RIDERS NAVI

FIMロードレース世界選手権
全日本ロードレース選手権
全日本モトクロス選手権
全日本トライアル選手権
アジアロードレース選手権
FIM世界耐久選手権
モトクロス世界選手権
トライアル世界選手権
英国スーパーバイク選手権
AMAスーパーバイク
AMAスーパークロス/ナショナルモトクロス
CATEGORY
■ 2018/2/3 AMAスーパークロス第5戦/450SX第5戦/250SXウエスト第5戦
カリフォルニア州オークランド/オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム
天気 気温 観客
晴れ 日中23度〜夜14度 48,146人

450SX アンダーソンがバトルを制し逆転優勝!





 対岸のサンフランシスコ、近隣のシリコンバレーなどを巻き込んで、スーパークロス熱が高まっているオークランド。昨年と同様に日中開催となった今大会では、午前9時プラクティス、午後3時半オープニングセレモニー、そしてメインレースの終了は午後7時という、3時間ほど前倒しされたタイムスケジュールが採用された。

 オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアムは、フットボールと野球を開催できる多目的球場だが、スーパークロスコースは野球用観客席に合わせて造成される。オークランド大会はシリーズ4〜5戦目に組まれることが多く、開幕時には簡単だったコースの難易度が一段と高まるラウンドとして知られている。今回もその例に違わず、リズムセクションなどが重要なポイントとなっていた。土質はソフトで特に加速地点が掘られやすく、ジャンプのアプローチやコーナー出口などには、プラクティス時から数本のワダチが刻まれた。

 公式練習におけるタイムアタックでは、走行順によるアドバンテージが作用したのか、250SXのアダム・シアンサルーロ(カワサキ)が51秒551、450SXのジャスティン・バーシア(ヤマハ)が51秒798を記録し、各々リーダーボードのトップに名を残した。

 450SXのメインレース(20分+1周)では、コール・シーリー(ホンダ)がホールショットを取り、ケン・ロクスン(ホンダ)、マービン・ムスキャン(KTM)、ブレイク・バゲット(KTM)が後に続いた。序盤からジョシュ・グラント(カワサキ)、イーライ・トマック(カワサキ)らが最後尾まで脱落するなど、荒れ模様のレースとなる。

 シーリーとロクスンは僅差のままワンツー走行を続けたが、周遅れが出てきた12周目にシーリーが転倒。ここでリーダーとなったロクスンの背後には、スタート6位から追い上げてきたジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)が接近。当初はセーフティリードを保持していたロクスンだが、荒れた路面でペースを乱し、両者はテールトゥノーズとなった。アンダーソンが前に出ると、ロクスンが抜き返す。サイドバイサイドで最終ラップに突入したバトルは、ロクスンのミスに乗じて再逆転に成功したアンダーソンが物にした。
この結果、アンダーソンのポイントリーダーの座は安泰。ランキング2位にはロクスンが浮上し、15点差で首位を捕捉している。



250SX プレシンガーが3勝目を挙げポイントリードを広げる!



 250SXのメインレース(15分+1周)では、アレックス・マーティン(KTM)が好スタートを切り、クリスチャン・クレイグ(ホンダ)、カイル・チゾム(ヤマハ)、ジョーイ・サバッチー(カワサキ)が続いた。タイムドプラクティス首位だったシアンサルーロは、転倒により最後尾までポジションを下げた。

 トップ争いは、クレイグがリズムセクションでのスピードを生かし、マーティンを攻略。3周目からリーダーとなったクレイグは、貯金を2秒強ほど蓄えた。セカンドグループでは、サバッチーにアーロン・プレシンガー(ヤマハ)、ジャスティン・ヒル(スズキ)を交えた競り合いが激しくなり、8周目にはプレシンガーが2位を確保した。

 レース後半に差しかかると、コースコンディションの荒れ方がひどくなり、バックマーカーの出現とともにベストラインを通ることが困難になる。そんな状況下でトップのクレイグが、得意としていたリズムセクションで前後輪を別のワダチに入れてしまい、クロスラットに見舞われコースアウト。リーダーはプレシンガーに替わった。

 終盤はプレシンガーがセーフティリードで走る後ろで、ヒルvsサバッチーの2位争いが勃発。このバトルにはラスト2周で前に出たサバッチーが勝ち、プレシンガー、サバッチー、ヒルの順でチェッカーを受けた。プレシンガーの優勝は今シーズン3勝目。ポイントリーダーを示すレッドナンバープレートは、依然としてプレシンガーの物だ。


順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 21:05.313 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Team Honda HRC Honda +00.839 DUNLOP user
3 4 B・バゲット Rocky Mountain ATV/MC KTM +08.832 DUNLOP user
4 25 M・ムスキャン Red Bull KTM KTM +14.448 DUNLOP user
5 51 J・バーシア Monster Energy Yamaha Yamaha +18.791 DUNLOP user
6 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda +22.728 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー タイム  
1 23 A・プレシンガー Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 16:46.844 DUNLOP user
2 17 J・サバッチー Team Honda HRC Honda +01.867 DUNLOP user
3 1 J・ヒル Rocky Mountain ATV/MC KTM +02.322 DUNLOP user
4 32 C・クレイグ Smartop Motoconcepts Honda +16.222 DUNLOP user
5 26 A・マーティン Red Bull KTM KTM +18.475 DUNLOP user
6 40 C・セクストン Autotrader JGR Yoshimura Suzuki +19.846 DUNLOP user

AMAスーパークロス第5戦/450SX第5戦/250SXウエスト第5戦

順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 21 J・アンダーソン Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 115 DUNLOP user
2 94 K・ロクスン Team Honda HRC Honda 100 DUNLOP user
3 51 J・バーシア Monster Energy Yamaha Yamaha 98 DUNLOP user
4 14 C・シーリー Team Honda HRC Honda 87 DUNLOP user
5 10 J・ブレイトン Smartop Motoconcepts Honda 82 DUNLOP user
6 34 W・パイク Autotrader JGR Yoshimura Suzuki 82 DUNLOP user
順位 ゼッケン 選手名 チーム メーカー ポイント  
1 23 A・プレシンガー Rockstar Energy Husqvarna Husqvarna 118 DUNLOP user
2 17 J・サバッチー Team Honda HRC Honda 110 DUNLOP user
3 28 S・マケラス Monster Energy Yamaha Yamaha 99 DUNLOP user
4 92 A・シアンサルーロ Team Honda HRC Honda 93 DUNLOP user
5 32 C・クレイグ Smartop Motoconcepts Honda 89 DUNLOP user
6 40 C・セクストン Autotrader JGR Yoshimura Suzuki 86 DUNLOP user