RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/8/27 ルーカスオイルAMAプロモトクロス第12戦
インディアナ州クロフォーズビル/アイアンマン・レースウェイ
天気 気温 観客
晴れ 29度 不明

450クラス 前戦でチャンピオンとなったロクスンがパーフェクト!




 インディカーやスーパークロスなど、モータースポーツが盛んなことで知られるインディアナポリス。その郊外のクロフォーズビルにあるアイアンマン・レースウェイは、GNCC(グランドナショナルクロスカントリー)の会場として有名だ。AMAプロモトクロスのシリーズには一昨年から組み込まれたばかりで、今年で3回目の開催となる。


 モトクロスコース新設の際には、大量のサンドが搬入され土質改善が進んだ。起伏に富んだコースレイアウトには、ハイスピードセクションやワイドターンに加えて、ゴジラと呼ばれるステップアップトリプルもある。シリーズの全コースから要素を取り入れたような、最終戦に相応しいダイナミックな会場だ。コンディションはウィークデイに降った雨の影響でウェットだったが、当日は晴れたので路面はドライへと回復した。


 早朝から始まったプラクティスでは、進行につれてウェット路面にギャップが増えてコンディションが悪化したので、先に行われたグループの方が有利になった。各セッションのベストラップは、250(8:50開始)2分30秒304、450(9:15)2分32秒824、250(10:25)2分35秒460、450(10:50)2分34秒395。最初のセッションでクーパー・ウェブ(ヤマハ)が記録したタイムは、誰にも破られることはなかった。


 450クラスのヒート1は、ケン・ロクスン(スズキ)が1週間前に獲得したタイトルを誇示するレースとなった。序盤ロクスンの背後には、ジャスティン・バーシア(ヤマハ)、マービン・ムスキャン(KTM)、イーライ・トマック(カワサキ)、第4戦以来の出場となるジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)ら控えていたが、10分すぎ頃からロクスンが独走する。


 その後もチャンピオンらしい走りを披露したロクスンは、スタートトゥフィニッシュによって今季19勝目を挙げた。2位にはバーシア。ムスキャンとトマックの間で激化した3位争いは、一度前に出たトマックが転倒するなどドラマに満ちていたが、3位トマック、4位ムスキャンで決着した。


 450クラスのヒート2では、引退を表明しているアンドリュー・ショート(KTM)がホールショットを取ったが、1周目にマシントラブルでリタイア。上位はロクスン、バーシア、ムスキャンというオーダーになった。このレースでは1〜2位のスピード差が顕著で、ロクスンは5周で15秒のリードを確立。独走のまま逃げきり20勝目を挙げ、最終戦をパーフェクトで飾った。


250クラス 新人フォークナーが初の総合優勝!




 250クラスのヒート1では、オースティン・フォークナー(カワサキ)がホールショットを決めた。その後ろにはミッチェル・オールデンバーグ(KTM)、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)、アレックス・マーティン(ヤマハ)が続く。前戦でチャンピオンとなったウェブは、オープニングラップで転倒を喫し13位と出遅れた。


 周回が進むと、2位の座はマーティン、そしてサバッチーと入れ替わったが、トップのフォークナーは10周を消化した時点で22秒もの貯金を蓄えて独走。注目のウェブは終盤4位まで挽回したが、このレース2度目の転倒で5位に下がる。まだウェットスポットが残るコンディションではあったが、無難に走りきったフォークナーがトップのままフィニッシュ。今シーズン2勝目となるヒート優勝をゲットした。


 250クラスのヒート2は、またしてもフォークナーのホールショットで始まった。背後にはアーロン・プレシンジャー(ヤマハ)、マーティン、アダム・シアンサルーロ(カワサキ)、そしてウェブが続く。このレースではフォークナーがヒート1のようにリードを広げられず、接近戦が展開された。


 フォークナーvsプレシンジャーのトップ争いは、終始1〜2秒差で繰り広げられたが、後半10周目にフォークナーが転倒。ここでプレシンジャーが、レースリーダーに躍り出た。フォークナーは再スタート後、ウェブにも先行を許して3位に定着。レースはプレシンジャー、ウェブ、フォークナーの順でチェッカーとなった。


 プレシンジャーは、昨年当地で行われた最終戦での勝利を彷彿とさせる、1年ぶりのヒート優勝。オーバーオールでは、フォークナーが初の総合優勝(1位/3位)を飾った。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 37:50.873 DUNLOP user
2 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +06.154  
3 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +27.604 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +35.822 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +41.836 DUNLOP user
6 34 P・ニコレッティ JGR Toyota Yamaha Yamaha +1:04.811  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 37:33.434 DUNLOP user
2 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha +19.763  
3 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +25.842 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +59.111 DUNLOP user
5 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +1:09.509 DUNLOP user
6 32 M・ビシェリア Yoshimura Suzuki Suzuki +1:15.747 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 214 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 36:19.627 DUNLOP user
2 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +28.971 DUNLOP user
3 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +29.785 DUNLOP user
4 66 A・トヌス Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +35.107 DUNLOP user
5 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +36.338 DUNLOP user
6 44 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +43.802 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha 37:49.606 DUNLOP user
2 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha +12.776 DUNLOP user
3 214 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +21.059 DUNLOP user
4 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha +30.376 DUNLOP user
5 44 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +1:04.278 DUNLOP user
6 289 M・ハリソン Yamalube Star Racing Yamaha +1:13.703 DUNLOP user

ルーカスオイルAMAプロモトクロス第12戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン RCH Soaring Eagle Jimmy Johns Suzuki 584 DUNLOP user
2 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 498 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 401 DUNLOP user
4 51 J・バーシア JGR Toyota Yamaha Yamaha 360  
5 34 P・ニコレッティ JGR Toyota Yamaha Yamaha 229  
6 167 B・ブロス BTOSports KTM 228  
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 17 C・ウェブ Yamalube Star Racing Yamaha 495 DUNLOP user
2 26 A・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 422 DUNLOP user
3 37 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 383 DUNLOP user
4 214 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 376 DUNLOP user
5 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha 351 DUNLOP user
6 1 J・マーティン Yamalube Star Racing Yamaha 321 DUNLOP user