RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2017/1/14 AMAスーパークロス第2戦/450SX第2戦/250SXウエスト第2戦
カリフォルニア州サンディエゴ/ペトコ・パーク
天気 気温 観客
晴れ 日中16度〜深夜13度 40,682人

450SX ロクスンがダンジーとの接戦を制し2連勝!




 会場をダウンタウンのペトコ・パークに移して、3年目となるサンディエゴ戦。昨年はダブル日程(第2戦/第6戦)だったが、'17カレンダーにシアトル、ソルトレイクシティ、ミネアポリス(メトロドームからUSバンク・スタジアムに変更)が復帰したこともあり、サンディエゴは通常のシングルイベントに戻った。

 軍港がある当地で恒例となったテーマ「ミリタリー感謝」は、ファクトリーチームからプライベーターまで行き渡り、今年も多くのマシンやウエアが、カモフラージュ柄や星条旗をアレンジしたデザインでカスタマイズされた。

 開幕戦アナハイムに続き、今大会もコース設営時に雨の影響を受けた。サンディエゴでは月曜、水曜、木曜に相当量の降雨があり、ダートワークスによるコース作りの仕上げは、レース前日の金曜から本格化した。天候が回復してもグラウンドの低い部分にはぬかるみが残ったが、コース上のコンディションは決して悪くなかった。サンディエゴにはマディレースになった前例が多々あるが、それらと比べればコンディションの悪化は最小限に抑えられていた。

 日中のタイムスケジュールは、アナハイムと同様にショートバージョンに変更。フリープラクティスがキャンセルされ、タイムドプラクティス(1本目=13時開始/2本目=15時15分開始/各10分間)のみとなった。ファーストセッションとセカンドセッションの間には、2時間以上の開きがあるので、路面状況の変化も激しく、ライダーの対応能力が問われるタイムアタックとなった。1本目は54〜55秒台、2本目は52〜53秒台が上位を占めていた。

 450SXのメインレース(20分+1周)では、ライアン・ダンジー(KTM)がホールショットを取った。2コーナー先でマービン・ムスキャン(KTM)がコースアウトする間に、ケン・ロクスン(ホンダ)が2位に浮上。ムスキャンは転倒を免れてコースに復帰したが、トップ2台からは徐々に離され、単独3位のポジションに落ち着く。

 序盤から始まったダンジーvsロクスンのトップ争いだが、8周目にロクスンが逆転に成功したことで決着がついたように見えた。しかし両者の間隔は、1秒前後を保ったまま終盤に突入。20分を経過し、ラスト1周を示すホワイトフラッグが振られると、ダンジーがスパートして逆転を匂わせたが、ミスでロクスンの逃げきりを許してしまう。ロクスンは開幕2連勝で、ポイントリードを6点に広げた。

 レース中盤は、ムスキャンの後方で激しい4位争いが繰り広げられた。ポジションはコール・シーリー(ホンダ)、イーライ・トマック(カワサキ)、ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)と入れ替わったが、13周目以降はアンダーソンが4位をキープした。


250SX マケラスが追い上げの末にキャリア2勝目をマーク!




 250SXのメインレース(15分+1周)では、ジミー・デコティス(ホンダ)がホールショットを決めた。スタート地点では、ジョシュ・ハンセン(ハスクバーナ)とジェレミー・マーティン(ホンダ)が、ゲートに引っかかって出遅れた。

 オープニングラップ、デコティスの後にはダン・リアドン(ヤマハ)、マーティン・ダバロス(ハスクバーナ)、オースティン・フォークナー(カワサキ)、シェイン・マケラス(KTM)がつけたが、リアドンは6周目に転倒で脱落した。序盤はデコティスがセーフティリードを築いたが、徐々にダバロスとマケラスが接近。しばし三つ巴になったが、11周目にはデコティスがかわされ、ダバロスとマケラスがトップを争う形となった。

 トップ2台の背後には、スタート9〜10位からポジションを挽回してきたジャスティン・ヒル(カワサキ)、アーロン・プレシンジャー(ヤマハ)が迫り、レース終盤になるとポディアムをかけてラストスパート。15分を経過する頃には、トップ4台が等間隔となった。

 この状況から17周目にマケラスが、ダバロスをかわして優勝。最後のアタックで2位にヒル、3位にプレシンジャーが食い込み、ダバロスは4位でチェッカーを受けた。アナハイムでの初優勝に続く2勝目を挙げたマケラスが、ランキングトップに立っている。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 94 K・ロクスン Team Honda HRC Honda 21:28.796 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM +02.589 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +21.680 DUNLOP user
4 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +28.977 DUNLOP user
5 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda +40.918 DUNLOP user
6 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki +43.672 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 38 S・マケラス Troy Lee Designs Red Bull KTM 16:39.591 DUNLOP user
2 46 J・ヒル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +00.387 DUNLOP user
3 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha +02.780 DUNLOP user
4 30 M・ダバロス Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna +03.631 DUNLOP user
5 24 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki +19.039 DUNLOP user
6 57 J・デコティス Geico Honda Honda +24.174 DUNLOP user

AMAスーパークロス第2戦/450SX第2戦/250SXウエスト第2戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 94 K・ロクスン Team Honda HRC Honda 50 DUNLOP user
2 1 R・ダンジー Red Bull KTM KTM 44 DUNLOP user
3 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM 40 DUNLOP user
4 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 36 DUNLOP user
5 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 31 DUNLOP user
6 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda 31 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 38 S・マケラス Troy Lee Designs Red Bull KTM 50 DUNLOP user
2 23 A・プレシンジャー Yamalube Star Racing Yamaha 42 DUNLOP user
3 46 J・ヒル Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 38 DUNLOP user
4 30 M・ダバロス Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 38 DUNLOP user
5 24 A・フォークナー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 29 DUNLOP user
6 6 J・マーティン Geico Honda Honda 29 DUNLOP user