RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/7/23 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第9戦
ワシントン州ワシューガル/ワシューガル・モトクロスパーク
天気 気温 観客
曇りのち晴れ 23度 不明

450クラス ロクスンとトマックが対決! 1勝1敗!




ワシューガル・モトクロスパークは、AMAプロモトクロスの会場としては最も北にあり、針葉樹に囲まれた美しさが人気のマウンテンコース。自然の地形を利用したアップダウンが特徴で、中でも「ホースパワーヒル」と呼ばれる長い登り坂や、スキージャンプなどが有名だ。基本レイアウトは長年変わっていないが、スタート地点は初代から3度も移設されてきた。これはトランスポーターの大型化に伴って、パドック配置が変わってきたことと密接な関係があり、他会場でも同じような経過をたどった例がある。

当地では木曜と金曜にアマチュアレースが組まれているが、今年は降雨の影響でコースコンディションが悪化するのを避けるため、金曜に予定されていたスーパーミニやベテランクラスなどがキャンセルとなった。プロモトクロスが行われる土曜日には、ウェットな部分も残っていたが、コンディションは徐々に回復した。

元々滑りやすい黒土が乾ききらない状態で開始されたタイムドプラクティスでは、スロットルコントロールのテクニックが問われた。トップタイムは、450=イーライ・トマック(カワサキ)2分08秒650、250=クーパー・ウェブ(ヤマハ)2分09秒141。

450クラスのヒート1では、スタート3位につけたケン・ロクスン(スズキ)が、オープニングのコントロールラインでトップに躍り出た。フィル・ニコレッティ(ヤマハ)、アンドリュー・ショート(KTM)をかわして、3周目にはクリストフ・プーセル(ハスクバーナ)、トマック、マービン・ムスキャン(KTM)がセカンドグループを形成した。

早々と10秒近い独走状態となったロクスンの背後では、プーセルとトマックがデッドヒートを繰り広げた。終盤14周目にはトマックが2位に浮上。その後ビッグクラッシュでリタイアしたプーセルに替わり、3位にはムスキャンが入った。ロクスンは今シーズン14勝目をゲットした。

450クラスのヒート2では、ムスキャンがホールショットを取ったが、ロクスンが早々とリーダーになった。しかしヒート1のような展開には持ち込めず、トップの座は4周目にトマックの物となる。ひとたびリードを奪うと、トマックはマージンを15秒まで拡大。独走のまま今季3勝目を挙げた。2位ロクスン、3位ムスキャン。この結果、総合優勝はトマックに確定した。


250クラス ルーキーのフォークナーが初優勝!




250クラスのヒート1は、アレックス・マーティン(ヤマハ)のホールショットによって始まった。背後につけるのは、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)、ミッチェル・ハリソン(ヤマハ)、ジェレミー・マーティン(ヤマハ)。予選トップだったウェブは、スタート12位と出遅れた。

レースはA・マーティンとサバッチーの一騎打ちとなり、テールトゥノーズのバトルが延々と続く。やがて3位にはJ・マーティンが浮上したが、2位サバッチーに対するビハインドは13秒に達した。中盤トップ争いは両者が並ぶまでに過熱したが、A・マーティンが逃げ切り今季初優勝。2位サバッチーに続き、3位にはJ・マーティンをかわしたウェブが入賞した。

250クラスのヒート2は、オープニング早々波乱に満ちた展開となった。ホールショットを取ったウェブとサバッチーが、ポジションを入れ換えた後に接触。S字セクションの1本ライン上で失速したところに、後続が何台も追突する事態となった。1周目のオーダーはオースティン・フォークナー(カワサキ)を先頭に、マーティン・ダバロス(ハスクバーナ)、ジェシー・ネルソン(KTM)、ミッチェル・オールデンバーグ(KTM)となる。

この混乱で大きく後退したのは、1周目20位のウェブ、23位のサバッチー、38位のJ・マーティン。今シーズンの優勝経験者であり、ランキング上位を争う3人が、揃って大きなハンディキャップを背負う一大事になってしまった。

トップを走るフォークナーは、ダバロスのマークを受けながらも少しずつリードを広げていった。13周目にはダバロスが転倒リタイアを喫し、2位には1周目5位から追い上げたA・マーティンが浮上。しかし追撃もトップまでは届かず、フォークナー、A・マーティン、ネルソンの順でフィニッシュした。

ルーキーのフォークナーにとっては、もちろん今回が初勝利。総合ではポイントが分散したため、優勝A・マーティン(1位/2位)、2位フォークナー(10位/1位)、3位ウェブ(3位/6位)というリザルトになった。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 35:10.232 DUNLOP user
2 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +03.303 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +17.999 DUNLOP user
4 34 P・ニコレッティ JGR Toyota Yamaha Yamaha +43.454  
5 167 B・ブロス BTOSports KTM +45.738  
6 29 A・ショート BTOSports.com BBMX KTM +53.506  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 35:15.092 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki +16.084 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +59.134 DUNLOP user
4 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +1:05.747  
5 28 W・パイク JGR Toyota Yamaha Yamaha +1:10.191  
6 377 C・プーセル Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +1:24.653 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 35:07.636 DUNLOP user
2 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +02.698 DUNLOP user
3 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +25.030 DUNLOP user
4 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +27.698 DUNLOP user
5 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +33.889 DUNLOP user
6 44 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +36.850 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 214 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 35:44.439 DUNLOP user
2 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +04.511 DUNLOP user
3 13 J・ネルソン Troy Lee Designs Red Bull KTM +09.032 DUNLOP user
4 36 J・ヒル Troy Lee Designs Red Bull KTM +10.819 DUNLOP user
5 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha +14.262 DUNLOP user
6 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +35.714 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第9戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 434 DUNLOP user
2 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 379 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 283 DUNLOP user
4 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha 244  
5 377 C・プーセル Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 217 DUNLOP user
6 20 B・ティックル RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 171 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 372 DUNLOP user
2 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 321 DUNLOP user
3 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 319 DUNLOP user
4 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 317 DUNLOP user
5 214 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 257 DUNLOP user
6 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 253 DUNLOP user