RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/5/28 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第2戦
カリフォルニア州サンバナディーノ/グレンヘレン・レースウェイ
天気 気温 観客
晴れ 27度 不明

450クラス ダンジーが総合優勝(1位/2位)をゲット!




AMAプロモトクロスのみならず、世界選手権MXGPの開催地としても名高いグレンヘレン。ロサンジェルス郊外にあるこのマウンテンコースは、急勾配のアップダウン、NASCARで有名なタラデガ・スーパースピードウェイにちなんだ巨大なバンク、ラフなサンド路面などを特徴としている。さらに今回は'06年から'09年まで使用されていた、トリプルステップアップ(長さ42m/高さ10mの登り3連ジャンプ)が復活し、難易度が増した。
 タイムドプラクティスのトップは、450クラスがイーライ・トマック(カワサキ)=2分24秒526、250クラスではクーパー・ウェブ(ヤマハ)=2分27秒136。日本勢はフルエントリーしている富田俊樹(ホンダ)が、450クラスのタイムアタック29位で決勝へ進出。スポット参戦の安原志(ヤマハ)は、450予選43位、ラストチャンス13位にとどまった。250クラスの古賀太基は、予選通過ラインまであと1人の37位、ラストチャンス9位で今回のスポット参戦を終えた。

450クラスのヒート1では、トレイ・カナード(ホンダ)がホールショットを決めたが、オープニングラップの半ばでライアン・ダンジー(KTM)が前に出た。その後ろにはケン・ロクスン(スズキ)、ジャスティン・バーシア(ヤマハ)、マービン・ムスキャン(KTM)が続く。2周目にはカナードが転倒で13位まで後退。トップ争いはダンジーvsロクスンの一騎打ちとなった。

20分過ぎまでテールトゥノーズのバトルが続いたが、9周目にロクスンがダンジーをかわしてトップに躍り出ると、一気に独走状態となった。そのマージンは最大で14秒差となったが、30分頃からロクスンがマシントラブルでスローダウン。ラスト2周の局面で逆転したダンジーが、ヒート優勝を果たした。2位ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)、3位トマック、4位ロクスンの順でフィニッシュ。富田は20位に入った。

450クラスのヒート2は、やはりロクスンvsダンジーのマッチレースとなったが、序盤からリードを広げるロクスンが優勢だった。上位2台には大差を付けられたものの、クリストフ・プーセル(ハスクバーナ)、カナード、アンダーソン、そして1周目14位からポジションを上げたトマックによって、激しい3位争いが繰り広げられた。

レースは中盤以降独走を続けたロクスンが、20秒弱のリードで優勝。2位ダンジー、3位トマックの順でチェッカー受けた結果、総合優勝はダンジーが獲得した。富田は17位でフィニッシュし、シリーズポイント22位にランクインを果たした。


250クラス アレックス・マーティンが初優勝(2位/2位)! ランキング首位に!




250クラスのヒート1では、ルーキーのトリスタン・シャーボノー(ホンダ)がホールショット賞を獲得したが、スタート直後のバトルに敗れて後退。トップグループはアレックス・マーティン(ヤマハ)、ウェブ、ジェレミー・マーティン(ヤマハ)、そして注目ルーキーの1人であるオースティン・フォークナー(カワサキ)という顔ぶれになった。開幕戦ウィナーのジョーイ・サバッチー(カワサキ)は、スタートに失敗して16位と出遅れた。

序盤からヤマルーブ・スターレーシングによる1-2-3走行が続き、レースはアレックス・マーティンが支配していた。一時は2位のウェブを脅かしていたジェレミー・マーティンだが、後半に差しかかった8周目にワンミスでフォークナーに先行を許した。終盤になるとウェブがスパートして、チームメイト同士のトップ争いが激化。ラスト2周で前に出たウェブが、今シーズン1勝目を挙げた。

250クラスのヒート2、オープニングラップのオーダーは、ホールショットのジェレミー・マーティン、ジェシー・ネルソン(KTM)、フォークナー、ジョーダン・スミス(ホンダ)、ジェレミー・マーティン。4周目にはフォークナーが2位に浮上し、ディフェンディングチャンピオンとの差を詰めていった。だが8周目に転倒を喫し、6位まで脱落してしまった。

後半は大差を付けられながらも、ネルソンが2位をキープしていたが、11周目には後方からのチャージに屈して3位に定着。こうしてヒート2はジェレミー&アレックス・マーティンによる1-2フィニッシュとなった。この結果オーバーオールは、スターレーシングがポディアムを独占。キャリア初優勝のアレックス・マーティン(2位/2位)をセンターに、ジェレミー・マーティン(4位/1位)、ウェブ(1位/4位)が両脇を固めた。ポイントリーダーとして赤ゼッケンを付けていたサバッチーは、このヒートでは7位にとどまった。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 37:21.763 DUNLOP user
2 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +28.440 DUNLOP user
3 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +34.073 DUNLOP user
4 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +40.839 DUNLOP user
5 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda +1:01.740 DUNLOP user
6 33 J・グラント Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1:13.940 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 37:38.968 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +19.875 DUNLOP user
3 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +28.959 DUNLOP user
4 41 T・カナード Team Honda HRC Honda Honda +52.775 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +1:01.594 DUNLOP user
6 33 J・グラント Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1:05.140  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 35:04.729 DUNLOP user
2 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +02.573 DUNLOP user
3 214 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +18.506 DUNLOP user
4 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +22.211 DUNLOP user
5 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha +32.971 DUNLOP user
6 31 R・ハンプシャー Geico Honda Honda +53.292 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 35:49.432 DUNLOP user
2 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +05.614 DUNLOP user
3 13 J・ネルソン Troy Lee Designs Red Bull KTM +07.865 DUNLOP user
4 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +14.624 DUNLOP user
5 214 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +17.154 DUNLOP user
6 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha +18.213 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第2戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 93 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 91 DUNLOP user
3 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 76 DUNLOP user
4 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 73 DUNLOP user
5 41 T・カナード Team Honda HRC Honda Honda 62 DUNLOP user
6 33 J・グラント Monster Energy Kawasaki Kawasaki 56 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 79 DUNLOP user
2 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 77 DUNLOP user
3 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 76 DUNLOP user
4 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 75 DUNLOP user
5 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha 63 DUNLOP user
6 214 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 58 DUNLOP user