FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/7/19 全日本トライアル選手権第4戦 北海道大会
天気 気温 観客
快晴 31度 700人

黒山健一選手が接戦を制して今季2勝目!





全日本トライアル選手権シリーズの今季第4戦となる北海道大会が、7月19日(日)に例年と同じ会場となる和寒町のわっさむサーキットで開催された。
国際A級スーパークラスでダンロップタイヤD803GPを履く小川友幸選手(#1)は、全日本3連勝をかけて今大会に臨んだ。
一方、同じくダンロップを愛用し、今年はヤマハのファクトリーチームから参戦している黒山健一選手(#2)は、タイトル奪還に向けてまずは小川選手の連勝を止めたい状況。
野崎史高選手(#3)や小川毅士選手(#4)らもダンロップタイヤを履き、優勝を狙っていた。

競技は、4時間30分の持ち時間で8セクションを3ラップした後、さらに難易度が高く見ごたえのあるふたつのスペシャル・セクション(SS)に挑む方式が採用された。
当日は快晴に恵まれ、最高気温が30度を超すなかでの戦いに。
セクションは、クリーン(減点0)を狙える反面、失敗して減点5になりやすい難しさもあった。
結果的に、トップ4による優勝争いは最終セクションまでもつれ込むことになった。

その1ラップ目、トップとなったのは減点5の小川毅士選手。
これを、減点6で黒山選手、減点10で野崎選手、減点14で小川友幸選手が追う展開となった。
好調な走りを続けた小川毅士選手は、減点15で2ラップ目もトップの座を守り、黒山選手が減点16、小川友幸選手は減点18、野崎選手は減点20で追った。
ここまで、トップから4番手までがわずか5点差と、大接戦になった。
勝負が動いたのは3ラップ目。黒山選手が減点18でトップに立ち、小川友幸選手は減点20で2番手に浮上。

小川毅士選手は減点21で3番手に後退し、野崎選手は減点27で優勝争いからわずかに遅れた。
注目されたSSは、黒山選手が最終セクションでクリーン。これにより、今季2勝目を挙げた。
2位は小川毅士選手、3位は小川友幸選手となった。
黒山選手は全日本通算80勝目を記録して、タイトル争いでもトップ躍り出た。

なお第5戦中国大会は、9月6日(日)に岡山県の原瀧山トライアルパークで開催される。

 

黒山健一選手のコメント
「気がついたら全日本通算80勝ということで、それだけ長く全日本トライアルをやっているのだなあと、実感しました。
今日は4位の野崎選手まで、誰が勝ってもおかしくないレースでしたが、僕のほうが少しだけ、運がよかったのかなと思います。
北海道大会は昨年と一昨年は勝てていなかったので、久しぶりに優勝できてうれしかったです。
タイトル争いでもトップになりましたが、2位の小川友幸選手と同ポイントですし、まだ残り3戦あるので、今後が重要です。
次戦までしばらくインターバルがあるので、しっかり調子を整えて頑張りたいと思います」

 

小川毅士選手のコメント
「2ラップ目までトップでしたが、それほど調子がよかったわけではなく、接戦を意識して戦いました。
SSひとつめのセクションで腕がつってしまったので、最終セクションでもつらないかと心配でしたが、結果的につることはなく走れて、最後にクリーンできてよかったです。
北海道では、これまであまりよい成績を残せたことがなかったので、2位に入れてうれしいです。
そして次の大会では、もうひとつ上のポジションに立てるように頑張ります」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 0 23 19 DUNLOP
2位 4 小川毅士 So7 WISE BETA Racing Beta 0 26 18 DUNLOP
3位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 30 17 DUNLOP
4位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 2 37 19 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 9 44 12 DUNLOP
6位 6 田中善弘 So7 WISE BETA Racing Beta 0 55 10 DUNLOP

第4戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 72 DUNLOP
2位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 72 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 60 DUNLOP
4位 4 小川毅士 So7 WISE BETA Racing Beta 56 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 43 DUNLOP
6位 6 田中善弘 So7 WISE BETA Racing Beta 41 DUNLOP