RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2018/1/13 AMAスーパークロス第2戦/450SX第2戦/250SXウエスト第2戦
テキサス州ヒューストン/NRGスタジアム
天気 気温 観客
晴れ 日中11度〜深夜1度 49,841人

450SX アンダーソンが今季初勝利! 負傷ムスキャンと入れ替わり首位へ!





 ヒューストンのNRGスタジアムには、当地ならではのコースレイアウトが用意されていた。フットボールサイズのフィールドに長辺を3往復する直線を設け、それらを短辺方向に横断するショートスタートを配した基本レイアウト。概してハイスピードでありながら、角度が急なトリプルジャンプやサンドセクションがアクセントになっていた。インディアナポリスなどでもおなじみのショートスタートは、距離の短さに加えて1コーナーがほぼ直角になることから、クラッシュが多発しやすいのが難点だ。

 コース造成に用いられた土は、一昨年の開催時に新しく導入されたもので、きめが細かく食い付きが良いため、ライダーからも概ね高評価を得ている。だが食い付きの良さは、裏を返せば走行ラインが削られやすいことを意味しており、時間の経過とともに路面にはワダチが増えた。特にフープスなどでは、荒れたエッジが目立っていた。公式予選におけるタイムアタックでは、450SX、250SXともにトップが53秒台で、排気量差が出ないコースだった。

 開幕早々から負傷者が増えているが、今回はマービン・ムスキャン(KTM)が予選ヒートで転倒。肩を負傷したため、ラストチャンスへの出走を断念した。ムスキャンはこの日のタイムドプラクティスで3位と乗れていただけに、悔やまれるクラッシュだった。また前戦で肩を痛めたイーライ・トマック(カワサキ)は、プラクティスでトップスピードを出せないままパドックに戻り、ナイトプログラムへの出走を見合わせた。

 450SXのメインレース(20分+1周)では、ジャスティン・バーシア(ヤマハ)がホールショットを取った。1コーナーでは、クーパー・ウェブ(ヤマハ)、ジェレミー・マーティン(ホンダ)らが転倒。2周目にはケン・ロクスン(ホンダ)がトップに立ったが、背後にはバーシア、ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)、コール・シーリー(ホンダ)らが控えていて、僅差のまま序盤を消化した。

 レース中盤になるとバーシアのペースが乱れ、アンダーソンが2位、シーリーが3位に躍進。勢いに乗るアンダーソンは、15周目にロクスンを攻略してトップに浮上。ロクスンはその後ワンミスをきっかけにペースを落とし、アンダーソンに3〜4秒のリードを許した。3位にはシーリーを逆転したバーシアが再浮上。アンダーソンはタイムアタック、ヒートレース、メインレースのすべてで1位となり、ポイントリーダーの座についた。


250SX プレシンガーがシーズン初優勝! ポイントリーダーに浮上!



 250SXのメインレース(15分+1周)では、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)が好スタートを切り、シェイン・マケラス(KTM)、アダム・シアンサルーロ(カワサキ)、クリスチャン・クレイグ(ホンダ)、チェイス・セクストン(ホンダ)らが追いかける形となった。ディフェンディングチャンピオンのジャスティン・ヒル(スズキ)は、スタート14位と出遅れた。

 サバッチーを追うマケラスは開幕戦のウィナー、シアンサルーロは今回のポールシッターということで、僅差の上位集団内ではあちこちでバトルが勃発。シアンサルーロは6周目2位に上がり、9周目にはサバッチーに仕掛けたが転倒で自滅した。その頃、スタート10位から挽回してきたアーロン・プレシンガー(ヤマハ)が、トップグループに食い込み3位へ。マケラスをかわした後、プレシンガーはサバッチーを捉え、13周目以降レースリーダーを務めた。

 プレシンガーが独走態勢を固めた終盤、これでポディアムの顔ぶれが確定したかと思いきや、息を吹き返したシアンサルーロがマケラスを引きずり下ろして3位にカムバック。さらにサバッチーにもアタックしたが、17周目に転倒したシアンサルーロの負け。こうして第2戦のトップスリーは、プレシンガー、サバッチー、セクストンでチェッカーとなった。

 今季初優勝を決めたプレシンガーが、第2戦終了時のポイントリーダーになった。印象ではシアンサルーロのスピードが際立っていたが、攻め急いだ末の転倒が響いた。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 21:02.261 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Team Honda HRC Honda +03.244 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Monster Energy Yamaha Yamaha +16.530 DUNLOP user
4 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda +20.539 DUNLOP user
5 34 W・パイク Autotrader JGR Yoshimura Suzuki +23.622 DUNLOP user
6 10 J・ブレイトン Smartop Motoconcepts Honda +26.024 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 23 A・プレシンガー Monster Energy Yamalube Star Yamaha 16:46.368 DUNLOP user
2 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +04.638 DUNLOP user
3 40 C・セクストン Geico Honda Honda +05.940 DUNLOP user
4 28 S・マケラス Troy Lee Designs Red Bull KTM +07.665 DUNLOP user
5 32 C・クレイグ Geico Honda Honda +11.033 DUNLOP user
6 52 M・オールデンバーグ Monster Energy Yamalube Star Yamaha +14.625 DUNLOP user

AMAスーパークロス第2戦/450SX第2戦/250SXウエスト第2戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 49 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Team Honda HRC Honda 42 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Monster Energy Yamaha Yamaha 42 DUNLOP user
4 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda 36 DUNLOP user
5 34 W・パイク Autotrader JGR Yoshimura Suzuki 36 DUNLOP user
6 10 J・ブレイトン Smartop Motoconcepts Honda 33 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 23 A・プレシンガー Monster Energy Yamalube Star Yamaha 49 DUNLOP user
2 28 S・マケラス Troy Lee Designs Red Bull KTM 45 DUNLOP user
3 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 42 DUNLOP user
4 92 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 37 DUNLOP user
5 40 C・セクストン Geico Honda Honda 36 DUNLOP user
6 32 C・クレイグ Geico Honda Honda 36 DUNLOP user