に乗れない感じでした。それでも、ライバルがワンミスで減点5になってくれたら逆転のチャンスはあると思い、ひたすら粘り強く走り続けました。結果的に、2ラップ目に2点差まで追いつけたことはよかったと思います。悪いなりにまとめられたので、3連覇のチャンスは十分にあると手ごたえを得られたし、この後もよい戦いができると思います」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 0 16 18 DUNLOP
2位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 23 9 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 1 39 12 DUNLOP
4位 4 小川毅士 So7 WISE BETA Racing Beta 5 42 10 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 2 48 9 DUNLOP
6位 6 田中善弘 So7 WISE BETA Racing Beta 0 60 7 DUNLOP

第1戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 20 DUNLOP
2位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 17 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 15 DUNLOP
4位 4 小川毅士 So7 WISE BETA Racing Beta 13 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 11 DUNLOP
6位 6 田中善弘 So7 WISE BETA Racing Beta 10 DUNLOP