FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2016/4/17 全日本トライアル選手権第2戦 近畿大会
天気 気温 観客
雨のち晴れ 25度 1,300人

小川友幸選手が開幕連勝を達成!





全日本トライアル選手権シリーズの今季第2戦となる近畿大会が、4月17日(日)に奈良県の名阪スポーツランドで開催された。
最高峰の国際A級スーパークラスでダンロップタイヤを履く小川友幸選手(#1)は、4連覇に向けて開幕戦から優勝を挙げる絶好のシーズンイン。
一方、同じくダンロップを愛用する黒山健一選手(#2)は、初戦を僅差で落として2位に終わり、雪辱を誓って今大会に臨んだ。
また野崎史高選手(#3)や小川毅士選手(#4)らも、優勝争いに加わるべく参戦した。

競技はまず5時間の持ち時間で8セクションを3ラップした後、より難易度が高く設定されたふたつのスペシャルセクション(SS)に挑む方式が採用された。
当日は朝から雨だったが、国際A級スーパークラスが出走するころには晴れて、強風が吹き荒れるようになった。
崖を上るセクションが多く、上がればクリーン(減点0)、上がれなければ減点5となり、大きく明暗がわかれることになった。
迫力満点のチャレンジに、多くの観客が釘づけになっていた。

小川選手と黒山選手は1ラップ目から大接戦を繰り広げ、1ラップ目の結果は黒山選手がトップ、わずか1点差で小川選手が2番手となっていた。
さらに2ラップ目は、ふたりとも同点となり、クリーン数がひとつ多い小川選手がトップに立った。そして3ラップ目、大幅に減点を抑えた小川選手が、大きく減点を増やした黒山選手を突き放すことに成功。
なおかつSSでも点差を広げた小川選手が圧勝。
黒山選手が2位、足を負傷しながらも追い上げた野崎選手が、黒山選手と1点差で3位となった。

 

小川友幸選手のコメント
「今日は1ラップ目にライバルのリードを許していたし、ライディング的にはよくなかったです。それでも勝負どころを外さなかったのと、第2セクションを3ラップ目にクリーンできたのがよかったですね。今日は我慢のトライアルで、自分の走りを見つけようとしていました。それで乱れることはなかったですし、2ラップ目はオールクリーンを狙っていました。ちょっとした足着きがあったのが悔しいですね。今年は全勝を目標にしているので、まずは勝利を継続できてよかったです」

 

黒山健一選手のコメント
「今日は自信をもって走り、よい勝負をすることができていたので、1ラップ目はトップでした。勝てるポジションにいたので、2位になって非常に残念です。第5セクションの減点が痛かったですし、SSが両方とも減点5になったのも悔しいですね。次の大会までに色々な原因を追及して、次こそ勝てるように頑張ります」


順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 0 28 16 DUNLOP
2位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 0 44 13 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Scorpa 0 45 13 DUNLOP
4位 4 小川毅士 宗七音響 Wise Beta Team Beta 0 57 9 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 Vertigo with Mitani Honda 0 66 7 DUNLOP
6位 6 田中善弘 宗七音響 Wise Beta Team Beta 0 91 3 DUNLOP
順位 No. 選手名 チーム メーカー タイム減点 総減点 クリーン数
1位 6 西村 亜弥 宗七音響 Wise Beta Team Beta 0 0 16 DUNLOP
2位 2 小玉 絵里加 HRCクラブぱあわくらふと Honda 0 16 8 DUNLOP
3位 1 小谷 芙佐子 Victory&メーテル Scorpa 0 22 6  
4位 4 佐々木 淳子 HAZARD BREAKERS Beta 0 40 4  
5位 3 稲垣 和恵 ケニーズクラブ Sherco 0 49 2 DUNLOP
6位 5 寺田 智恵子 大典白菊&wisdom Sherco 0 49 1 DUNLOP

第2戦終了時点

順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 1 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 40 DUNLOP
2位 2 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 34 DUNLOP
3位 3 野崎史高 YSP京葉+KEN OKUYAMA Scorpa 30 DUNLOP
4位 4 小川毅士 宗七音響 Wise Beta Team Beta 26 DUNLOP
5位 5 柴田 暁 Vertigo with Mitani Honda 21 DUNLOP
6位 6 田中善弘 宗七音響 Wise Beta Team Beta 21 DUNLOP
順位 No. 選手名 チーム メーカー ポイント
1位 6 西村 亜弥 宗七音響 Wise Beta Team Beta 40 DUNLOP
2位 1 小谷 芙佐子 Victory&メーテル Scorpa 32  
3位 2 小玉 絵里加 HRCクラブぱあわくらふと Honda 30 DUNLOP
4位 4 佐々木 淳子 HAZARD BREAKERS Beta 28  
5位 3 稲垣 和恵 ケニーズクラブ Sherco 22 DUNLOP
6位 5 寺田 智恵子 大典白菊&wisdom Sherco 20 DUNLOP