RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2018/1/20 AMAスーパークロス第3戦/450SX第3戦/250SXウエスト第3戦
カリフォルニア州アナハイム/エンジェル・スタジアム
天気 気温 観客
晴れ 日中18度〜深夜8度 45,050人

450SX トマックがトリプルクラウン総合優勝(5/1/2)!





 今シーズンから新採用された、トリプルクラウン方式(第3戦、第9戦、第14戦限定)による初レースが、アナハイム2で実施された。450SXメイン×3レース、250SXメイン×3レースの総合結果によって、各クラスのウィナーが決まる。

 日中に行われたクォリファイの決勝進出枠は、22台(タイムアタック1〜18位+ラストチャンスレース1〜4位)とあって、各セッションでは熾烈な争いが繰り広げられた。450SXではトップから12位まで50秒台が僅差でひしめき合い、250SXでも50秒台が6位まで占める接戦だった。

 コースレイアウトは、長いストレートや大きめのスウィープターンに象徴されるように、比較的シンプルなものだった。ジャンプが連続するリズムセクションやフープスが難しくないため、ライダーのテクニック差が出にくいレイアウトだった。開幕戦に準じた異物の少ない土質により、トラクションは良好だったが、ワンライン化が進むと後方からの追い上げには不利なコースとなった。

 450SXのメインレース1(8分+1周)では、ジャスティン・ブレイトン(ホンダ)がホールショットを取ったが、1周目にしてコール・シーリー(ホンダ)がトップに立った。3位以下にはウェストン・パイク(スズキ)、ブレイク・バゲット(KTM)が控えていたが、序盤から飛ばすシーリーが徐々にリードを広げた。11周でチェッカーとなったレース1は、シーリー、ブレイトン、バゲットがトップスリーを占めた。

 メインレース2(12分+1周)では、イーライ・トマック(カワサキ)がオープニングラップからリーダーとなった。2周目にはシーリーが2位に浮上し、1秒強差を追いかける状況。終盤になると、両者によるトップ争いがテールトゥノーズにまで発展したが、シーリーのワンミスにより、トマックが逃げきりフィニッシュ。レース2は16周を数えた。この段階での優勝の行方は、シーリー(1/2)、トマック(5/1)が有力と見られていた。

 メインレース3(15分+1周)では、トマックが好スタートを切り、ジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)が2位につけた。優勝に王手をかけていたシーリーは、スタートに失敗して13位と出遅れた。僅差で進んだトップ争いは6周で決着がつき、トマックをかわしたアンダーソンがその後リードを広げる。19周をカウントしたレース3は、アンダーソン、トマック、ブレイトンの順でフィニッシュ。シーリーは7位まで追い上げた。

 この結果、総合順位は1位トマック(5/1/2)、2位シーリー(1/2/7)、3位アンダーソン(7/3/1)となり、最初のトリプルクラウンではトマックが逆転優勝を収めた。


250SX 3レース上位を占めた(1/2/1)サバッチーが優勝!



 250SXのメインレース1(6分+1周)では、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)、クリスチャン・クレイグ(ホンダ)、アダム・シアンサルーロ(カワサキ)が好スタートを切った。ディフェンディングチャンピオンのジャスティン・ヒル(スズキ)は、他車と絡んでオープニング19位からの挽回を強いられた。サバッチーはクレイグを徐々に振り切り、9周でトップフィニッシュ。3位にはミッチェル・オールデンバーグ(ヤマハ)が入った。

 メインレース2(10分+1周)では、チェイス・セクストン(ホンダ)がホールショットを取った。しかし1周目からシェイン・マケラス(KTM)が、トップに躍り出て快走。2周目にはサバッチーが2位に浮上したが、逃げるマケラスはやがて3秒ほどのマージンを蓄える。終盤になると、上位陣は縦に広がりポジションが確定。13周目にチェッカーが振られ、マケラス、サバッチー、クレイグの順でゴールした。この時点での暫定首位は、サバッチー(1/2)だった。

 メインレース3(12分+1周)では、セクストンがレース2に続いて好スタート。サバッチーとクレイグを従えて、終盤までリーダーを務める。レース2の勝者マケラスは、スタート11位と出遅れて苦しい展開に。クレイグも後方から迫るシアンサルーロに先行を許した。終盤はセクストン、サバッチー、シアンサルーロが三つ巴のバトルが白熱したが、サバッチー、シアンサルーロ、セクストンの順で15周を全うした。

 この結果、オーバーオールでは1位サバッチー(1/2/1)、2位マケラス(5/1/4)、3位クレイグ(2/3/5)。250SXクラスでも今季初優勝者が生まれた、トリプルクラウンであった。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 3 E・トマック Monster Energy Kawasaki Kawasaki 5/1/2 DUNLOP user
2 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda 1/2/7 DUNLOP user
3 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 7/3/1 DUNLOP user
4 10 J・ブレイトン Smartop Motoconcepts Honda 2/6/3 DUNLOP user
5 34 W・パイク Autotrader JGR Yoshimura Suzuki 4/9/5 DUNLOP user
6 33 J・グラント Monster Energy Kawasaki Kawasaki 6/4/8 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 1/2/1 DUNLOP user
2 28 S・マケラス Troy Lee Designs Red Bull KTM 5/1/4 DUNLOP user
3 32 C・クレイグ Geico Honda Honda 2/3/5 DUNLOP user
4 92 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 4/5/2 DUNLOP user
5 52 M・オールデンバーグ Monster Energy Yamalube Star Yamaha 3/6/6 DUNLOP user
6 23 A・プレシンガー Monster Energy Yamalube Star Yamaha 6/4/7 DUNLOP user

AMAスーパークロス第3戦/450SX第3戦/250SXウエスト第3戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 70 DUNLOP user
2 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda 59 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Monster Energy Yamaha Yamaha 57 DUNLOP user
4 94 K・ロクスン Team Honda HRC Honda 56 DUNLOP user
5 34 W・パイク Autotrader JGR Yoshimura Suzuki 54 DUNLOP user
6 10 J・ブレイトン Smartop Motoconcepts Honda 52 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 17 J・サバッチー Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 68 DUNLOP user
2 28 S・マケラス Troy Lee Designs Red Bull KTM 68 DUNLOP user
3 23 A・プレシンガー Monster Energy Yamalube Star Yamaha 66 DUNLOP user
4 32 C・クレイグ Geico Honda Honda 57 DUNLOP user
5 92 A・シアンサルーロ Monster Energy Pro Circuit Kawasaki 56 DUNLOP user
6 52 M・オールデンバーグ Monster Energy Yamalube Star Yamaha 52 DUNLOP user