RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/8/20 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第11戦
メリーランド州メカニックスビル/バッズクリーク・モトクロスパーク
天気 気温 観客
晴れ 30度 不明

450クラス ロクスンがパーフェクトウィン! タイトルを奪回!




バッズクリーク・モトクロスパークは、ビッグイベントの会場として名高い。これまでに世界選手権アメリカGP('93、'94、'99年)や、モトクロス・オブ・ネイションズ('07年)が当地で行われ、名勝負の舞台となってきた。AMAプロモトクロスの開催は今年で27回目になるが、開催日程が6月から8月に変更され、最終戦前の第11戦となったことで、今回は両クラスのタイトル決定がここで実現する巡り合わせとなった。

450クラスはケン・ロクスン(スズキ)が63ポイント、250クラスではクーパー・ウェブ(ヤマハ)が81ポイントのリードで今大会に臨んでいて、ヒート1終了時に75点差、あるいはヒート2終了時に50点差があれば、チャンピオンシップが確定する状況だった。

谷の斜面にレイアウトされたこのコースには、アップダウンや逆バンクが多く、掘り起こされた路面は時が経つと走行ラインが深いワダチとなるため、攻略テクニックが要求される難コースと言えるだろう。またバッズクリークでは、1コーナーがタイトな180度ターンなので、有利なグリッドを得るためには予選タイムが重要になる。

タイムドプラクティスでは、ロクスンが2分01秒297、ウェブが2分02秒743を記録。両クラスのポイントリーダーが、ポールポジションを獲得した。いずれも2本目のタイムがベストレコードとなったが、これはギャップが増えるデメリットよりも、ワダチの形成によりコーナリングスピードが上がるメリットが勝ったからである。

450クラスのヒート1では、ロクスンがホールショットを取った。アンドリュー・ショート(KTM)、ジャスティン・バーシア(ヤマハ)、マービン・ムスキャン(KTM)が後に続く。ランキング2位のイーライ・トマック(カワサキ)は、オープニングラップ半ばの転倒により39位と出遅れた。

レースの主導権は早々とロクスンが握り、独走のままスタートトゥフィニッシュ。激化した2位争いは10周目に決着がつき、ムスキャン、バーシアの順でゴールした。トマックが6位まで挽回したため、ロクスンのポイントリードは73となり、タイトル決定はヒート2に持ち越しとなった。

450クラスのヒート2では、マット・ビシェリア(スズキ)がホールショットを決めたが、1周目からロクスンがトップに立ち、2周目には11秒ものリードを作った。4周目にはスタート9位だったトマックが2位に浮上したが、ロクスンは20秒以上の独走で優勝。この結果、2年ぶりにチャンピオンシップを奪回したロクスンであった。


250クラス ウェブが初タイトルを獲得! ダンロップ7年連続完全制覇!




250クラスのヒート1では、アダム・シアンサルーロ(カワサキ)がホールショットを奪い、アレックス・マーティン(ヤマハ)、ジョーダン・スミス(ホンダ)、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)が続いた。チャンピオンに王手をかけたウェブは、1コーナーでクラッシュして最後尾。再スタート後も転倒を喫し、大きなハンディキャップを負った。

トップのシアンサルーロは徐々にリードを広げ、レース前半を支配していたが、8周目に転倒してしまう。この隙に5秒後方を走っていたマーティンがトップに浮上、後半はシアンサルーロの反撃を受けたが、マーティンが逃げ切り今季2勝目をゲット。ウェブは6位まで挽回してチェッカーを受けたが、貯金が71点まで減少したため、チャンピオンシップはヒート2までお預けとなった。

250クラスのヒート2では、またしてもシアンサルーロが好スタートを見せた。2位サバッチーを挟んで、オースティン・フォークナー(カワサキ)、ブラッドリー・タフト(ヤマハ)、ザック・オズボーン(ハスクバーナ)、トリスタン・シャーボノー(ホンダ)が上位につける。注目のウェブはスタートに失敗し、26位と出遅れてしまった。

5周目にはフォークナーがトップに浮上。ペースが乱れたシアンサルーロに替わって、オズボーンが2位に上がった。8周目にはオズボーンがリーダーとなる。一方ウェブはレース中盤までにセカンドグループ後方に追い付き、サバッチー、シアンサルーロをパスした。

レース終盤になると、オズボーンがマージンを広げて独走。そのまま逃げ切りチェッカーを受けた。2位フォークナー、3位ウェブ、4位マーティン。この結果、オズボーンが初の総合優勝(4位/1位)を達成し、ウェブが初のチャンピオンに輝いた。

ダンロップとしては、世界で最も競争の激しいアメリカのモトクロス界で、AMAシリーズ全クラス制覇(SX450/SX250イースト/SX250ウエスト/MX450/MX250)を7年連続(2010〜2016)で達成。モトクロスタイヤ、ジオマックスシリーズの優秀性を実証し続けている。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 35:53.668 DUNLOP user
2 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +16.017 DUNLOP user
3 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +22.471  
4 34 P・ニコレッティ JGR Toyota Yamaha Yamaha +1:04.455  
5 15 D・ウィルソン Red Bull KTM KTM +1:11.105 DUNLOP user
6 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +1:14.915 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 36:05.467 DUNLOP user
2 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +20.051 DUNLOP user
3 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +30.669  
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +35.261 DUNLOP user
5 15 D・ウィルソン Red Bull KTM KTM +58.241 DUNLOP user
6 34 P・ニコレッティ JGR Toyota Yamaha Yamaha +1:10.825  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 36:13.067 DUNLOP user
2 44 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +06.234 DUNLOP user
3 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +10.542 DUNLOP user
4 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +14.015 DUNLOP user
5 214 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +24.455 DUNLOP user
6 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +29.495 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 16 Z・オズボーン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 34:41.192 DUNLOP user
2 214 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +07.240 DUNLOP user
3 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +14.757 DUNLOP user
4 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +18.314 DUNLOP user
5 44 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +29.217 DUNLOP user
6 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha +36.766 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第11戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 534 DUNLOP user
2 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 458 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 365 DUNLOP user
4 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha 316  
5 377 C・プーセル Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 217 DUNLOP user
6 167 B・ブロス BTOSports KTM 204  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 457 DUNLOP user
2 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 384 DUNLOP user
3 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 361 DUNLOP user
4 214 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 331 DUNLOP user
5 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 321 DUNLOP user
6 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha 313 DUNLOP user