FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/4/19 全日本トライアル選手権第2戦 近畿大会
天気 気温 観客
小雨のち曇り 20度 1,850人

小川友幸選手が5戦ぶりの全日本優勝!




全日本トライアル選手権シリーズの今季第2戦となる近畿大会が、4月19日(日)に奈良県の名阪スポーツランドで行われた。
最高峰クラスの国際A級スーパークラスでは、新設されたヤマハファクトリーレーシングチームから参戦する黒山健一選手(#2)が、開幕戦を制し、連勝を狙った。
また、この開幕で僅差により優勝を逃した昨年度王者の小川友幸選手(#1)や、今季は2ストロークのニューマシンで臨む野崎史高選手(#3)などが、勝利をめざした。

競技は、5時間の持ち時間で8セクションを3ラップ。
その後、さらに難易度が高く見ごたえのあるふたつのスペシャル・セクション(SS)を走る方式で競われた。
当日は降雨が心配されたが、朝に小雨が降った程度で天気は回復。
セクションは、見上げるようなヒルクライムや崖上りなど、ダイナミックなレイアウトが多く用いられ、失敗すると減点5になるリスクが高めの設定とされた。

小川選手は1ラップ目、第2セクションこそ減点1となったが、それ以外はクリーンを連発。
最後のヒルクライムで減点3となるも、合計わずか4点でトップに立った。
さらに小川選手は、2ラップ目にミスを減らし、減点3で走破して2番手以下との差を拡大。
3ラップ目の最終セクションで、この日初めて減点5となり、2番手の野崎選手に3点差まで詰め寄られたが、SSはふたつともクリーンで決め、昨年の第4戦以来となる全日本での勝利を挙げた。
この結果、シリーズランキングでも、黒山選手を逆転して2ポイント差でトップに立った。
また、野崎選手は減点5をひとつも取らない確実な走りで、今季初の2位。
減点5となるミスが目立った黒山選手は、SSで小川毅士選手(#4)に逆転される可能性もあったが粘り、辛くも3位を手にした。

第3戦九州大会は、5月17日(日)に熊本県の矢谷渓谷トライアル場で開催される。

 

小川友幸選手のコメント
「昨年の北海道大会以来、久しぶりの優勝。
とてもうれしいですし、プレッシャーの中で結果が出て、ほっとしています。
1ラップ目の第2セクションでは、第1戦を思い出させるミスだったので、正直ヤバいと思いましたが、その後は修正できました。
最後のヒルクライム・セクションは、3回走って3点、クリーン、5点だったので、ちょっと情けないですね。
3ラップ目はオールクリーンを狙っていたので、第3セクションで早くも減点1点としてしまったのが残念でした。
SS前の時点で野崎選手と3点差で、プレッシャーはありましたが、集中して冷静に走れました。
まだ2戦終わったばかりですが、シーズンの早い段階で勝てたことがよかったです」

 

野崎史高選手のコメント
「この会場を2ストロークマシンで走るのは、今回が初めて。
そのため不安だらけでしたが、実際は色々なことがよい方に転がってくれて、小川選手と優勝争いができました。
今後の大会に向けた自信にもつながりましたが、その一方でやはり勝てなかった悔しさもあります。
正直なところ、まだ新しいマシンに乗り慣れていないところもあるので、気になるところをさらに改善して乗り慣れていけば、最高の武器になると思っています。
これからがより楽しみになりました」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 13 20 DUNLOP
2位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 0 17 15 DUNLOP
3位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 0 33 13 DUNLOP
4位 4 小川毅士 So7 WISE BETA Racing Beta 0 41 11 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 0 73 5 DUNLOP
6位 6 田中善弘 So7 WISE BETA Racing Beta 0 89 5 DUNLOP

第2戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 37 DUNLOP
2位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 35 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 32 DUNLOP
4位 4 小川毅士 So7 WISE BETA Racing Beta 26 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 22 DUNLOP
6位 6 田中善弘 So7 WISE BETA Racing Beta 20 DUNLOP