RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/5/21 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第1戦
カリフォルニア州サクラメント/プレイリーシティSVRAパーク
天気 気温 観客
曇り一時雨 20度 不明

450クラス ロクスンがパーフェクト(1位/1位)発進!




8月末の最終戦まで12戦が組まれている、ルーカスオイルAMAプロモトクロス選手権がスタートした。開幕戦が行われたハングタウンは、プレイリーシティSVRA(State Vehicular Recreation Areas)パーク、またはOHV(Off Highway Vehicle)パークとも呼ばれる州立公園の中にあり、全米でも最古の歴史を誇るモトクロスコースのひとつである。

緩やかな丘陵地にジャンプやコーナーを配したレイアウトは昨年と同様だったが、主催者が降雨を見越して路面の掘り起こしを少なめにしたため、昨年よりもハードな土質だったというコメントも聞かれた。実際のところ前日と当日の午後に一時雨が降ったが、適度な撒水程度だったため、コースコンディションに悪影響を与えることはなかった。

今年からフル参戦する富田俊樹(ホンダ)は、450クラス予選タイム33位で決勝へ進出。スポット参戦の安原志(ヤマハ)は、450予選43位、ラストチャンス8位で敗退。古賀太基は、250予選39位、ラストチャンス10位にとどまった。

450クラスのヒート1では、コール・シーリー(ホンダ)、トレイ・カナード(ホンダ)が好スタートを切ったが、1周目の中ほどでケン・ロクスン(スズキ)がトップに躍り出た。2周目にはディフェンディングチャンピオンのライアン・ダンジー(KTM)が2位に浮上する一方、カナードが転倒により後方集団まで下がった。またジェイムズ・スチュワート(スズキ)が肩を負傷し、4周をクリアした段階でリタイアするハプニングもあった。

やがてトップ2台のハイペースがシーリーを引き離し、ロクスンvsダンジーの一騎打ちとなる。両者のマージンは中盤に3.6秒まで縮まったが、後半はロクスンがダンジーを引き離して優勝。3位にはスタート9位から追い上げた、ブレイク・バゲット(スズキ)が入った。

450クラスのヒート2ではダンジーが先行したが、オープニングラップのうちにロクスンがトップに躍り出た。3位以下にはジャスティン・バーシア(ヤマハ)、ジョシュ・グラント(カワサキ)、ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)が控えていた。

リーダーのロクスンは早々と独走に持ち込み、14秒差で優勝。2位ダンジー、3位アンダーソンの順でチェッカーを受けた。昨年の開幕ウィナー、イーライ・トマック(カワサキ)は両ヒートともスタートで出遅れたが、4位/4位でフィニッシュした結果、総合3位に入賞。富田は25位/21位にとどまり、ポイント獲得はならなかった。


250クラス サバッチーが完全優勝(1位/1位)を果たす!




250クラスのヒート1は、今大会の4ヒート中で唯一雨に降られたレースとなった。曇り空の下でホールショットを取ったのは、スーパークロス最終戦の勝者ジョーイ・サバッチー(カワサキ)。背後にはジョーダン・スミス(ホンダ)、クーパー・ウェブ(ヤマハ)、ジェレミー・マーティン(ヤマハ)がつけた。

トップのサバッチーは徐々に後続を引き離し、中盤には3秒ほどの貯金を蓄えた。ちょうどその頃から降り出した雨で、レースは全体的にペースダウン。マディには至らなかったものの、ウェットになった路面上で激しいバトルが展開される。先頭を行くサバッチーは、コンディションの急変にあっても安定した走行を続けた。

雨は10分ほどで止んだが、その間にマーティンがウェブをかわして3位に浮上。先頭のサバッチーは最大で6秒リードした後、逃げ切って優勝。終盤になってスミス、マーティン、ウェブによる2〜4位争いが熾烈を極めたが、このままの順位でチェッカーとなった。

250クラスのヒート2は、赤旗により再スタートとなった。序盤のオーダーは、ジェシー・ネルソン(KTM)、サバッチー、スミス、オースティン・フォークナー(カワサキ)、その後にマーティン兄弟が続いた。ネルソンとサバッチーは、テールトゥノーズの競り合いを披露しながら3位以下を引き離した。

レース中盤には、ルーキーのフォークナーが3位まで浮上したが、ハードコンタクトの後に脱落。ヒート1で上位に入ったスミスとジェレミー・マーティンも、転倒でポジションを下げた。終盤12周目にサバッチーが前に出ると、ネルソンがペースダウン。13周目にはアレックス・マーティンが2位に、そしてアーロン・プレシンジャー(ヤマハ)が3位に浮上し、このオーダーでフィニッシュした。

総合優勝はサバッチーがゲット。以下はヒートごとの順位が大きく割れたため、オーバーオール2位はアレックス・マーティン、3位ウェブ。注目されたルーキーは、フォークナーが13位/7位、トリスタン・シャーボノー(ホンダ)が6位/14位と健闘した。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 34:33.375 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +06.189 DUNLOP user
3 4 B・バゲット Yoshimura Suzuki Suzuki +35.220 DUNLOP user
4 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +39.076 DUNLOP user
5 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda +45.488 DUNLOP user
6 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +50.912 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 35:16.320 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +14.927 DUNLOP user
3 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +29.359 DUNLOP user
4 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +32.923 DUNLOP user
5 41 T・カナード Team Honda HRC Honda Honda +40.133 DUNLOP user
6 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +42.960  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 35:14.486 DUNLOP user
2 39 J・スミス Geico Honda Honda +03.658 DUNLOP user
3 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +04.941 DUNLOP user
4 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +05.650 DUNLOP user
5 31 R・ハンプシャー Geico Honda Honda +17.455 DUNLOP user
6 403 T・シャーボノー Geico Honda Honda +18.766 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 35:20.615 DUNLOP user
2 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +01.420 DUNLOP user
3 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha +02.170 DUNLOP user
4 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +03.478 DUNLOP user
5 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +15.296 DUNLOP user
6 13 J・ネルソン Troy Lee Designs Red Bull KTM +19.008 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第1戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 50 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 44 DUNLOP user
3 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 36 DUNLOP user
4 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 35 DUNLOP user
5 41 T・カナード Team Honda HRC Honda Honda 30 DUNLOP user
6 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda 27 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 50 DUNLOP user
2 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 35 DUNLOP user
3 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 34 DUNLOP user
4 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha 32 DUNLOP user
5 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 32 DUNLOP user
6 13 J・ネルソン Troy Lee Designs Red Bull KTM 29 DUNLOP user