FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/10/11 全日本トライアル選手権第6戦 中部大会
天気 気温 観客
雨のち曇り 25度 2,400人

小川友幸選手が今季4勝目を挙げ、タイトル防衛に王手!





全日本トライアル選手権シリーズの今季第6戦となる中部大会が、10月11日(日)に昨年と同じ会場となる愛知県のキョウセイドライバーランドで開催された。
全日本最高峰となる国際A級スーパークラスでは、ダンロップタイヤを履くライダーたちによる、し烈なチャンピオン争いが続いている。
前戦で小川友幸選手(#1)が勝利し、黒山健一選手(#2)を3ポイントリード。
しかし今大会で黒山選手が勝てば、再び同ポイントに並ぶ状況だった。
さらに、同じくダンロップを愛用する野崎史高選手(#3)や昨年中部大会優勝者の小川毅士選手(#4)らも、勝利を目指して気合十分で今大会に臨んだ。

その国際A級スーパークラスの競技は、5時間の持ち時間で12セクションを2ラップしたのち、より難易度が高く迫力のあるふたつのスペシャルセクション(SS)に挑む方式が採用された。
競技開始時の天候は雨で、昼前から曇りとなったが、セクションの路面は雨で滑りやすいコンディション。とはいえ難易度の設定が低めに抑えられたセクションが多く、勝負ポイントが明確になりやすい設定だった。

1ラップ目は、足着き3回のみのわずか減点3でラップした小川(友)選手がトップに立ち、野崎選手が1点差で猛追。さらに、4点差で小川(毅)選手が続いた。
黒山選手は減点13で4番手と、苦しい展開となった。
しかし2ラップ目には、黒山選手が減点6で追い上げ、小川(友)選手は減点8、野崎選手は減点10を加算。小川(毅)選手は、減点21で優勝争いから遠ざかっていった。
2ラップの合計では、減点11の小川(友)選手が首位をキープ。
3点差で野崎選手、さらに5点差で黒山選手が追い、この3選手がSSで優勝を争った。
そして、ただひとり減点5となる失敗が一度もない確実な走りを続けた小川(友)選手が勝利し、今季4度目となる表彰台の頂点へ。
最終セクションの逆転により、黒山選手が2位、野崎選手が3位となった。

今大会の結果、小川(友)選手は、3位以内に入れば自力でチャンピオンを決定できる状況で、今季最終戦に臨むことになった。
その最終戦は、11月1日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される。

 

小川友幸選手のコメント
「地元の中部で優勝できて、とてもうれしく思っています。前日に下見した段階から、クリーン勝負になると読んでいたので、1ラップ目の第8セクションまでに2回足を着いてしまったときに、かなりマズいと思っていました。後半のセクションで黒山選手が崩れてくれたので、自分としては助かりました。2ラップ目はオールクリーンしたかったのですが、ミスをして悔しいです。最終セクションもクリーンできずに終わってしまいましたが、点差に余裕があればもうちょっと魅せる走りをしたかったです。最終戦は3位以内に入らないといけませんが、3連覇にとらわれず、勝ちにいきます」

 

黒山健一選手のコメント
「逆転でシリーズタイトルを獲得するためにも、今日は優勝したかったのですが、残念ながら後半の第9、10、12セクションで勝敗がつくカタチで負けてしまいました。非常に悔しいのですが、最終セクションはクリーンすることができたので、なんとか非常に気分よく終われました。最終戦のSUGO大会は、勝ってシーズンを終えたいと思っています」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 12 18 DUNLOP
2位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 0 19 21 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 0 21 18 DUNLOP
4位 4 小川毅士 So7 WISE BETA Racing Beta 0 34 16 DUNLOP
5位 6 田中善弘 So7 WISE BETA Racing Beta 0 81 6 DUNLOP
6位 5 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 0 83 5 DUNLOP

第6戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 112 DUNLOP
2位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 106 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Yamaha 88 DUNLOP
4位 4 小川毅士 So7 WISE BETA Racing Beta 84 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 HRCクラブMITANI Honda 64 DUNLOP
6位 6 田中善弘 So7 WISE BETA Racing Beta 60 DUNLOP