FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2015/4/25-26 トライアル世界選手権 第1戦日本グランプリ
天気 気温 観客
晴れ/晴れ 19度/23度 7,000人/11,000人

昨年には及ばずも、小川友幸選手が2日目に7位!




 トライアル世界選手権シリーズの今季開幕戦となるストライダー日本グランプリ大会が、4月25日(土)と26日(日)の2日間にわたり、好天に恵まれた栃木県のツインリンクもてぎで行われた。
最高峰のワールドプロクラスに、ダンロップタイヤを履く全日本チャンピオンの小川友幸選手(#18)や、その最大のライバルとなる黒山健一選手(#20)などがスポット参戦した。

 

 競技は、両日ともそれぞれ12セクションを3ラップして競われ、1日ごとに順位がつけられてシリーズポイントが与えられる。
セクションは、総合モータースポーツ&レクリエーション施設であるツインリンクもてぎ内にあるハローウッズの森を中心に、観客の見やすさも考慮してセクションが用意された。1日目は、トップライダーたちにとってはややイージーな設定だったが、2日目は8個のセクションで難易度が高めに変更され、勝負どころが多くなった。
世界選手権は独自のノーストップルールで行われ、セクションの中で止まると失敗(減点5)になるため、流れるような動きのある走りが見どころになる。

 

 小川選手は1日目、1ラップ目はライバルの黒山選手を1点リードし、2ラップ目にはその差を14点にまで広げたが、3ラップ目に崩れて黒山選手に逆転され、わずか1点差で黒山選手が8位、小川選手は9位となった。
2日目の小川選手は、その1ラップ目を4番手の選手と同じ減点25で回る健闘をみせ、しかも3番手と1点差だった。
しかし、その後は減点を増やし、最終的には6位と3点差で惜しくも7位となった。
この日、黒山選手は10位となった。

 

 なお他のダンロップ勢は、野崎史高選手(#19)が12/12位、小川毅士選手(#21)が14/11位と、2日にわたってポイント獲得圏内。
また2日目には、14位に野本佳章選手(#22)、15位には佐藤優樹選手(#25)が入った。

 

【小川友幸選手のコメント】
「9位と7位という成績は、悪くなかったと思います。
ただし両日ともに、1日通してよい走りを持続できませんでした。
クリーンできるセクションで5点を取ってしまったりして、その順位に落ち着いてしまったという印象です。
自分では、減点をあと20点くらい減らせる計算だったので、せめて6位には入りたかったという思いです。
実際、2日目は6位と3点差でしたから。
でも、全日本勢の中ではトップになれたし、初日に負けてしまった黒山選手を2日目には上回ることができたので、よかったとおもいます。
2日目に6位となった選手は、まだ17歳なのですが、その走りを見ていて、まだまだ自分も戦えるという自信につながる部分もありました」

 

【黒山健一選手のコメント】
「今回の世界選手権参戦は、とにかく楽しかったです。
とはいえ、残念な失敗とか思いのほか走れないときがあったので、ちょっと悔しい気持ちでもあります。
ケガなく無事に終えたので、その点はよかったと思います。
マシンセッティングに関して、とてもよい仕様が見つかったので、全日本のことを考えるとこれが一番のよい収穫だったと思います。
1日目は、全日本勢の中でトップだったということよりも、走りの内容がよかったので満足しています」

 


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 1 T.Bou REPSOL HONDA TEAM Montesa 0 17 28  
2位 4 J.Fajardo BETA FACTORY Beta 0 26 24  
3位 2 A.Raga GASGAS FACTORY Gasgas 0 30 24  
8位 20 黒山健一 YAMAHA FACTORY Yamaha 0 96 9 DUNLOP
9位 18 小川友幸 HONDA RACING Honda 0 97 12 DUNLOP
順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 1 T.Bou REPSOL HONDA TEAM Montesa 0

34

24  
2位 5 藤波貴久 REPSOL HONDA TEAM Montesa 0 51 20  
3位 4 J.Fajardo BETA FACTORY Beta 0 53 20  
7位 18 小川友幸 HONDA RACING Honda 0 86 13 DUNLOP
10位 20 黒山健一 YAMAHA FACTORY Yamaha 0 97 11 DUNLOP